[スポンサーリンク]

archives

トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)

鉄を触媒に用いるクロスカップリング反応

Bottaらは,トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III)の存在下,1-ブロモアルキン類と,グリニャール試薬と塩化銅(I)から系中で発生した銅アート錯体とのクロスカップリング反応を報告しています。それによれば,反応生成物として対応するアルキン類が温和な条件下,中~高収率で得られています。この手法は,極めて簡便な内部アルキン合成法として多方面での応用が期待されています。

“Iron-Catalyzed Cross-Coupling between 1-Bromoalkynes and Grignard-Derived Organocuprate Reagents”

D. Castagnolo, M. Botta, Eur. J. Org. Chem. 2010, 3224. DOI: 10.1002/ejoc.201000393

mfig000

The cross-coupling reaction between 6 different alkynyl bromides and Grignard-derived organocuprates catalyzed byFe(acac)3 is reported. A series of alkynylarenes was successfully synthetized. The use of organocopper instead of simple Grignard reagents represents the key factor, which leads the reactions to completition. The present methodology was finally applied in the stereoselective synthesis of combretastatins.

関連記事

  1. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  2. 向山酸化剤
  3. GlycoProfile アジド糖
  4. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  5. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…
  6. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  7. XPhos
  8. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  2. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  3. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  4. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  5. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  6. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  7. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  8. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamivir)
  9. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  10. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP