[スポンサーリンク]


計算化学

  1. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

    以前の報告より大幅に短工程化されたパスパリンAの全合成、及びエミインドールPBの初の全合成が報告された。DFT計算を用いることで、実験を行わずに中間体の最適構造を決定した。計算化学を利用した反応の実現可能性の評価及び天然物への応用…

  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組…

  3. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  4. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

    「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者…

  5. 計算化学記事まとめ

    ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。計算化…

  6. 計算化学者は見下されているのか? Part 1

  7. 計算化学:DFTって何? PartIII

  8. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」

  9. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  10. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  11. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

  12. ノビリシチンA Nobilisitine A

  13. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  14. 計算化学:DFT計算って何?Part II

  15. 密度汎関数法の基礎

  16. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  2. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用
  3. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  4. Gabriel試薬類縁体
  5. 原子量に捧げる詩
  6. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  7. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

PAGE TOP