[スポンサーリンク]

archives

Reaxys無料トライアル実施中!

reaxys_banner_091008.gif

以前当サイトのコンテンツ化学者のつぶやきで紹介したReaxys(リアクシス)が無料トライアルを開始しました。11月16日まで行っているようなので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。トライアルは無料です。お申し込みはこちら!


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  2. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  3. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  4. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  5. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステル…
  6. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  7. 有用なりん化合物
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者のためのCG作成術①(イントロダクション)
  2. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  3. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  5. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  6. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  7. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  8. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  9. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  10. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP