[スポンサーリンク]

archives

エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

E0778.gif

新しい合成


石原らは、ケトンのアルキル化においてグリニャール試薬に触媒量の塩化亜鉛を添加することにより、グリニャール試薬のみの場合に比べ、第3級アルコールが高収率で得られることを報告しています。これは塩化亜鉛の添加により高活性な亜鉛-アート錯体が生成し、触媒サイクルを形成するためと考えられています。弊社では使用し易いよう、塩化亜鉛添加済みのグリニャール試薬エチルマグネシウムクロリド (約0.8mol/Lテトラヒドロフラン溶液) 活性化剤:塩化亜鉛(約10mol%)を用意いたしました。
M. Hatano, S. Suzuki, K. Ishihara, J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 9998; 波多野学, 鈴木信治, 石原一彰, 化学, 2007, 62 (3), 16.

関連記事

  1. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  2. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  3. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  4. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  5. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  6. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  7. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  8. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2016年化学10大ニュース
  2. ライセルト インドール合成 Reissert Indole Synthesis
  3. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始
  4. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  5. Molecules That Changed the World
  6. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  7. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  8. 2017年ケムステ人気記事ランキング
  9. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  10. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

PAGE TOP