[スポンサーリンク]

一般的な話題

ポンコツ博士の海外奮闘録④ ~博士,ろ過マトる~

[スポンサーリンク]

祝10話!筆者すらこんなに継続できると思っていなかったこのエッセイ。いったいどこまで続くのでしょうか。

ポンコツシリーズ一覧

国内編:1話2話3話  国内外伝:1話2話留学TiPs

海外編:1話2話3話

第4話 ポンコツ博士,実験す

実験を開始した筆者は,チームメイトから貰った原料ビンをひっくり返し,25g程度あることを確認したので,とりあえずこのスケールで原料合成を始めることにした。最初の反応は非常に簡単かつ,結晶性が高かったので簡易な祖結晶精製で効率よく化合物を得ることができた(でもなんかちょっと臭かった)。海外でちゃんと実験できた!と意気揚々になった筆者は,次の実験工程を確認した瞬間,テンションが下がった。次の生成物はシリカゲルや熱に不安定で,ささっと精製しないと元の原料に戻ると書かれていたのだ。2工程目でコレですか…とドスの効いた日本語がとっさに出てしまったが,幸い筆者しか日本語が分からないためバレなかった。

ポンコツテクニシャン,実験テクを駆使する

筆者は,とりあえず反応を仕込んで反応混合物(以下,クルード)を30-40グラム程度確保した。出来上がった生成物がどのくらい不安定かを確認したかったので,2次元TLCでシリカゲルに対する安定性を調べた。1回目の展開後で分解を確認できなかったため,10分ぐらい放置して再度展開すると半分くらい原料に戻っていた。元々かなり独り言が多い筆者は「10分以内なんですね…」とまたも呟いてしまったが,誰にもバレないのは最高だった。

仕方ないので手持ちの精製テクを駆使して挑むことにした。ポンコツ必殺テクニック「ろ過マト」である。

う・ん・ち・く

所属した研究室ではBiotageさんや山善さん等の自動精製装置は残念ながら存在せず,どんなに馬鹿でかいスケールであろうと化合物の精製は自分の腕にかかっていた。そんな中,ろ過マトは大学生活を生き抜くために自力で編み出した必殺技だった…!と思っていたが,2000年頃,東京大学の福山研究室におられた菅敏幸先生が天然物談話会で情報共有しており,巷で知られた技だった。さて,基本的な方法はこのファイルを参照していただくとして,その応用法を紹介したい。ろ過マトの良いところは「吸引しながら精製できること」に尽きる。

例えば,Corey-Fuchs Alkyne反応でとあるアルデヒド原料を350gを仕込んで1段階目のクルードが2kgほど得られたとしよう。副生成物の大半はトリフェニルホスフィンオキシド(O=PPh3)であり,Hexane/Et2O(4:1)の混合溶媒を加えることで沈殿物として除けるが,大体1kgしか落とせない。もし残り1kgのクルードを教科書通りに精製すれば,ハンドバズーカ型カラム管を立てる必要があり,流速次第で1日中精製する羽目になる。発狂すること間違いなしだ。(余談だが,筆者は若かりし頃,大量のO=PPh3をう○ちと呼び,出来上がるたび後輩にわざわざ見せていた。おそらくあれがアカハラである。)

一方,ろ過マトは吸引ビンと組み合わせることで超高速精製が可能である。多少カブったとしても,再度カラムすれば良いだけで,圧倒的時短になる。ちなみに吸引できたら何でもいいと思って吸引できないガラス器具を無理やり使わないように。爆音と共にガラスのとてつもない粉砕が起こり,危険である(n=2)。

アナログ博士,ろ過マトる

ラボで吸引ビン等が見当たらなかったため,2口フラスコとなんか吸えそうな器具を使用し,このシステムで40gの混合物から10分以内に目的物の精製を目指した(Fig. 1A)。結果はFig. 1Bでそれなりに成功した(Visitingの学生に見せようとはりきったら,濾紙に混合物がべっとり付いて詰まり,ちょっと失敗したのは秘密である。10分以内で終わらせたので許してほしい)。

Fig. 1 (A) 濾過マト・吸引フォーム    (B) 左) 右2を濃縮後のTLC 右) 精製時のTLC 真ん中UV(+)が目的物

 

