[スポンサーリンク]


留学

  1. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

    第17回目の海外研究記は、第3回の曽 明爍さんからのご推薦で、スクリプス研究所・大学院生の苅田譲さんにお願いしました。苅田さんが所属するPhil Baran研究室は難関天然物の全合成研究で非常に著名な研究室です(参照:Palau’a…

  2. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

    アメリカの大学院を受験した人は、そろそろ結果が出揃うころですね。進学先を決めた人は、これから新生活に…

  3. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

    前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)

    本連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのもの…

  5. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)

    本連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのもの…

  6. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  7. アメリカ大学院留学:TAの仕事

  8. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–

  9. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」

  10. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

  11. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)

  12. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (準備編)

  13. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  14. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より

  15. GRE Chemistry 受験報告 –試験当日·結果発表編–

  16. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  2. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  3. 金よりも価値のある化学者の貢献
  4. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  5. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  6. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  7. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

PAGE TOP