[スポンサーリンク]


計算化学

  1. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組み合わせがホウ素-ホウ素結合を均等開裂させることを見いだし、エノンとピリジン4位間でのラジカルカップリングに応用した。光や金属を使うことなく…

  2. 黎书华 Shuhua Li

     黎书华(Shuhua Li 、1969年x月x日(Hunan生)-)は、中国の物理化学者である。南…

  3. 2021年、ムーアの法則が崩れる?

    「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者…

  4. 計算化学記事まとめ

    ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。計算化…

  5. 計算化学者は見下されているのか? Part 1

    近年、反応機構をサポートするために計算化学を用いた論文が多数発行されています。しかし、ひとりで実験も…

  6. 計算化学:DFTって何? PartIII

  7. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」

  8. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに

  9. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö

  10. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

  11. ノビリシチンA Nobilisitine A

  12. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

  13. 計算化学:DFT計算って何?Part II

  14. 密度汎関数法の基礎

  15. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

  16. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 田辺シリル剤
  2. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  3. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待
  4. 化学に耳をすませば
  5. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  6. 井上 将行 Masayuki Inoue
  7. ジェームス・ツアー James M. Tour

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP