[スポンサーリンク]


DNA

  1. 離れた場所で互いを認識:新たなタイプの人工塩基対の開発

    第371回のスポットライトリサーチは、東北大学多元物質科学研究所(永次研究室)・岡村 秀紀 助教にお願いしました。皆さんは「人工塩基対」をご存じでしょうか。(筆者は今回初めてお聞きしました。)自然界のDNAに含まれるA, T, G,…

  2. 自己修復する単一分子素子「DNAジッパー」

    第355回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院化学系(西野研究室)・原島崇徳 さんにお願…

  3. 第51回「電流でDNAを検出する」佐藤しのぶ准教授

    第51回のインタビューは、九州工業大学の佐藤しのぶ准教授にお願いいたしました。前回同様、第23回ケム…

  4. DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

    第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

  5. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内…

  6. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

  7. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

  8. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

  9. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

  10. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  11. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  12. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  13. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  14. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

  15. DNAに人工塩基対を組み入れる

  16. マイケル・レヴィット Michael Levitt

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  2. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  3. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増
  4. ケミストリ・ソングス【Part1】
  5. 化学は切手と縁が深い
  6. 有機合成化学協会誌2020年6月号:Chaxine 類・前周期遷移金属ヒドリドクラスター・フッ化アシル・インドール ─2,3─エポキシド・プロトン応答性触媒・Z 型配位子
  7. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

注目情報

最新記事

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

PAGE TOP