[スポンサーリンク]

一般的な話題

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

[スポンサーリンク]

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコンに眠ってしまった申請書はいくつあるでしょうか。

どうして不採択だったのか、何を持って審査されるのか、そう思ったことはないでしょうか。審査は決して申請書の良し悪しだけではなく、審査側のそのタイミングでの狙いによっても左右されます。では、申請書を提示する相手とタイミングを変えてみてはどうか―。

そこで株式会社リバネスが運営するのが、PCに眠る研究アイデアを産業界にぶつけ、新たな共同研究の創出を狙う、『未活用の研究アイデアデータベース「L-RAD(エルラド)」』です。最近、L-RADの産業界側の会員企業として、味の素グループのファインケミカル事業の中核を担う「味の素ファインテクノ株式会社」が参画しました。

産学共同研究プロジェクトを生み出す、未活用の研究アイデアデータベース「L-RAD」

L-RAD(エルラド)は、産業応用の可能性があるものの提案する先がない「未活用の研究アイデア」を集積するプラットフォームです。未活用のアイデアを会員企業が閲覧し、また運営者である株式会社リバネスのコミュニケーターが様々な企業と接続することで、共同研究プロジェクトを創出していきます。

2016年のL-RADリリース当初に、ケムステ内でも紹介されています!

L-RAD会員企業インタビュー:味の素ファインテクノ株式会社 材料の機能性とプロセス開発を共に実現したい」

味の素ファインテクノ株式会社|新領域開拓部長 影山 裕一氏

 

味の素ファインテクノ株式会社(以下、AFT)は味の素グループにおけるファインケミカル事業の中核を担う企業だ。今回、2021年9月から10月の2ヶ月間、社内の研究員がL-RADの研究アイデアを集中的に探索し、アカデミアとの新たな共同研究の創発を図る。その狙いを、新領域開拓部長の影山氏に聞いた。

研究員の発想を拡げる

AFTはアミノ酸や核酸を合成する際に生じる中間体からエポキシ樹脂硬化剤を開発したことに始まり、以来価値の高い材料を生み出し続けている。主力製品である味の素ビルドアップフィルム®(以下、ABF)は、有機物であるエポキシ樹脂や硬化剤と、無機物の微粒子を均一に分散混合させ、絶縁性と高い加工性を併せ持つ世界初のフィルム状絶縁材として全世界の主要なパソコンのほぼ100%に用いられている。ここで培った技術をもとに、電子材料、機能性材料、活性炭の3つの事業分野を展開し、自動車、建設、食品、化学品精製、排水・廃棄処理など、暮らしを支える様々な業界に材料提供を行なっている。出口側のニーズを捉えた開発の中で培った“合成”“配合”“分散”の要素技術に、BtoBの開発では出てこない発想をぶつけることで、要素技術の応用の幅を広げる新しい技術を生み出すきっかけとして、同社が注目したのがL-RADに眠るアカデミア研究者の未活用アイデアだ。社内の研究員がL-RADを探索し、共同研究アイデアを社内提案する期間を計画的に設けることで、アカデミアとの連携から新規の研究アイデアが生まれるプロセス作りを目指すのだ。

従来の材料の限界を打ち破る研究アイデアに期待

L-RADの探索のポイントは、AFTが培った“合成”“配合”“分散”の要素技術や製造プロセスとの結合だ。例えば、上述のABFは分子の配合設計が肝になっているが、この技術・ノウハウと、アカデミアの研究者が創り出す材料の新しい機能性や概念を掛け合わせることで、従来の材料の限界を打ち破るような素材の開発に繋がると期待しているのだ。L-RADを探索する研究員は、配合設計を軸に、各々に、有機・無機を混ぜ込む分散技術、充填材の表面処理、材料の電気特性の設計などといった得意分野をもっている。「新規の合成反応に限らず、機能性分子を使った材料開発、あるいは研究現場での合成反応の効率改善や材料の性能評価等の研究も、探索の対象になります。弊社研究員と、アカデミアの皆さんの得意分野や困りごとを重ね合わせる中で、双方の研究が加速する共同開発を図りたい」と影山氏は語る。L-RADに登録することで、素材開発に関わる研究が加速する可能性のあるこの機会にぜひアプローチしてほしい。

L-RAD探索集中期間

ぜひこの機会に、未活用アイデア(これまでの成果の応用アイデアや、不採択だった申請書など)を、L-RADにご登録ください。

・味の素ファインテクノ社の集中探索期間:〜2021年10月末

(※L-RAD登録は通年受付)

・キーワード:機能性材料とその応用、素材の開発とプロセス、新規材料と配合設計 etc

<登録方法>

①リバネスIDを作成する(登録先はこちら

②リバネスID内からL-RADに申請書をアップロードする(アップロード先はこちら

<お問い合わせ>

株式会社リバネス 担当:金子、神藤

rd@Lnest.jp

本記事は、株式会リバネスからの寄稿記事です。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  2. 化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離
  3. アフリカの化学ってどうよ?
  4. 金属-金属結合をもつ二核ランタノイド錯体 -単分子磁石の記録を次…
  5. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触…
  6. 固体型色素増感太陽電池搭載マウスを買ってみました
  7. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  8. SDFって何?~化合物の表記法~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  2. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  3. アレ?アレノン使えばノンラセミ化?!
  4. ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝① 〜調剤薬局18時〜
  5. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  6. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  7. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  8. NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場
  9. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授
  10. 反応の選択性を制御する新手法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP