[スポンサーリンク]


質量分析

  1. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary Siuzdak教授

    第56回の海外化学者インタビューは、ゲイリー・シツダック教授です。カリフォルニアにあるスクリプス質量分析センターに所属し、メタボロミクスのための新しい質量分析技術の開発と応用に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さら…

  2. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

    島津製作所が10日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比9・0%増の325億円だった。液…

  3. Imaging MS イメージングマス

    質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

  4. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)

    前回のPart IではMSの基礎知識とFAB-MSの現在の状況について、お話しました。今回はFAB-…

  5. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)

    有機合成反応追跡として最も簡便なのは TLC (Thin layer chromatography)…

  6. これならわかる マススペクトロメトリー

  7. 生涯最高の失敗

  8. コールドスプレーイオン化質量分析法 Cold Spray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)

  9. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  2. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  3. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  4. 有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体
  5. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  6. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  7. 理系ライターは研究紹介記事をどうやって書いているか

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

PAGE TOP