[スポンサーリンク]


留学

  1. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

    ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉永宏佑さんにお願いしました。吉永さんは、東大工学部・相田研究室にて学士号を取得後、アメリカのPhD課程に進学されました。現在所属され…

  2. 第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

    2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

  3. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

  4. 海外の教授にメールを送る-使える英語表現と文例

    研究室訪問、インターン、大学院留学、ポスドク留学などをする際には、行き先の教授に英語でメールを送る機…

  5. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

    アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

  6. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる: TA 奮闘記 その 1】

  7. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

  8. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

  9. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

  10. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】

  11. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

  12. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  13. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

  14. アメリカの大学院で受ける授業

  15. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

  16. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 今さら聞けないカラムクロマト
  2. 含ケイ素四員環-その2-
  3. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  4. 不安定試薬の保管に!フードシーラーを活用してみよう
  5. C60MC12
  6. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  7. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

PAGE TOP