[スポンサーリンク]

archives

エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

[スポンサーリンク]

E0778.gif

新しい合成


石原らは、ケトンのアルキル化においてグリニャール試薬に触媒量の塩化亜鉛を添加することにより、グリニャール試薬のみの場合に比べ、第3級アルコールが高収率で得られることを報告しています。これは塩化亜鉛の添加により高活性な亜鉛-アート錯体が生成し、触媒サイクルを形成するためと考えられています。弊社では使用し易いよう、塩化亜鉛添加済みのグリニャール試薬エチルマグネシウムクロリド (約0.8mol/Lテトラヒドロフラン溶液) 活性化剤:塩化亜鉛(約10mol%)を用意いたしました。
M. Hatano, S. Suzuki, K. Ishihara, J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 9998; 波多野学, 鈴木信治, 石原一彰, 化学, 2007, 62 (3), 16.

関連記事

  1. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  2. ウェブサイトのリニューアル
  3. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  4. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  5. トルキセン : Truxene
  6. ニュースタッフ参加
  7. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  8. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハリーポッターが参考文献に登場する化学論文
  2. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis
  3. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ
  4. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  5. ピンナ酸の不斉全合成
  6. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  7. 2011年10大化学ニュース【前編】
  8. NaHの水素原子の酸化数は?
  9. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  10. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP