[スポンサーリンク]

archives

ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」

 

 

Chem-Stationです。いつもお世話になっております。現在ではこの化学者のつぶやきを中心に、ニュース、データベース(有機合成反応用語書籍化学者)、化学サイト検索、研究者へのインタビューなど様々なコンテンツを提供している本サイトですが、この度新たなデータベースコンテンツを1つ追加することとしました。

その名も、化学地球儀

 

…なんだそりゃ?と思われる方が大半だと思われますが、百聞は一見に如かず!まずは新しいコンテンツを覗いてみてください。

ケムステの新しいコンテンツはこちら

 

 

ご覧になりましたでしょうか。はいそうです、「化学に関する旧名勝・観光スポット・博物館・見学可能工場などを集めたデータベース」を立ち上げました。

はいそこ、「なんてマニアックな!」と思われた方。

まだまだ化学マニアには程遠いですね。別に化学マニアになりたくなくとも、化学者ならば六角形のマークがベンゼンに見えてしまったり、TBSと聞いたら保護基?としか思えなくなったりしてくるものです。◯◯が律速段階だよね!とかあの人バルキーだよねとか、化学用語をつかってしまうものなのです。

 

さて、話は完全にそれましたが、このコンテンツはFacebookfoursquareなどの位置情報コンテンツと連動して、例えばケミストリー通り@イギリスやメンデレーエフ空港@日本などの「知る人ぞ知る化学スポット」を巡ることができるという、なんとも化学マニアにぴったりなものとなっております。

 さらに読者がFacebookやTwitterでそれぞれの場所に関してなにかコメントやつぶやいてくだされば、随時情報が記事上に追加されるので徐々に充実していく仕組みです。

 追記:Twitterでのハッシュタグを作成しました!#chemglobeで名所情報をお知らせください!

 

 

chemglobe2.png

それだけでは需要が少なすぎるため、化学を学び体験することができる博物館、旧名勝や工場、さらには有名な大学・研究所までをいれて、不定期で紹介していきます。トップページにはGoogleマップを利用して化学名所を記してあるので、その地域に訪れる際があればチェックしてくださいませ。

いまのところその程度(いまだベータ版ともいいます。)ですが、名所が集まればデータベースに、スマートフォンなどとの連動で(これはGoogleマップの対応次第)その場で確認し、訪問できるコンテンツにしたいと考えています。それでは今後ともよろしくお願いいたします。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反…
  2. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  3. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応
  4. 新しいエポキシ化試薬、Triazox
  5. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  6. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  7. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  8. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  2. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  3. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  4. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  5. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  6. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  7. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中
  8. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  9. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  10. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP