[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

みねちゃん

大学教員

  1. ステファン・カスケル Stefan Kaskel

    ステファンKaskelは、(1969年2月24日-, ボン)は、ドイツの化学者。TU Dresden(ドレスデン工科大学)の教授(写真出典:TU Dresden)。経歴1990-1995 エバーハルト・カール大学テュービンゲン 学士…

  2. 豚骨が高性能な有害金属吸着剤に

    第301回のスポットライトリサーチは、原子力研究開発機構の関根由莉奈さん、南川卓也さんにお願いしまし…

  3. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻訳

    Cell Pressの運営するCRSOOTALKに掲載されたプレプリント・サーバーに関する記事が重要…

  4. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公開

    (2019/3/20追記あり)化学では、一粒の結晶にX線を当てて構造を決定する単結晶X線構造…

  5. Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生

    本日ノーベル化学賞発表です。今年は無機化学分野ではないかということで、MOFも有力ですが、実用化…

  6. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!

  7. SPring-8って何?(初級編)

  8. フラクタルな物質、見つかる

  9. 1と2の中間のハナシ

  10. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば

  11. 鉄とヒ素から広がる夢の世界

  12. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?

  13. メタンハイドレートの化学 ~その2~

  14. メタンハイドレートの化学

  15. 還元された酸化グラフェン(その1)

  16. GFPをも取り込む配位高分子

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  2. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  3. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  4. ウィリアム・キャンベル William C. Campbell
  5. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation
  6. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  7. コーンブルム ニトロ化反応 Kornblum Nitoration

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP