[スポンサーリンク]


Nature

  1. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬を開発し, Nature 誌に報告しました。 (さらに…)…

  2. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

    新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に…

  3. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容…

  4. 電流励起による“選択的”三重項励起状態の生成!

    ついに第200回となりました。記念すべき200人目のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面…

  5. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏…

  6. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル

  7. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開

  8. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  9. 世界初の有機蓄光

  10. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  11. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号

  12. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化

  13. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

  14. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

  15. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する

  16. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  2. 光学分割 / optical resolution
  3. “アルデヒドを移し替える”新しいオレフィン合成法
  4. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  5. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  6. 計算化学:基底関数って何?
  7. 動画:知られざる元素の驚きの性質

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP