[スポンサーリンク]


留学

  1. 「極ワイドギャップ半導体酸化ガリウムの高品質結晶成長」– カリフォルニア大学サンタバーバラ校・Speck研より

    ケムステ海外研究記の第39回はカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)材料科学科のPhD課程に在籍されている伊藤剛輝さんにお願いしました。伊藤さんは、日本で修士号を取得後、数年間企業に務められ、その後アメリカのPhD課程に進学…

  2. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

    前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

  3. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

    研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

  4. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学

    ケムステ海外研究記の第38回はカリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)の化学科に学部…

  5. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

    ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

  6. 第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

  7. トンネル効果が支配する有機化学反応

  8. 海外の教授にメールを送る-使える英語表現と文例

  9. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

  10. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる: TA 奮闘記 その 1】

  11. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

  12. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

  13. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

  14. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】

  15. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

  16. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功
  2. 地球温暖化-世界の科学者の総意は?
  3. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  4. TFEDMA
  5. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  6. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った!
  7. 立春の卵

注目情報

最新記事

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

PAGE TOP