[スポンサーリンク]

archives

エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride

[スポンサーリンク]

E0778.gif

新しい合成


石原らは、ケトンのアルキル化においてグリニャール試薬に触媒量の塩化亜鉛を添加することにより、グリニャール試薬のみの場合に比べ、第3級アルコールが高収率で得られることを報告しています。これは塩化亜鉛の添加により高活性な亜鉛-アート錯体が生成し、触媒サイクルを形成するためと考えられています。弊社では使用し易いよう、塩化亜鉛添加済みのグリニャール試薬エチルマグネシウムクロリド (約0.8mol/Lテトラヒドロフラン溶液) 活性化剤:塩化亜鉛(約10mol%)を用意いたしました。
M. Hatano, S. Suzuki, K. Ishihara, J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 9998; 波多野学, 鈴木信治, 石原一彰, 化学, 2007, 62 (3), 16.

関連記事

  1. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  2. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…
  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…
  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  5. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  6. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  7. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  8. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  2. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  3. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  4. 素粒子と遊ぼう!
  5. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  6. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  7. 人生、宇宙、命名の答え
  8. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  9. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  10. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP