[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

グレッグ・フー Gregory C. Fu

[スポンサーリンク]

 グレゴリー・C・フー(Gregory C. Fu、1964年6月17日(オハイオ生)-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Caltech News)。カリフォルニア工科大学 教授。

 経歴

1985 マサチューセッツ工科大学 卒業 (K. B. Sharpless教授)
1991 ハーバード大学 博士号取得 (David A. Evans教授)
1991 カリフォルニア工科大学 博士研究員 (R. H. Grubbs教授)
1993 マサチューセッツ工科大学 助教授
1998 マサチューセッツ工科大学 准教授
1999 マサチューセッツ工科大学 教授
2007 マサチューセッツ工科大学 Firmenich Professor
2012 カリフォルニア工科大学 Altair Professor
2016 カリフォルニア工科大学 Norman Chandler Professor

受賞歴

1993 Camille and Henry Dreyfus Foundation New Faculty Award
1994 National Science Foundation Young Investigator Award
1995 American Cancer Society Junitor Faculty Research Award
1997 Alfred P. Sloan Research Fellow
1997 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
1998 アーサー・C・コープ スカラー賞
2000 School of Science Undergraduate Teaching Prize, MIT
2000 Chan Memorial Award in Organic Chemistry
2001 Springer Award in Organometallic Chemistry
2005 E. J. Corey Award
2006 Mukaiyama Award
2007 三井触媒化学賞
2012 ACS Awaard for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry
2013 Alexander von Humboldt Research Fellow
2015 Yamada-Koga Prize
2018 Herbert C. Brown Award, American Chemical Society

研究概要

面不斉を持つ不斉合成用試薬の開発[1]

彼のグループによって開発された、フェロセン骨格にDMAPを融合させたキラル求核触媒は、光学分割的アシル化、Staundingerケテン付加などを高いエナンチオ選択性にて進行させる。また面不斉錯形成を利用した新規不斉配位子の創成や、キラルルイス酸の開発も行っている。

gc_fu_2.gif

新規クロスカップリング反応の開発

Pd,Niを用いるクロスカップリング反応の拡張に成功している。通常不活性とされてきた塩化アリール、アルキルハライドなどを用いる条件などを多く開発している。幾つかの反応においては不斉触媒化も達成されている(例えば下図は不斉根岸カップリングの例[2])。

gc_fu_3.gif

また最近では銅-カルバゾール錯体の光特性を活用した触媒的ウルマンカップリング[3]、3級アルキルハライドの不斉C-Nカップリング反応[4]なども達成している。

Picture

 関連文献

  1.  Fu, G. C. Acc. Chem. Res. 2004, 37, 542. DOI: 10.1021/ar030051b
  2.  Arp, F. O.; Fu, G. C. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 10482. DOI: 10.1021/ja053751f
  3. Creutz, S. E.; Lotito, K. J.; Fu, G. C.; Peters, J. C. Science 2012338, 647. DOI: 10.1126/science.1226458
  4. Kainz, Q. M.; Matier, C. D.; Bartoszewicz, A.; Zultanski, S. L.; Peters, J. C.; Fu, G. C. Science 2016, 351, 681. DOI: 10.1126/science.aad8313
  5. Schmidt, J.; Choi, J.; Liu, A. T.; Slusarczyk, M.; Fu, G. C. Science2016354, 1265–1269.

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  2. トビン・マークス Tobin J. Marks
  3. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  4. モーテン・メルダル Morten P. Meldal
  5. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  6. ディーン・トースト F. Dean Toste
  7. 大井貴史 Takashi Ooi
  8. 池田 富樹 Tomiki Ikeda

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本触媒で爆発事故
  2. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  3. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  4. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  5. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  6. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction
  7. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa De Cola教授
  8. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  9. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授
  10. 第34回ケムステVシンポ「日本のクリックケミストリー」を開催します!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP