[スポンサーリンク]

C

カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

イリジウム触媒を用いる酢酸の工業製造プロセス。

酢酸はメタノールのカルボニル化、アセトアルデヒドや炭化水素の酸化によって生成されるが、中でもRhを用いるMonsantoプロセスとIrを用いるCativaプロセスが全世界の生産量の60%を占めている。

基本文献

Sunley, G. J.; Watson, D. J. Catalysis Today, 2000,  58,  293. DOI:10.1016/S0920-5861(00)00263-7

反応機構

基本的なメカニズムはMonsantoプロセスと類似。

cativa_process_2.gif

安価なプロモータの添加により触媒効率が上昇する。プロモータの役割はI-イオンをscavengeすることでIr上の配位場を開け、COが配位してMigratory Insertionする経路を補助している。 (参考:J. Am. Chem. Soc. 2004126, 2847.)

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…
  2. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  3. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearra…
  4. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  5. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von…
  6. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  7. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  8. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  2. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  3. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  4. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  5. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  6. 2つのアシロイン縮合
  7. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  8. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  9. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応
  10. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP