[スポンサーリンク]


留学

  1. 「極ワイドギャップ半導体酸化ガリウムの高品質結晶成長」– カリフォルニア大学サンタバーバラ校・Speck研より

    ケムステ海外研究記の第39回はカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)材料科学科のPhD課程に在籍されている伊藤剛輝さんにお願いしました。伊藤さんは、日本で修士号を取得後、数年間企業に務められ、その後アメリカのPhD課程に進学…

  2. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

    前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

  3. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

    研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

  4. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学

    ケムステ海外研究記の第38回はカリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)の化学科に学部…

  5. 「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

    ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

  6. 第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

  7. トンネル効果が支配する有機化学反応

  8. 海外の教授にメールを送る-使える英語表現と文例

  9. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

  10. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる: TA 奮闘記 その 1】

  11. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

  12. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

  13. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

  14. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】

  15. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

  16. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  2. えれめんトランプをやってみた
  3. 立春の卵
  4. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  5. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  6. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  7. 比色法の化学(前編)

注目情報

最新記事

その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している DAICHAN と申し…

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

第278回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 夫研究室の相澤 直矢(あいざわ なおや)さんにお…

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP