[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

hoda

学部生です。機械学習を勉強しています。

  1. 次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

    第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣 さんにお願いしました。野上さんが所属されていた跡部研究室では、電気化学を基盤として有機・高分子合成に関する研究を行っています。…

  2. 第53回「すべての化学・工学データを知識に変える」金子弘昌准教授

    第53回の研究者のインタビューは、明治大学の金子弘昌 准教授にお願いしました!ご専門はケモイ…

  3. サイエンスライティング超入門

    hodaです。今回は2022年4月に発売された書籍をご紹介します。概要科学を正しく、…

  4. 金子 弘昌 Hiromasa Kaneko

    金子 弘昌(かねこ ひろまさ)は、日本の化学者である。明治大学 理工学部 応用化学科・准教授。専門は…

  5. 山西芳裕 Yoshihiro Yamanishi

    山西 芳裕(やまにし よしひろ)は日本の科学者である。九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命化学情…

  6. 谷池俊明 Toshiaki Taniike

  7. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  8. かさ高い非天然α-アミノ酸の新規合成方法の開発とペプチドへの導入~中分子ペプチド医薬品開発に向けて~

  9. ホウ素の力で空気が酸化に参加!?

  10. 離れた場所で互いを認識:新たなタイプの人工塩基対の開発

  11. 初めてTOEICを受験してみた~学部生の挑戦記録~

  12. OIST Science Challenge 2022 (オンライン)に参加してみた

  13. ポルフィリン中心金属の違いが薄膜構造を変える~配位結合を利用した新たな分子配向制御法の開発~

  14. ダイアモンドの双子:「神話」上の物質を手のひらに

  15. 2つの異なるホウ素置換基が導入された非共役ジエンの触媒的合成と細胞死制御分子の形式合成に成功

  16. 機械学習用のデータがない?計算機上で集めませんか。データ駆動型インシリコ不斉触媒設計で有機合成DX

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発
  2. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  3. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発
  4. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  5. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  6. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  7. ベンザイン Benzyne

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

PAGE TOP