[スポンサーリンク]


留学

  1. Swiss Government Excellence Scholarships for Foreign Scholars

    皆様、海外学振の結果はいかがだったでしょうか?受かりましたか?おめでとうございます。その優れた研究計画の邁進のためこれからも頑張ってください。現在の研究をまとめるためにお忙しくされていると思われるので、この記事を読む必要はありません。次回の…

  2. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  3. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より

    第 24 回の"海外"留学記は、University of Tokyo, Nozaki 研究室の博士…

  4. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

    海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

  5. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

    今回の「ケムステ海外留学記」は、ジャン ロッシェ材料研究所 博士研究員の佐々木俊輔さんにお願いしまし…

  6. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–

  7. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  8. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

  9. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

  10. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)

  11. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)

  12. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  13. アメリカ大学院留学:TAの仕事

  14. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–

  15. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」

  16. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  2. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  3. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  4. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  5. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  6. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai
  7. どっちをつかう?:adequateとappropriate

注目情報

最新記事

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP