[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay

少し間があきましたが、第16回目はカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)化学/生化学科教授のミゲル・ガルシア−ガリベイ教授です。ガルシア−ガリベイ教授は無溶媒系での立体選択的反応、および分子結晶マシンのご研究をされています。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私はメキシコに居た当時、薬学/生物学専攻の学生でした。ある土曜日の朝、私は天然物化学を専攻していた友人に仕事を手伝ってくれないかと頼まれました。マニュアルを読み、友人の手を借りながら、私は水蒸気蒸留の器具を組立て実際にモノをフラクションに分け、友人が何か他の事をやっている間にそれをTLCで観察していました。これらすべての操作が私にはとても魅力的で楽しい物に感じられ、当日は午後から別の予定があったこともすっかり忘れて気がつけば夜になっていました。結局10時間ほど経っていたわけですが、大変充実した時間でしたね。その晩、気づいたのです。化学は全くworkっぽくないな、と。(…workは大嫌い)

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

考古学者でしょうね。穴を掘り、整理し、パズルを解いていく。私は歴史が好きなのです。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

世の中には化学者が解くべき問題や挑戦すべき課題が実に多くあります。それに対し、化学界にはより多くの才能や援助が必要です。化学者たちがその知識を広く一般に広めることをもっと重要視しなければ、逆に社会から大きな投資や援助を貰い受けることなど期待できるはずもありません。人は自分が理解できないものに投資などしないのですから。日々の化学を楽しむことに付け加えて、これだけ世間が化学のあらゆる面から離れてしまっていることに我々は責任を感じるべきですし、そこで何かをするべきだと思います。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

レオナルド・ダ・ヴィンチ。彼はおそらく、有史以来最も才能あふれた人間でしょう。

Leonardo da Vinci

Leonardo da Vinci

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

6年ほど前のこと、私たちのグループが分子結晶マシンの研究を始めた頃のことです。当時、このプロジェクトはとてもリスキーに思えたので、初めの実験は全て私が自分でやることにしていました。結局、何名かの学生がそれを引き継ぎ成功させたわけですが、実は未だに極低温下での発光スペクトル測定は私がやっています。私たちのグループでは15年モノの古い機器を扱っていて(それでもまだ良く動きますが)私はその機器し数少ないエキスパートの一人なのです。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

何度も読み返しに耐えうる本と言えば、詩集しかないでしょう。パブロ・ネルーダフェデリコ・ガルシーア・ロルカが好きです。CDなら中国語会話コースのものでも持って行きたいですね。皮肉なことに、私はスペイン語、英語、そして中国語という世界で最も多くの人口をカバーし得る言語を話せるのに、私の周りでは誰も中国語を話しません。中国語を勉強することは楽しいですし、良い暇つぶしになるでしょう。

原文:Reactions – Miguel Garcia-Garibay

※このインタビューは2007年6月8日に公開されたものです。

The following two tabs change content below.
せきとも

せきとも

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  2. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  3. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉…
  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  5. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教…
  6. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  7. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  8. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  2. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  3. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement
  4. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  5. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda
  7. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  8. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  9. エドマン分解 Edman Degradation
  10. 化学遺産財団

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP