[スポンサーリンク]


2008年 9月 08日

  1. 中村栄一 Eiichi Nakamura

    中村栄一(なかむら えいいち、1951年2月24日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院理学系研究科教授。 (さらに…)…

  2. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi

    山口健太郎 (やまぐちけんたろう、1973年8月xx日-)は、日本の分析化学者である(写真:解析化学…

  3. アロイ・フュルスナー Alois Furstner

    アロイ・フュルストナー (Alois Fürstner、1962年7月23日-)は、ドイツの有機化学…

  4. 北川 進 Susumu Kitagawa

    北川 進(きたがわ すすむ、1951年7月4日-)は、日本の無機化学者である(写真:https://…

  5. 相田 卓三 Takuzo Aida

    相田卓三(あいだ たくぞう、1956年5月3日-)は、日本の高分子化学者、超分子化学者である。東京大…

  6. 福山透 Tohru Fukuyama

  7. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen

  8. グレッグ・フー Gregory C. Fu

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  2. 有機化学イノベーション: ひらめきと直観をいかにして呼び込むか
  3. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  4. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  5. 2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表
  6. マテリアルズ・インフォマティクスにおける従来の実験計画法とベイズ最適化の比較
  7. ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP