[スポンサーリンク]


DNA

  1. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内に持ち、このDNAを複製かつ転写・翻訳できる大腸菌を作製することに成功しました。“A semi-synthetic organism t…

  2. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

    盧 煜明 (Dennis Yuk-ming Lo, 1963年10月12日(香港,中国生)-)は、中…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

    トマス・ロバート・リンダール (Tomas Robert Lindahl、1938年1月28日-)は…

  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

    ポール・L・モドリッチ (Paul L. Modrich、1946年6月13日-)はアメリカの生化学…

  6. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  7. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  9. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  10. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

  11. DNAに人工塩基対を組み入れる

  12. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  13. 核酸塩基は4つだけではない

  14. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

  15. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

  16. アデノシン /adenosine

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エノキサシン:Enoxacin
  2. デスソース
  3. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  4. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  5. Z-選択的オレフィンメタセシス
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥
  7. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP