[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

hoda

大学院生です。ケモインフォマティクス→触媒

  1. 機械学習用のデータがない?計算機上で集めませんか。データ駆動型インシリコ不斉触媒設計で有機合成DX

    第365回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター (先進機能触媒研究グループ)客員研究員の山口滋 先生にお願いしました。機械学習のモデルを構築するにはデータが必要ですが、解析用の実験データ自体の収集が難し…

  2. 貴金属触媒の活性・硫黄耐性の大幅向上に成功

    第363回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 基礎工学研究科(水垣研究室)・石川 浩也 さん…

  3. 芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

    第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

  4. 基底三重項炭化水素トリアンギュレンの単離に世界で初めて成功

    第359回、今年最後のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院基礎工学研究科(新谷研究室)・有川 忍…

  5. 自己修復する単一分子素子「DNAジッパー」

    第355回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院化学系(西野研究室)・原島崇徳 さんにお願…

  6. 従来のペプチド合成法に替わるクリーンなペプチド合成法の確立を目指して―有機電解反応を利用したペプチド合成法の開発―

  7. Pythonで気軽に化学・化学工学

  8. 電池材料粒子内部の高精細な可視化に成功~測定とデータ科学の連携~

  9. オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

  10. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー

  11. 実験・数理・機械学習の融合による触媒理論の開拓

  12. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

  13. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

  14. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

  15. 酵素触媒反応の生成速度を考える―ミカエリス・メンテン機構―

  16. 有機化学1000本ノック【反応機構編】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)
  2. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  3. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】
  6. 駅トイレ光触媒で消臭
  7. 「決断できる人」がしている3つのこと

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP