[スポンサーリンク]


留学

  1. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

    今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合わせた研究をされており、ETH Zurich Department of Chemistry and Applied Biosciences…

  2. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

    皆様、海外学振の結果はいかがだったでしょうか?受かりましたか?おめでとうございます。その優れた研究計…

  3. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  4. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

    第 24 回の"海外"留学記は、University of Tokyo, Nozaki 研究室の博士…

  5. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  6. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

  7. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–

  8. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  9. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

  10. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

  11. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)

  12. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)

  13. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  14. アメリカ大学院留学:TAの仕事

  15. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–

  16. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  2. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く
  3. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  4. 集積型金属錯体
  5. 学会ムラの真実!?
  6. NMRの測定がうまくいかないとき
  7. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

注目情報

最新記事

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP