[スポンサーリンク]

ケムステニュース

富士写、化学材料を事業化

[スポンサーリンク]

富士写真フイルムは化学材料事業に進出する。自社の写真フィルムや印画紙の製造向けに開発してきた色素や染料、界面活性剤など機能性材料を近く外販する。化学・電機メーカー向けに販路を開拓し、2009年に350億円規模の事業に育てる。主力だった写真フィルム事業で培った技術を活用し、経営多角化に役立てる。(引用:日本経済新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  2. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  3. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立…
  4. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  5. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  6. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大
  7. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…
  8. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  2. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  3. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  4. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  5. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  6. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  7. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~
  8. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (準備編)
  9. IBX酸化 IBX Oxidation
  10. アクリルアミド /acrylamide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP