[スポンサーリンク]


DNA

  1. 人工細胞膜上で機能するDNAナノデバイスの新たな精製方法を確立

    第503回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科で博士の学位を取得され、現在は東京農工大学で学振PDとして奮闘する岩渕 祥璽 (いわぶち しょうじ) さんにお願いしました。岩渕さんが学生時代に在籍していた野村研究室では、「…

  2. たったひとつのたんぱく質分子のリン酸化を検出する新手法を開発

    第442回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院化学系(西野研究室)に所属されていた原島 …

  3. 離れた場所で互いを認識:新たなタイプの人工塩基対の開発

    第371回のスポットライトリサーチは、東北大学多元物質科学研究所(永次研究室)・岡村 秀紀 助教にお…

  4. 自己修復する単一分子素子「DNAジッパー」

    第355回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院化学系(西野研究室)・原島崇徳 さんにお願…

  5. 第51回「電流でDNAを検出する」佐藤しのぶ准教授

    第51回のインタビューは、九州工業大学の佐藤しのぶ准教授にお願いいたしました。前回同様、第23回ケム…

  6. DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

  7. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

  8. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

  9. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

  10. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

  11. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

  12. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  13. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  14. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  15. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  16. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  2. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  3. 荷電π電子系が発現するジラジカル性をイオンペア形成によって制御
  4. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  5. 第49回「キラルブレンステッド酸に魅せられて」秋山隆彦教授
  6. 日本科学未来館
  7. ナノスケールの虹が世界を変える

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP