[スポンサーリンク]


2009年 2月 04日

  1. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

    光学活性化合物を合成するにあたって、触媒量のキラル源を反応促進剤(プロモーター)にできるとき、そのプロモーターを不斉触媒(asymmetric catalyst)と呼びます。 (さらに…)…

  2. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

    (さらに…)…

  3. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

    マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者…

  4. 林 民生 Tamio Hayashi

    林 民生(はやし たみお、1948年2月16日- )は、日本の有機化学者である(写真:京都大学大学院…

  5. 岸 義人 Yoshito Kishi

    岸 義人(きし よしと、1937年4月13日(愛知県名古屋市)-)は、アメリカ在住の有機化学者で…

  6. 岡本佳男 Yoshio Okamoto

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  2. 【日産化学】新卒採用情報(2025卒)
  3. η6配位アルキルベンゼンで全炭素(3+2)環化付加
  4. 外部の分析機器を活用する方法
  5. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  6. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  7. 「糖化学ノックイン」領域紹介PVを制作頂きました!

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

PAGE TOP