[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

中村栄一 Eiichi Nakamura

[スポンサーリンク]

中村栄一(なかむら えいいち、1951年2月24日-)は日本の有機化学者である。東京大学大学院理学系研究科教授。

経歴

1973 東京工業大学理学部化学科卒業(向山光昭教授)
1978 東京工業大学大学院 博士号取得(桑嶋功助教授)
1978 コロンビア大学 博士研究員(Gilbert Stork教授)
19xx 東京工業大学理学部 助手
1984 東京工業大学理学部化学科 助教授
1993 東京工業大学理学部化学科教授
1995 東京大学理学部化学専攻 教授
2014 東京大学理学部化学専攻 特例教授

 

受賞歴

1984 日本化学会進歩賞
1991 有機合成化学協会研究企画賞
1992 手島工業教育資金団記念研究賞
1992 日本IBM科学賞
2001 名古屋メダル
2003 日本化学会賞
2006 フンボルト賞
2009 紫綬褒章
2010 Arthur C. Cope Scholar Award
2014 藤原賞
2014 Centenary Prize 2014, Royal Society of Chemistry

 

研究

計算化学を利用した有機金属試薬の反応機構解明

特に有機銅アート試薬を用いる反応などの機構解明は代表的な業績。過去ブラックボックスとされてきた銅アート錯体の反応機構を、計算化学的手法により解明した。

e_nakamura_5.gif

 

フラーレンを用いる機能性物質創製研究

長年研究を重ねてきた有機銅アート試薬の化学とフラーレン化学を融合した化学を展開。フラーレンへの五重付加反応を基軸とし、様々な機能化フラーレンの開発に成功している。

e_nakamura_4.gif

 

電子顕微鏡を用いる分子の直接観測

激しい熱運動、および顕微鏡の電子線で分解してしまうことが理由で、有機分子を電子顕微鏡で観察する事は難しいとされていた。中村らは、カーボンナノチューブ内に有機分子を閉じ込めることにより、この問題点を解決。単一有機分子を電子顕微鏡で観察する事に世界ではじめて成功している。[1]

 

e_nakamura_6.jpg
(写真:JSTプレスリリース)

コメント&その他

  1. 多様な研究を行い、多くの優秀な若手化学者を輩出している。
  2. Webにも興味をもっており、東京大学アクション・プラン ガイドブック2008によると、ブックマークに有機化学美術館とChem-Stationが記載されている。ありがたいことです。

 

 関連動画

関連文献

  • Zhou, S.; Burger, C.; Chu, B.; Sawamura, M.; Nagahama, N.; Toganoh, M.; Hackler, U. E.; Isobe, H.; Nakamura, E. Science 2001, 291, 1944. DOI: 10.1126/science.291.5510.1944
  • Sawamura, M.; Kawai, K.; Matsuo, Y.; Kanie, K.; Kato, T.; Nakamura, E. Nature 2002, 419, 702. DOI: 10.1038/nature01110
  • Koshino, M.; Tanaka, T.; Solin, N.; Suenaga, K.; Isobe, H.; Nakamura, E. Science 2007, 316, 853. DOI: 10.1126/science.1138690
  • Sukegawa, J.; Schubert, C.; Zhu, X.; Tsuji, H.; Guldi, D. M.; Nakamura, E. Nat. Chem.2014, 6, 899.  DOI:10.1038/nchem.2026

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  2. 佐藤 伸一 Shinichi Sato
  3. 安積徹 Tohru Azumi
  4. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz
  5. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…
  6. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  7. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  8. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate
  2. DMFを選択的に検出するセンサー:アミド分子と二次元半導体の特異な相互作用による検出原理を発見
  3. 【書評】きちんと単位を書きましょう 国際単位系 (SI) に基づいて
  4. 計算化学記事まとめ
  5. 誰かに話したくなる化学論文2連発
  6. 有機合成化学協会誌2020年4月号:神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン
  7. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  8. 在宅となった化学者がすべきこと
  9. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  10. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2008年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP