[スポンサーリンク]


計算化学

  1. 計算化学を用いたスマートな天然物合成

    以前の報告より大幅に短工程化されたパスパリンAの全合成、及びエミインドールPBの初の全合成が報告された。DFT計算を用いることで、実験を行わずに中間体の最適構造を決定した。計算化学を利用した反応の実現可能性の評価及び天然物への応用…

  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組…

  3. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  4. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

    「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者…

  5. 計算化学記事まとめ

    ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。計算化…

  6. 計算化学者は見下されているのか? Part 1

  7. 計算化学:DFTって何? PartIII

  8. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」

  9. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  10. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  11. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

  12. ノビリシチンA Nobilisitine A

  13. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  14. 計算化学:DFT計算って何?Part II

  15. 密度汎関数法の基礎

  16. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  2. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  3. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis
  4. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成
  5. レーン 超分子化学
  6. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  7. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

PAGE TOP