[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

林 民生 Tamio Hayashi

林 民生(はやし たみお、1948年2月16日- )は、日本の有機化学者である(写真:京都大学大学院理学系研究科)。京都大学大学名誉教授、国立シンガポール大学教授。

 経歴

1970 京都大学工学部合成化学科 卒業
1975 京都大学大学院工学研究科合成化学専攻 博士課程修了
1975 京都大学工学部合成化学科 助手
1978 コロラド州立大学 博士研究員 (Lewis Hegedus教授)
1989 北海道大学触媒化学研究センター 教授
1994 京都大学大学院理学研究科化学専攻 教授
2012 国立シンガポール大学教授

 

受賞歴

1983 有機合成化学奨励賞
1991 日本IBM科学賞
2002 日本化学会賞
2004 Thomson Scientific Research Front Award
2005 Molecular Chirality Award
2008 野依賞
2008 アーサー・C・コープ スカラー賞
2010 紫綬褒章
2013 Foundation Lectureship Award in Organic Chemistry, Federation of Asian Chemical Societies

 

研究

有機金属触媒を用いる新規不斉合成法の開発

最近ではロジウム触媒を用いるアリールボロン酸の不斉1,4-付加反応が顕著な業績。

 

 コメント&その他

  1.  最も好きな人名反応はClaisens縮合:化学反応のドライビング・フォースを学生に教えるために最もわかりやすいから。
  2. 好きな飲物は緑茶。日本産でも台湾でも中国産でもよい
  3. 好きな言葉は”Curiosity makes us young”
  4. 好きなミュージシャンは吉田拓郎。

 

関連文献

  • Hayashi, T.; Ueyama, K.; Tokunaga, N.; Yoshida, K. J. Am. Chem. Soc.2003125, 11508. DOI: 10.1021/ja037367z
  • Hayashi, T.; Takahashi, M.; Takaya, Y.; Ogasawara. M. J. Am. Chem. Soc. 2002,124, 5052. DOI: 10.1021/ja012711i
  • Takaya, Y.; Ogasawara, M.; Hayashi, T.; Sakai, M.; Miyaura, N. J. Am. Chem. Soc. 1998120, 5579. DOI: 10.1021/ja980666h
  • Hayashi, T.; Yamamoto, A.; Ito, Y.; Nishioka, E.; Miura, H.; Yanagi, K. J. Am. Chem. Soc.1989111, 6301. DOI: 10.1021/ja00198a048
  • Ito, Y.; Sawamura, M.; Hayashi, T. J. Am. Chem. Soc1986108, 6405. DOI: 10.1021/ja00280a056
  • Hayashi, T.; Konishi, M.; Kobori, Y.; Kumada, M.; Higuchi, T.; Hirotsu, K. J. Am. Chem. Soc1984106, 158. DOI: 10.1021/ja00313a032
  • Hayashi, T.; Mise, T.; Fukushima, M.; Kagotani, M.; Nagashima, N.; Hamada, Y.; Matsumoto, A.; Kawakami, S.; Konishi, M.; Yamamoto, K.; Kumada, M. Bull. Chem. Soc. Jpn198053, 1138. DOI: 10.1246/bcsj.53.1138

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  2. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  3. Junfeng Zhao
  4. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  5. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  6. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  7. 八島栄次 Eiji Yashima
  8. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  2. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  3. コープ転位 Cope Rearrangement
  4. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  5. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole
  6. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople
  7. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  8. 可視光によるC–Sクロスカップリング
  9. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  10. 中谷宇吉郎 雪の科学館

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP