[スポンサーリンク]


Nature

  1. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

    新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に至った。タイトルおよび説明はシュプリンガー・ネイチャーの出版している日本語で読める科学まとめ雑誌である「Natureダイジェスト」2…

  2. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容…

  3. 電流励起による“選択的”三重項励起状態の生成!

    ついに第200回となりました。記念すべき200人目のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面…

  4. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏…

  5. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル

    怒涛の勢いでジャーナル業界を席巻しているネイチャー・リサーチ。ほとんどのジャーナルで成功を収め、化学…

  6. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開

  7. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  8. 世界初の有機蓄光

  9. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  10. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

  11. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  12. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  13. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

  14. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  15. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号

  16. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 太陽ホールディングスってどんな会社?
  2. CRISPRの謎
  3. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  4. 石見銀山遺跡
  5. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  6. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!
  7. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

PAGE TOP