[スポンサーリンク]


計算化学

  1. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組み合わせがホウ素-ホウ素結合を均等開裂させることを見いだし、エノンとピリジン4位間でのラジカルカップリングに応用した。光や金属を使うことなく…

  2. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  3. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

    「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者…

  4. 計算化学記事まとめ

    ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。計算化…

  5. 計算化学者は見下されているのか? Part 1

    近年、反応機構をサポートするために計算化学を用いた論文が多数発行されています。しかし、ひとりで実験も…

  6. 計算化学:DFTって何? PartIII

  7. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」

  8. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  9. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  10. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

  11. ノビリシチンA Nobilisitine A

  12. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  13. 計算化学:DFT計算って何?Part II

  14. 密度汎関数法の基礎

  15. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

  16. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  2. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentafluorophenyl) Carbonate
  3. Letters to a Young Chemist
  4. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  5. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  6. ブラン環化 Blanc Cyclization
  7. ボルテゾミブ (bortezomib)

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP