[スポンサーリンク]


DNA

  1. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内に持ち、このDNAを複製かつ転写・翻訳できる大腸菌を作製することに成功しました。“A semi-synthetic organism t…

  2. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

    盧 煜明 (Dennis Yuk-ming Lo, 1963年10月12日(香港,中国生)-)は、中…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

    トマス・ロバート・リンダール (Tomas Robert Lindahl、1938年1月28日-)は…

  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

    ポール・L・モドリッチ (Paul L. Modrich、1946年6月13日-)はアメリカの生化学…

  6. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  7. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  9. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  10. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

  11. DNAに人工塩基対を組み入れる

  12. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  13. 核酸塩基は4つだけではない

  14. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

  15. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

  16. アデノシン /adenosine

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2010年10大化学ニュース
  2. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  3. 名古屋メダル―受賞者一覧
  4. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes
  5. マツタケオール mushroom alcohol
  6. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  7. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

PAGE TOP