[スポンサーリンク]

archives

エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

[スポンサーリンク]

E0778.gif

新しい合成


石原らは、ケトンのアルキル化においてグリニャール試薬に触媒量の塩化亜鉛を添加することにより、グリニャール試薬のみの場合に比べ、第3級アルコールが高収率で得られることを報告しています。これは塩化亜鉛の添加により高活性な亜鉛-アート錯体が生成し、触媒サイクルを形成するためと考えられています。弊社では使用し易いよう、塩化亜鉛添加済みのグリニャール試薬エチルマグネシウムクロリド (約0.8mol/Lテトラヒドロフラン溶液) 活性化剤:塩化亜鉛(約10mol%)を用意いたしました。
M. Hatano, S. Suzuki, K. Ishihara, J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 9998; 波多野学, 鈴木信治, 石原一彰, 化学, 2007, 62 (3), 16.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  2. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  3. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…
  4. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  5. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  6. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. サーバーを移転しました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「温故知新」で医薬品開発
  2. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  3. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman
  4. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  5. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  6. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式
  7. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  8. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  9. 有機合成化学協会誌2020年11月号:英文版特集号
  10. 21世紀に入り「世界同時多発研究」は増加傾向に

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP