[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

岡本佳男 Yoshio Okamoto

[スポンサーリンク]

岡本佳男 (おかもと よしお、1941年1月10日-)は、日本の高分子化学者である(写真:岡本研究室)。名古屋大学エコトピア研究所・客員教授。

経歴

1964 大阪大学 理学部高分子学科卒業
1969 大阪大学院 博士課程修了(理学博士)
1969 大阪大学基礎工学部 助手
1970 ミシガン大学 博士研究員(Overberger教授)
1983 大阪大学基礎工学部 助教授
1990 名古屋大学工学部 教授
1997 名古屋大学大学院工学研究科 教授
2004 名古屋大学大学院 定年退官
2004 名古屋大学名誉教授
2005 名古屋大学エコトピア科学研究所客員教授

 

受賞歴

1982 高分子学会賞
1987 繊維学会賞(技術賞)
1991 日本化学会賞化学技術賞
1996 芸術のための科学賞(ダ・ビンチ優秀賞)
1999 日本化学会賞
1999 Molecular Chirality Award
2001 Chirality Medal
2002 紫綬褒章
2005 藤原賞
2007 トムソン・リサーチフロント賞

 

研究概要

人工らせん状高分子の合成および光学分割カラムの開発は世界的な業績である。

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  2. 硤合 憲三 Kenso Soai
  3. ジェームス・ツアー James M. Tour
  4. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  5. 京都賞―受賞化学者一覧
  6. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  7. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  8. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 揮発した有機化合物はどこへ?
  2. 本当の天然物はどれ?
  3. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  4. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis
  5. 構造式の効果
  6. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  7. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より
  8. ご注文は海外大学院ですか?〜出願編〜
  9. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  10. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP