[スポンサーリンク]


Nature

  1. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏和な条件下でのアミド結合の切断を介するエステルの生成に成功した。“Conversion of amides to esters by t…

  2. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル

    怒涛の勢いでジャーナル業界を席巻しているネイチャー・リサーチ。ほとんどのジャーナルで成功を収め、化学…

  3. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開

    日本発化学ジャーナルはインパクトファクター(IF)が低いといわています(日本発化学ジャーナルの行く末…

  4. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

    高分子活物質を用いた有機レドックスフロー電池についての最近の動向について,2014-2016年の代表…

  5. 世界初の有機蓄光

    第128回のスポットライトリサーチは、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA…

  6. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  7. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

  8. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  9. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  10. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

  11. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  12. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号

  13. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化

  14. Nature Reviews Chemistry創刊!

  15. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  16. 誤った科学論文は悪か?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  2. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  4. 含『鉛』芳香族化合物ジリチオプルンボールの合成に成功!②
  5. 有合化若手セミナーに行ってきました
  6. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  7. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

PAGE TOP