[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

岡本佳男 Yoshio Okamoto

岡本佳男 (おかもと よしお、1941年1月10日-)は、日本の高分子化学者である(写真:岡本研究室)。名古屋大学エコトピア研究所・客員教授。

経歴

1964 大阪大学 理学部高分子学科卒業
1969 大阪大学院 博士課程修了(理学博士)
1969 大阪大学基礎工学部 助手
1970 ミシガン大学 博士研究員(Overberger教授)
1983 大阪大学基礎工学部 助教授
1990 名古屋大学工学部 教授
1997 名古屋大学大学院工学研究科 教授
2004 名古屋大学大学院 定年退官
2004 名古屋大学名誉教授
2005 名古屋大学エコトピア科学研究所客員教授

 

受賞歴

1982 高分子学会賞
1987 繊維学会賞(技術賞)
1991 日本化学会賞化学技術賞
1996 芸術のための科学賞(ダ・ビンチ優秀賞)
1999 日本化学会賞
1999 Molecular Chirality Award
2001 Chirality Medal
2002 紫綬褒章
2005 藤原賞
2007 トムソン・リサーチフロント賞

 

研究概要

人工らせん状高分子の合成および光学分割カラムの開発は世界的な業績である。

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  2. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  3. 大村 智 Satoshi Omura
  4. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  5. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  6. グラーメ・モード Graeme Moad
  7. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  8. 安積徹 Tohru Azumi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  2. 重いキノン
  3. 2008年10大化学ニュース
  4. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  5. ウェブサイトのリニューアル
  6. ウランガラス
  7. 大学入試のあれこれ ②
  8. フラーレン:発見から30年
  9. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  10. ノビリシチンA Nobilisitine A

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP