[スポンサーリンク]

archives

ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」

 

 

Chem-Stationです。いつもお世話になっております。現在ではこの化学者のつぶやきを中心に、ニュース、データベース(有機合成反応用語書籍化学者)、化学サイト検索、研究者へのインタビューなど様々なコンテンツを提供している本サイトですが、この度新たなデータベースコンテンツを1つ追加することとしました。

その名も、化学地球儀

 

…なんだそりゃ?と思われる方が大半だと思われますが、百聞は一見に如かず!まずは新しいコンテンツを覗いてみてください。

ケムステの新しいコンテンツはこちら

 

 

ご覧になりましたでしょうか。はいそうです、「化学に関する旧名勝・観光スポット・博物館・見学可能工場などを集めたデータベース」を立ち上げました。

はいそこ、「なんてマニアックな!」と思われた方。

まだまだ化学マニアには程遠いですね。別に化学マニアになりたくなくとも、化学者ならば六角形のマークがベンゼンに見えてしまったり、TBSと聞いたら保護基?としか思えなくなったりしてくるものです。◯◯が律速段階だよね!とかあの人バルキーだよねとか、化学用語をつかってしまうものなのです。

 

さて、話は完全にそれましたが、このコンテンツはFacebookfoursquareなどの位置情報コンテンツと連動して、例えばケミストリー通り@イギリスやメンデレーエフ空港@日本などの「知る人ぞ知る化学スポット」を巡ることができるという、なんとも化学マニアにぴったりなものとなっております。

 さらに読者がFacebookやTwitterでそれぞれの場所に関してなにかコメントやつぶやいてくだされば、随時情報が記事上に追加されるので徐々に充実していく仕組みです。

 追記:Twitterでのハッシュタグを作成しました!#chemglobeで名所情報をお知らせください!

 

 

chemglobe2.png

それだけでは需要が少なすぎるため、化学を学び体験することができる博物館、旧名勝や工場、さらには有名な大学・研究所までをいれて、不定期で紹介していきます。トップページにはGoogleマップを利用して化学名所を記してあるので、その地域に訪れる際があればチェックしてくださいませ。

いまのところその程度(いまだベータ版ともいいます。)ですが、名所が集まればデータベースに、スマートフォンなどとの連動で(これはGoogleマップの対応次第)その場で確認し、訪問できるコンテンツにしたいと考えています。それでは今後ともよろしくお願いいたします。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  2. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  3. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  4. 化学者ネットワーク
  5. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する…
  6. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  7. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  8. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  2. 合成後期多様化法 Late-Stage Diversification
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  5. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  6. 2009年人気記事ランキング
  7. 「海外PIとして引率する大気化学研究室」ーカリフォルニア大学アーバイン校より
  8. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!
  9. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  10. 未来の科学コミュニティ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP