[スポンサーリンク]


DNA

  1. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

    スクリプス研究所のFloyd E. Romesberg教授らは、人工塩基対X-Yを含むDNAを細胞内に持ち、このDNAを複製かつ転写・翻訳できる大腸菌を作製することに成功しました。“A semi-synthetic organism t…

  2. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo

    盧 煜明 (Dennis Yuk-ming Lo, 1963年10月12日(香港,中国生)-)は、中…

  3. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian

    シャンカー・バラスブラマニアン(Shanker Balasubramanian、1966年9月30日…

  4. トマス・リンダール Tomas R. Lindahl

    トマス・ロバート・リンダール (Tomas Robert Lindahl、1938年1月28日-)は…

  5. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich

    ポール・L・モドリッチ (Paul L. Modrich、1946年6月13日-)はアメリカの生化学…

  6. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

  7. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~

  9. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~

  10. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg

  11. DNAに人工塩基対を組み入れる

  12. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  13. 核酸塩基は4つだけではない

  14. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

  15. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

  16. アデノシン /adenosine

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ドミトリ・メンデレーエフの墓
  2. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  3. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  4. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  5. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  6. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  7. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

PAGE TOP