[スポンサーリンク]

ディスカッション

プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻訳

[スポンサーリンク]

Cell Pressの運営するCRSOOTALKに掲載されたプレプリント・サーバーに関する記事が重要と思ったので、日本語訳を作りました。Emilie Marcus(前Cellの編集長、現在Cell PressのCEO)による記事です。

Google翻訳を手直ししただけですので、誤訳については指摘頂ければ幸いです。
これに対する反論のコメントも極めて興味深く(むしろそちらのほうが重要ではないかと考えています)、そちらも時間があれば訳したいと思っています。

「プレプリントサーバ」

一見するとゲーム大会で耳にした専門用語かと感じる言葉ですが、プレプリントサーバは大きなニュースです。最近のASAPbio会議での激しい議論は、Twitter界隈と従来のメディアの両方の注目を集めました。その議論はまた、科学コミュニティにおける賛否両論の議論を促しました。誰もが同意していると思われることの1つは、プレプリント・サーバーは、その響きよりもはるかに興味深いということです。
そこで、まずはCell Pressのプレプリントサーバーに対する見通しから始めましょう。私たちのポリシーは簡単です。著者は既にプレプリントサーバー上にある論文を、Cellまたは他のCell Pressジャーナルに投稿し、通常の論文と同様に検討されると期待していいですか?答えは「YES」です。私たちはただ一つの要望を持っていますーまず初めに皆さんと話をしたい。
私たちのウェブサイトの現在の声明は、「このジャーナルに投稿する予定の原稿やデータを、公開されているプレプリントサーバーやポスターリポジトリに投稿することが査読に影響するか疑問がある場合は、エディターにコンタクトをとることを勧めます。それによって我々はより具体的な指針を提供するかもしれません。」となっています。 Cell Pressジャーナルは、プレプリントサーバーで事前に公開された論文を、すでに多数出版していて、それを幸せに思っています。なので 「原則として」や「多くの場合」はどこを指しているのでしょう?また、なぜ私達は論文を投稿する前に編集者と会話するように著者に依頼しているでしょうか?
私たちは、新しいアプローチやアイデアを見て、それらがいかに科学を進歩させるかを知りたいです。そのアイデアは科学コミュニティに価値をもたらしますか?それともそのアイデアは意図しない結果をもたらすでしょうか?もし意図しない結果があるなら、これらはどのように緩和されるでしょうか?私たちは生物学のプレプリントはまだ「情報収集」段階にあると考えています
ASAPbioの会合では、科学出版の状況がこれまでのどの時代よりも悪くなっていると述べられていました。私はこのことに驚きました。なぜならここ20年の間に、科学出版企業全体は未曾有の進化と革新を遂げているからです。デジタル普及、オープンアクセス、共同ピアレビュー、電子出版、新しい編集モデルとプラクティスを備えた新しいジャーナル、優れた検索エンジン、PubMed Central、機関やファンド主体のリポジトリと、テキストとデータマイニングツール、盗作の識別、ベストプラクティスと倫理への関心の高まり、ナレッジマップを結ぶための参照リンク、データ管理と共有の実践の改善、altmetricsの新しいクレジット、出版後のピアレビュー、より詳細な著者の説明責任、ソーシャル共有はすべて1995年以来の段階に入っています。これは何を意味しているでしょうか。私たちは正しい方向に向かっているコミュニティですか?この長いリストにプレプリントを追加したら、物事が大きく変わるのでしょうか。もしくはASAPbioの2020年のプレナリースピーカーは、出版がこれまで以上に悪い状態になっているとまた言うでしょうか?
このような状況だからこそ、私たちは生物学者とプレプリントサーバについて話をしたいのです。このアイデアは生物学にとって新しいものであり、私たちの生物学の分野で何を意味するのかまだ分かっていないようです(物理学では25年間うまくいきました。それは確かに生物学の成功をエンカレッジしますが、それだけでは物事を考えずに前進するには十分ではありません)。我々は、生物学者が何を望み、プレプリントを中央の真正面に置く未来をどう思い描いているのか知りたいのです。なぜならプレプリントについて皆さんが考え始めると、簡単に、もしくは明確に答えが出なそうな質問がたくさん浮かび上がるからです。私は、リスクや問題点を認識できず、またオープンに、徹底的に議論することをしない推進者に対していつも心配しています。そのような提灯持ちが、批判的思考をポリティクスやプロパガンダに変えてしまうのです。

ここに、我々が議論する価値があると考えるいくつかの質問を載せます。

1、プレプリントのステータスは何ですか?出版物ですか?

プレプリントが査読済みの論文と同等の立場かどうか、それとも「二級市民」とみなされるかに関して、ASAPbioでは多くの議論があった。査読済み論文と同じか、二級市民か、両側の立場についてに強力な支持者がいました。あなたはどう思いますか?
そして引用可能性はどうですか?科学者は、進行中の仕事を日常的に共有し、会議で発表するときにコミュニティからのフィードバックを受け取ります。そこには異論も反論もない。これらの会話は、一般的に引用可能ではなく、それは全く問題とはみなされていません。もしプレプリントの目標が本当に、これらと同様、進行中の仕事を共有し、フィードバックを得るためであるならば、なぜプレプリントを引用可能にする必要があるのでしょうか?科学者が原稿を投稿し、他の科学者が読んだりコメントしたりすることができるプラットホームを持つ、それだけが目的なのでしょうか。引用可能性さえなければ、裏口から信頼性に忍び寄る疑似記事になろうとすることは無いのではないでしょうか。引用可能でないプレプリントの問題は何でしょうか?

2.プレプリントサーバー上の論文は優先権主張を設定しますか?

著者がプレプリントサーバーに仕事を置きたいという要求のかなりの部分は、ある種のスクープ保護を得たいという欲望から生じます。このことは、多くの生物学者がこのようにプレプリントを見ていることを意味しているのでしょうか?そして、もしあなたが優先権を主張する欲望からプレプリントを出すなら、他人のプレプリントはあなたを出し抜くと考えてもいいでしょうか?我々編集者は、新しく投稿された論文を評価する際に、既存の文献と同様にプレプリントを考えるべきでしょうか?

3.ピアレビューの重要性を提唱しつつ、ピアレビューされていない科学の普及と促進を奨励するにはどうしたらいいか?

世界中の科学者は、へとへとになるまで頑張って、ピアレビュー、証拠、知的厳密性、信頼性が科学のコミュニティにとって重要であることを非科学者、特に政策決定者に理解してもらおうと努力しています。一般の人は、擬似科学的なナンセンスは、多くの場合慎重にパッケージ化され、巧みに売られているもの、に裏切られています。Ask For EvidenceやSense about Scienceのようなプログラムは、被害を抑え、一般の人々にピアレビューの重要性を教えています。
プレプリントサーバーはこれらの取り組みにどのような影響を与えるでしょうか?どのようなメッセージをプレプリントサーバーが一般の人々や政策立案者にに伝えるでしょうか?査読されていない仕事を警告バーナーの下に置き、誰もが細かい印刷物を理解(または読む)していると想定すれば十分でしょうか?もし私たちのコミュニティの誰かが、ピアレビューされていない発見を共有し、引用し、普及することを熱望している場合は、ピアレビューをやめてしまえばいいのでしょうか?

4. プレプリントのステータスは何ですか?出版物ですか?

プレプリントが査読済みの論文と同等の立場かどうか、それとも「二級市民」とみなされるかに関して、ASAPbioでは多くの議論があった。査読済み論文と同じか、二級市民か、両側の立場についてに強力な支持者がいました。あなたはどう思いますか?

そして引用可能性はどうですか?科学者は、進行中の仕事を日常的に共有し、会議で発表するときにコミュニティからのフィードバックを受け取ります。そこには異論も反論もない。これらの会話は、一般的に引用可能ではなく、それは全く問題とはみなされていません。もしプレプリントの目標が本当に、これらと同様、進行中の仕事を共有し、フィードバックを得るためであるならば、なぜプレプリントを引用可能にする必要があるのでしょうか?科学者が原稿を投稿し、他の科学者が読んだりコメントしたりすることができるプラットホームを持つ、それだけが目的なのでしょうか。引用可能性さえなければ、裏口から信頼性に忍び寄る疑似記事になろうとすることは無いのではないでしょうか。引用可能でないプレプリントの問題は何でしょうか?

5. プレプリントサーバー上の論文は優先権主張を設定しますか?

著者がプレプリントサーバーに仕事を置きたいという要求のかなりの部分は、ある種のスクープ保護を得たいという欲望から生じます。このことは、多くの生物学者がこのようにプレプリントを見ていることを意味しているのでしょうか?そして、もしあなたが優先権を主張する欲望からプレプリントを出すなら、他人のプレプリントはあなたを出し抜くと考えてもいいでしょうか?我々編集者は、新しく投稿された論文を評価する際に、既存の文献と同様にプレプリントを考えるべきでしょうか?

  • ピアレビューの重要性を提唱しつつ、ピアレビューされていない科学の普及と促進を奨励するにはどうしたらいいか?

世界中の科学者はへとへとになるまで頑張って、ピアレビュー、証拠、知的厳密性、信頼性が科学のコミュニティにとって重要であることを非科学者、特に政策決定者に理解してもらおうと努力しています。一般の人は、擬似科学的なナンセンスは、多くの場合慎重にパッケージ化され、巧みに売られているもの、に裏切られています。Ask For EvidenceやSense about Scienceのようなプログラムは、被害を抑え、一般の人々にピアレビューの重要性を教えています。
プレプリントサーバーはこれらの取り組みにどのような影響を与えるでしょうか?どのようなメッセージをプレプリントサーバーが一般の人々や政策立案者にに伝えるでしょうか?査読されていない仕事を警告バーナーの下に置き、誰もが細かい印刷物を理解(または読む)していると想定すれば十分でしょうか?もし私たちのコミュニティの誰かが、ピアレビューされていない発見を共有し、引用し、普及することを熱望している場合は、ピアレビューをやめてしまえばいいのでしょうか?

  • .論文がレビューに回った後、プレプリントサーバーに論文を投稿することは適切ですか?

もしそうであれば、プレプリントに投稿されたコメント(肯定的および否定的)は、編集者の決定の要因になるべきでしょうか?コメントは誰から来るのか(共著者やコンペティター)は重要でしょうか?記事がすでに利用可能な場合、ピアレビューや、出版するかどうかを緊急に決定しなければいけない理由は何ですか?査読者は、プレプリントが投稿されたとき、時間の都合で審査を辞退することを正当化する可能性がありますか?

  • プレプリントサーバーが解決しようとしている問題は何ですか?

生物学者がプレプリント出版というアイデアを考えるモチベーションとなりうる課題がいくつかあります。大きな問題は、ピアレビュープロセスが長引くことがあり、正当な理由の時もあれば(ピアレビュー担当者が何ヶ月もかかる重要な実験や改訂を推奨する)、そうでないかもしれない場合もあります(ピアレビューアが足を引っ張ったり、著者に不合理な要求をするなど)。
このプロセスでは、論文はある意味では「グリッド外」になっています。著者は、論文がプライムタイムの放送に向けて準備が整っていると判断しましたが、レビュー担当者はまだ同意していませんし、その間に誰も会話に参加していないようです。ピアレビュープロセス、特に編集基準の厳しい雑誌では、元の投稿にさらなる作業が必要な場合は数ヵ月かかることがあり、中でも少人数のコメントに徹底的なフィードバックを限定しているようです。つまり、編集者や査読者の期待(PLoS ONEは健全な科学に焦点を当てている)や速報の出版オプションがある場所など、さまざまな雑誌があります(場合によっては2週間の短縮提出と出版の間)。
しかしスピードが主な動機であり、コミュニティがピアレビューの重要性を依然として支持しているならば、プレビューでサイドステップを踏むのではなくピアレビューをスピードアップする他の解決策があるのではないでしょうか。例として、Cell Pressが現在のZikaの危機解決について最大の貢献をするためにどうすべきかについてを議論していたとき、Wellcome TrustはZikaウイルスに関するすべてのコンテンツのアクセスを無料にし、プレプリントサーバー上のピアレビューされていないコンテンツの配布を推奨すべきだとする声明を発表しました。我々は、人間の健康に直接的な影響を及ぼす可能性のある非ピアレビュー研究における信頼を促進する社会的責任について心配し、Wellcome Trust宣言に署名しないことを選択した。
代わりに、2月17日に、Cell PressがZikaに関する論文のピアレビューを加速し、査読者(彼らは全員フィードバックを加速することに喜んで同意しました)と協力し、ピアレビューのスピードを上げるために必要な私たちの側のリソースを提供することで、論文の技術的正当性と情報の緊急性に関する編集上の評価に集中しました。

Zika関連のコンテンツは、公開時点から無料で入手できるようにしています。今日まで、Cell PressジャーナルはZikaの様々な側面に関する9つの論文を発表しており、提出から出版までの平均は27日間です。

6.プレプリントの動機付けは、すべての科学が等しい競技場を作りたいと望んでいますか?

ASAPbioの議論のいくつかは、ジャーナルブランドの覇権と、著者が自分の仕事の重要性と妥当性を判断できるという主張に懸念を示しました。二人以上の参加者は、プレプリントでは、ジャーナル編集者や査読者がそれがそうであると判断したときではなく、論文が準備ができていると著者が感じるときにプレプリントを公開できると述べています。著者が自分の仕事の最良の評価者であることに私たち全員が同意するならば、私は再び尋ねます。科学はピアレビューを必要としていると思いますか?

7.奨学金にはどのような影響がありますか?

引用可能性の問題に関連して、奨学金に関する質問があります。非仮説的なシナリオに耽らせてください。

著者Aは今週セルで論文を発表します。出版されてから3日後、私は怒っている著者Bからのメールを受け取ります。彼女はBioRxivに4か月前に同じような(または反対の)発見と全く同じトピックでプレプリント原稿を投稿し、著者Aは彼女の仕事を引用していません。著者Bは私/セルが著者にプレプリントを引用して修正を公表することを希望します。
著者Bの依頼がJCBで4か月前に出版された論文に関連していて、同じトピックに同じ/矛盾した発見があったとしたら、その答えは簡単でしょう。優れた奨学金とは、結果が関連性のある文献に結びつくことを意味します。確かなものであれ、矛盾しているものであれ、良い出版の基本要件です。だから、著者Aは著者BのJCB論文を引用して訂正を公表しなければならないでしょう。
しかし、BioRxivプレプリントの例に戻ってください。まず、著者Aの帽子をかぶってください。あなたは著者Bのプレプリントを見たことがなく、影響を受けておらず、あなたの発見に先んじたものとしてそれを引用したくありません。あなたは訂正を公表したくありません。あなたはまた、あなたが引用する必要があるすべてのものを最新の状態に保つために、すべての生物学プレプリントサーバをチェックするよう強要されることは望んでいません(そして実際、たくさんの文献のチェックを強要されています。下記参照。)今度はあなたの著者Bの帽子をかぶってください。あなたは引用可能なプレプリントを投稿することが強く推奨されていて(資金元や組織によっては強制される可能性もあります)、優先順位はプレプリントによって確立されるという理解をもっています。生物学におけるプレプリントサーバを備えた世界では、関連するプレプリントを引用するという要件について、あなたの見解、コミュニティの視点は何ですか?著者AとBに対して、私は何を言うでしょうか?

8.生物学のプレプリントサーバーに最適な数はありますか?そしてそれはどのように維持されますか?

生物学のコミュニティが1つの包括的なプレプリントサーバーによって最も良く機能することになるという点についてASAPbioでは一般的な合意がありました(ただし2つの生物学プレプリントサーバーのフロントランナー、BioRxivとPeerJの代表者は、どちらも合併を望んでいないかもしれません)。物理学のarXiv(生物学にも拡大し始めています)を考えてみましょう。
しかし、ASAPbioからわずか数週間のうちに、すでに2,3台のサーバーを立ち上げることについての議論がありました。すべての機関、資金提供団体、出版社が、他の機関よりも優れているか、または異なっている自分のものを求めているようです。生物学におけるプレプリントサーバの拡散は良いことでしょうか?もしそうでなければ、それはどのように拘束され、誰がそれを拘束するのでしょうか?リポジトリ(またはジャーナル)の普及を見ると、間違いなくうまくいっていません。

9.プレプリントサーバーは情報の過負荷を助けるか傷つけますか?

読むべきもの、または追いつくべきことが余りにも多すぎる、ということを、私はいつも科学者から聞いています。ほんの数分前の最近、同僚が研究していることに追いつくために関連するプレプリントを読み、しかもまた出版された論文を読んで、ピアレビューで何が変わり、改善されたのかを確認する必要があると、もし科学者が予想するのであれば、これは状況を悪化させませんか?
もちろんプレプリントを読む必要はないと言うこともできます。しかし、それならなぜこのシステムを作り上げようとしているのでしょうか。科学者は、同僚が得る可能性のあるすべての情報を持っていなければ、競争上の不利益を被る危険性はありませんか?

10.プレプリント用のデータや試薬の共有についてどう予測しますか?

プレプリントの作者は、ほとんどのピアレビュージャーナルの記事のように、自分の仕事を再現し、構築しようとする人に対してデータや試薬を利用させる責任がありますか?もし責任があるなら、誰にコンプライアンスを確実にする責任がありますか?プレプリントに関連して盗作、データ操作、詐欺または著作権侵害の問題が発生した場合、誰が責任を負いますか?プレプリントは引っ込められますか?

 

これらはすべて重要な問題だと思います。私は、プレプリントサーバーが科学的な談話と普及に果たす正当な、あるいは重要な役割を持っていないと言っているわけではありません。私は、それらを使う方法の様々なビジョンの長所および短所に、十分な注意を払っていないと言っています。
私たちは本当にあなたがこれらの質問について何を考えているのか、出版システムから何を求めているのか、皆様と協力して皆様のために役立つ種類のソリューションを構築する方法を知りたいと思います。現時点では、プレプリントのトピックに関する会話を支配している大きな声がいくつかあります。しかし、私たちは、科学に最も役立つアプローチの種類について広く考えており、誰もが耳を傾けたいと考えています。ですので、下のメールまたは***にメールでチャットしてください。

関連記事

  1. トンネル効果が支配する有機化学反応
  2. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現
  3. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー
  4. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  5. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化
  6. Baird芳香族性、初のエネルギー論
  7. 混合原子価による芳香族性
  8. アルケンとニトリルを相互交換する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  2. モリブドプテリン (molybdopterin)
  3. 特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学
  4. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  5. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  6. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算
  7. 階段状分子の作り方
  8. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  9. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より
  10. 100兆分の1秒の極短パルスレーザー光で「化学結合誕生の瞬間」を捉える

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP