[スポンサーリンク]

archives

トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)

鉄を触媒に用いるクロスカップリング反応

Bottaらは,トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III)の存在下,1-ブロモアルキン類と,グリニャール試薬と塩化銅(I)から系中で発生した銅アート錯体とのクロスカップリング反応を報告しています。それによれば,反応生成物として対応するアルキン類が温和な条件下,中~高収率で得られています。この手法は,極めて簡便な内部アルキン合成法として多方面での応用が期待されています。

“Iron-Catalyzed Cross-Coupling between 1-Bromoalkynes and Grignard-Derived Organocuprate Reagents”

D. Castagnolo, M. Botta, Eur. J. Org. Chem. 2010, 3224. DOI: 10.1002/ejoc.201000393

mfig000

The cross-coupling reaction between 6 different alkynyl bromides and Grignard-derived organocuprates catalyzed byFe(acac)3 is reported. A series of alkynylarenes was successfully synthetized. The use of organocopper instead of simple Grignard reagents represents the key factor, which leads the reactions to completition. The present methodology was finally applied in the stereoselective synthesis of combretastatins.

関連記事

  1. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】
  2. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  3. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  4. Pubmed, ACS検索
  5. Reaxys無料トライアル実施中!
  6. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  7. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  8. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  2. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  3. 城戸 淳二 Junji Kido
  4. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  5. 元素名と中国語
  6. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到
  7. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ
  8. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  9. 基礎から学ぶ機器分析化学
  10. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP