[スポンサーリンク]


Nature

  1. 電池で空を飛ぶ

    はじめに近年、ガソリン車から電気自動車への流れは避けて通ることの出来ないトレンドとなっています。液体化石燃料を大量に消費している航空機にもいずれは「電気飛行機」の時代が来たって良いかもしれません。地球温暖化防止は重要な課題になっ…

  2. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬…

  3. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

    新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に…

  4. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容…

  5. 電流励起による“選択的”三重項励起状態の生成!

    ついに第200回となりました。記念すべき200人目のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面…

  6. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

  7. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル

  8. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開

  9. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  10. 世界初の有機蓄光

  11. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  12. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

  13. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  14. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  15. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

  16. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カルベンで炭素ー炭素単結合を切る
  2. カスガマイシン (kasugamycin)
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  4. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  5. ヒドロメタル化 Hydrometalation
  6. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation
  7. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

PAGE TOP