デリバリー博士,化合物をお届けする

前回の報告より10%程度,収率を改善できてホクホクになった筆者は実験をさらに進めた。以後もいちいち面倒な工程が多かったが,最先端を進める学生に鍵中間体を3グラムほど託すことができた。個人的にはまずまずの結果であった。

メンバーからある程度信頼を得た筆者は,メンバーがずっと苦戦していた収率が悪いポイントを改善することになった。筆者は,目標をセンターに入れてスイッチボタンを押す何かになる前に,日常生活の更なる充実を目指した。

〜〜続く〜〜

おまけ 〜菅先生とのエピソード〜

2回しか会ったことがないので先生は認識してなかっただろうが,お会いした時を随筆したい。

初めてお会いしたのは大学5年生である。筆者はとある学会でポスター発表をすることになり,ポスターの前で突っ立っていた。誰も来ないのでボーッとしていると,菅先生がフラフラっとポスターの前に立ち,ポスターをじっと見始めた。当時先生を知らない筆者は,誰だ…この人…と訝しんでいると,「君は〇〇(恩師の名前)くんの学生かい?」と突然問われた。「はい」と筆者が答えると,ここはどういうアイデアだ,この反応は実際やってみてどうだ,といくつか質問を投げかけてくれた。

ポンコツ筆者がちゃんと答えられたか正直今でも定かではないが,最後に「君は博士課程に進学するのかね?」と問われた。自分ルールでD進条件を満たしていたので進学の選択肢を心の中で浮かべていたが,まだ決めた訳ではなかった。しかし,ここはラボ的に前向きな回答をしなければと「進学しようと思っています」と答えた。

「そうか!君の居る研究室は昔からそうでなくちゃな!〇〇くんの仕事は面白いな!君も○○くんのもとで頑張りたまえ!」と言った後,颯爽と去っていった。

やった本人にとって大したことない行動だったとしても,第三者にはとてつもない影響を与えていることは多々ある。この場合も同様で,菅先生が激励したことで,筆者の人生の決断を後押ししたのである。今振り返ってみると菅先生の一言がなければ,もしかすると筆者は博士課程に進学していなかったかもしれない。人生とは本当に分からないものだ。

なので,他の先生方も本当にPh.D進学者の全体的な増加を求めているのであれば,知らない学生の研究ポスターにフラフラっと赴き,とりあえずよくわからない激励をしてほしいものである。人は褒められると調子に乗ることが多いため,案外,褒められてコロッとなる学生がいる気がするのは気のせいだろうか?。

ーおまけ終わりー

謝辞

改めて菅先生のご冥福を深くお祈りいたします。また,研究Tipsの添付・配布に関しまして,福山透先生に許可を頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。

過去記事・関連リンク

有機化学合成協会誌3月号(2022):菅先生の追悼記事。筆者が許可メールを頂いた後,偶然にも福山先生が記事内で談話会の資料に関して語っているので驚いた。

菅先生の研究Tips:菅研究室のHPに最新版が存在した。HPリニューアルで万一リンクが消える場合,実験テク等がケムステに移管されないだろうか?

いらすとや :アイキャッチ画像の素材引用元。

関連書籍

NANA-Mer.

投稿者の記事一覧

たぶん有機化学が専門の博士。飽きっぽい性格で集中力が続かないので,開き直って「器用貧乏を極めた博士」になることが人生目標。いい歳になってきたのに,今だ大人になれないのが最近の悩み。読み方はナナメルorナナメェ…?

関連記事

  1. 尿はハチ刺されに効くか 学研シリーズの回顧
  2. 光触媒水分解材料の水分解反応の活性・不活性点を可視化する新たな分…
  3. 超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたよう…
  4. 燃えないカーテン
  5. 高分子鎖を簡単に垂直に立てる -表面偏析と自己組織化による高分子…
  6. 第15回日本化学連合シンポジウム「持続可能な社会構築のための見分…
  7. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より
  8. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!
  2. 北川 進 Susumu Kitagawa
  3. 科学系のLINEスタンプを使おう!!
  4. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  5. ホウ素と窒素固定のおはなし
  6. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  7. ポンコツ博士の海外奮闘録⑪ 〜博士,データをとる〜
  8. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  9. 理系女性の人生設計ガイド 自分を生かす仕事と生き方
  10. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP