[スポンサーリンク]


留学

  1. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

    今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合わせた研究をされており、ETH Zurich Department of Chemistry and Applied Biosciences…

  2. Swiss Government Excellence Scholarships for Foreign Scholars

    皆様、海外学振の結果はいかがだったでしょうか?受かりましたか?おめでとうございます。その優れた研究計…

  3. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  4. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

    第 24 回の"海外"留学記は、University of Tokyo, Nozaki 研究室の博士…

  5. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  6. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

  7. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–

  8. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  9. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

  10. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

  11. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)

  12. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)

  13. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  14. アメリカ大学院留学:TAの仕事

  15. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–

  16. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  2. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  3. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  4. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide
  5. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  6. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  7. E値 Environmental(E)-factor

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

PAGE TOP