[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リッチー・サーポン Richmond Sarpong

リッチモンド・サーポン(Richmond Sarpong、1974年4月23日(ガーナ ベッカム生)-)は、米国在住の化学者である。カリフォルニア大学バークレー校 教授。(写真: John Simon Guggenheim Memorial Foundation)

経歴

1995 Macalester College卒業(Rebecca C. Hoye教授)
2001 プリンストン大学 博士号取得(Martin F. Semmelhack教授)
2000-2004 カリフォルニア工科大学 博士研究員 (Brian M. Stoltz教授)
2004-2010 カリフォルニア大学バークレー校 助教授
2010-2014 カリフォルニア大学バークレー校 准教授
2014-現在 カリフォルニア大学バークレー校 教授

受賞歴

2017 John Simon Guggenheim Memorial Foundation Fellow
2016 Noyce Prize for Excellence in Undergraduate Teaching
2015 Royal Society of Chemistry Synthetic Organic Chemistry Award
2015 ACS Arthur C. Cope Scholar
2010 Roche Excellence in Organic Chemistry Award
2009 UC Berkeley Department of Chemistry Teaching Award
2009 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2009 Alfred P. Sloan Foundation Fellow

研究概要

新しい合成方法論に基づく天然物の全合成研究

複雑構造をもつ多環性アルカロイドを主たる標的に据え、全合成研究に取り組んでいる。

関連動画

関連論文

  1. “Author Profile – Richmond Sarpong” Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54, 13852. doi:10.1002/anie.201506358

ケムステ関連記事

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ブルース・エイムス Bruce N. Ames
  2. 吉野 彰 Akira Yoshino
  3. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  4. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  5. 小林 修 Shu Kobayashi
  6. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  7. Junfeng Zhao
  8. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  2. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「鉄」注入、電磁波で加熱
  3. 日本にノーベル賞が来る理由
  4. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功
  5. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  6. アッペル反応 Appel Reaction
  7. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  8. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  9. 最期の病:悪液質
  10. 遠藤章 Akira Endo

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP