[スポンサーリンク]


DNA

  1. DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

    第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一大トピックとなっている細胞内化学現象の一つであり、様々な生命現象およびその制御機構の足場になると考えられています。佐藤さんは東京工業大学情報…

  2. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内…

  3. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

    盧 煜明 (Dennis Yuk-ming Lo, 1963年10月12日(香港,中国生)-)は、中…

  4. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  5. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

    トマス・ロバート・リンダール (Tomas Robert Lindahl、1938年1月28日-)は…

  6. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

  7. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  9. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  10. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  11. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

  12. DNAに人工塩基対を組み入れる

  13. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  14. 核酸塩基は4つだけではない

  15. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

  16. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction(PCR)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 輸出貿易管理令
  2. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  3. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  4. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  5. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  6. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  7. 世界の中心で成果を叫んだもの

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

PAGE TOP