[スポンサーリンク]


計算化学

  1. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

    以前の報告より大幅に短工程化されたパスパリンAの全合成、及びエミインドールPBの初の全合成が報告された。DFT計算を用いることで、実験を行わずに中間体の最適構造を決定した。計算化学を利用した反応の実現可能性の評価及び天然物への応用…

  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組…

  3. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  4. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

    「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者…

  5. 計算化学記事まとめ

    ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。計算化…

  6. 計算化学者は見下されているのか? Part 1

  7. 計算化学:DFTって何? PartIII

  8. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」

  9. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  10. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  11. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

  12. ノビリシチンA Nobilisitine A

  13. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  14. 計算化学:DFT計算って何?Part II

  15. 密度汎関数法の基礎

  16. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  2. 生きたカタツムリで発電
  3. さあ分子模型を取り出して
  4. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  5. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  6. コランニュレンの安定結合を切る
  7. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

PAGE TOP