[スポンサーリンク]


計算化学

  1. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組み合わせがホウ素-ホウ素結合を均等開裂させることを見いだし、エノンとピリジン4位間でのラジカルカップリングに応用した。光や金属を使うことなく…

  2. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  3. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

    「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者…

  4. 計算化学記事まとめ

    ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。計算化…

  5. 計算化学者は見下されているのか? Part 1

    近年、反応機構をサポートするために計算化学を用いた論文が多数発行されています。しかし、ひとりで実験も…

  6. 計算化学:DFTって何? PartIII

  7. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」

  8. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  9. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  10. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

  11. ノビリシチンA Nobilisitine A

  12. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  13. 計算化学:DFT計算って何?Part II

  14. 密度汎関数法の基礎

  15. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

  16. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

スポンサー

ピックアップ記事

  1. コンビナトリアル化学 Combinatorial Chemistry
  2. 有名研究者の論文であったとしても
  3. アイルランドに行ってきた①
  4. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ②
  5. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  6. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  7. ノーベル街道起点

注目情報

最新記事

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

PAGE TOP