[スポンサーリンク]

一般的な話題

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

[スポンサーリンク]

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参加できる世の中になりました。今までケムステのVシンポやプレミアムレクチャーなどには参加してきましたが、他機関が主催するオンライン講演会に参加したことがありませんでした。いろいろなオンライン講演会に参加してみたいと思っていたところ、参加費無料の講演会2つについて知りました。しかも懇親会もついている!というわけで今回は第3回有機化学学生ウェビナー(2021/08/29開催)と第20回“光”機到来!Qコロキウム(2021/08/30開催)に参加した記録を記したいと思います。ただの参加者の記録であります。

第3回有機化学学生ウェビナー

画像引用許可をいただきました(引用元はこちら

講演者とタイトル

北海道大学准教授 久保田浩司先生
「メカノケミカル固体有機合成:進展と展望」

東京大学助教 北尾岳史先生:
「ナノ空間情報の転写による超精密単原子層物質の創製」

京都大学名誉教授、豊田理化学研究所所長 玉尾皓平先生:
「機能性元素科学と共に40年――夢はあきらめない――」

講演時間が30分(玉尾先生は1時間予定)なのに対し、質問時間が1時間用意されていたことが印象的でした。1時間もあるのに質問が尽きないほどたくさんの質問が飛び交っていました。学生限定のZoom参加と、だれでも参加できるYouTube Live参加がありました。私はZoom参加していましたが、YouTubeのchat欄も見たかったので両方アクセスしていました。YouTubeのchat欄も大変盛り上がっていたように思います。

ここからは、参加者の一人である筆者が印象に残った点を少し書きたいと思います。

久保田先生:研究についてはもちろんのこと、ボールミルの装置などボールミルについてもたくさんの質問に答えていただきました。

北尾先生:MOFの中ではたくさんベンゼン環をつなげることができたという話が印象に残りました。

玉尾先生:タイトルにもあるように「40年」という筆者には考えられないほど長い期間にわたる歴史のお話を聞くことができました。タイトル通りまさしく「夢はあきらめない」強いメッセージ性のあるご講演でした。研究だけではなく、「好きな元素は?」といったような質問にも答えていただきました。

懇親会は知り合いがほとんどいなかったため大変緊張しましたが、話を振っていただいたりと徐々に話せるようになりました。自分からも話しかけられるように頑張りたいと思います。

有機化学学生ウェビナーのtwitterでは開催されるまでに講演者の先生の論文紹介をされていて全く知らない人間にも優しいと思いました。原著論文が全然わからない人間にもうれしい。

開催時はTwitterだけでなくケムステslackでも告知されていたりするので筆者も確認したいと思います。Twitterはこちら

第20回“光”機到来!Qコロキウム

画像引用許可をいただきました(引用元はこちら

講演者とタイトル

九大院理 宮田潔志先生:徹底図解!「時間分解分光」

“光”機到来!Qコロキウムは2020年の6月から開催されている光に関する連続オンラインコロキウムで、継続的に光機能を学ぶ場を、ということで始められた企画のようです。(趣旨説明はこちら)

いつものQコロキウムは最先端の話を聞いていくことがメインだそうですが、今回は学部生や異分野の人向けの話でした。知っていると分光関係の論文や講演が理解しやすくなる、というようなお話だったようです。筆者には簡単なお話ではありませんでしたが、勉強になりました。学生優先のZoomと誰でも参加できるYouTube Live参加がありましたが、ZoomもYouTube chatもたくさんの質問で盛り上がっていました。今回はすべての質問を拾っていただいたと思います。

懇親会にも参加し、知り合いがほとんどいない状態だったので緊張しましたがとても楽しかったです。

開催時はQコロキウムHPやtwitter、ケムステslackでも告知されています。

ホームページのリンクはこちら。Twitterのリンクはこちら。

終わりに

まだ特に分野が決まっていなくてウロウロしている人間なりにいろいろな話を聞いてみました。どちらの回も質問で大変盛り上がっていたように思います。わからないことも多かったですが、大変楽しかったです。
懇親会でお話ししてくださった皆様、ありがとうございました。

ケムステ内の関連リンク

ケムステSlack、開設二周年!

ケムステVシンポまとめ

hoda

投稿者の記事一覧

学部生です。機械学習を勉強しています。

関連記事

  1. ヒドリド転位型C(sp3)-H結合官能基化を駆使する炭素中員環合…
  2. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  3. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  4. みんな大好きBRAINIAC
  5. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  6. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation…
  7. スケールアップで失敗しないために 反応前の注意点
  8. Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Retraction watch リトラクション・ウオッチ
  2. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  3. ダフ反応 Duff Reaction
  4. 史上最強の塩基が合成される
  5. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成
  6. ヘリウム (helium; He)
  7. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  8. 二光子吸収 two photon absorption
  9. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  10. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP