[スポンサーリンク]


DNA

  1. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内に持ち、このDNAを複製かつ転写・翻訳できる大腸菌を作製することに成功しました。“A semi-synthetic organism t…

  2. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

    盧 煜明 (Dennis Yuk-ming Lo, 1963年10月12日(香港,中国生)-)は、中…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

    トマス・ロバート・リンダール (Tomas Robert Lindahl、1938年1月28日-)は…

  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

    ポール・L・モドリッチ (Paul L. Modrich、1946年6月13日-)はアメリカの生化学…

  6. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  7. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  9. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  10. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

  11. DNAに人工塩基対を組み入れる

  12. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  13. 核酸塩基は4つだけではない

  14. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

  15. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

  16. アデノシン /adenosine

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイアグラ /viagra
  2. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  3. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻
  5. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  6. 分子を見分けるプラスチック「分子刷り込み高分子」(基礎編)
  7. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP