[スポンサーリンク]


Nature

  1. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏和な条件下でのアミド結合の切断を介するエステルの生成に成功した。“Conversion of amides to esters by t…

  2. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル

    怒涛の勢いでジャーナル業界を席巻しているネイチャー・リサーチ。ほとんどのジャーナルで成功を収め、化学…

  3. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開

    日本発化学ジャーナルはインパクトファクター(IF)が低いといわています(日本発化学ジャーナルの行く末…

  4. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

    高分子活物質を用いた有機レドックスフロー電池についての最近の動向について,2014-2016年の代表…

  5. 世界初の有機蓄光

    第128回のスポットライトリサーチは、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA…

  6. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  7. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

  8. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  9. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  10. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

  11. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  12. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号

  13. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  14. Nature Reviews Chemistry創刊!

  15. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  16. 誤った科学論文は悪か?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 進化する カップリング反応と 応用展開
  2. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation
  3. お”カネ”持ちな会社たちー2
  4. 最後に残ったストリゴラクトン
  5. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  6. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  7. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP