[スポンサーリンク]


2009年 2月 04日

  1. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

    光学活性化合物を合成するにあたって、触媒量のキラル源を反応促進剤(プロモーター)にできるとき、そのプロモーターを不斉触媒(asymmetric catalyst)と呼びます。 (さらに…)…

  2. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

    (さらに…)…

  3. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

    マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者…

  4. 林 民生 Tamio Hayashi

    林 民生(はやし たみお、1948年2月16日- )は、日本の有機化学者である(写真:京都大学大学院…

  5. 岸 義人 Yoshito Kishi

    岸 義人(きし よしと、1937年4月13日(愛知県名古屋市)-)は、アメリカ在住の有機化学者で…

  6. 岡本佳男 Yoshio Okamoto

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授
  2. 第50回「非二重らせん核酸は生物種を超えて生命を制御できるか」建石寿枝准教授
  3. 基底三重項炭化水素トリアンギュレンの単離に世界で初めて成功
  4. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  5. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  6. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  7. 最近の有機化学注目論文3

注目情報

最新記事

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

PAGE TOP