[スポンサーリンク]

一般的な話題

ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?

breakthrough.png

2013年×月×日、隣の大学のX研究室で大発見がありました。
なんでも溶液を、ある金属の表面を流しながら反応させると、簡単に光学活性中心を導入できるというのです。
表面そのものが触媒として働くので他の触媒は必要なし、副反応もほとんど無し、触媒の分離すら要らないというんですから優れものです。
この発想はこれまで世界には無く、有用で、しかも全く新しい反応で多様な応用展開も期待できることには間違いありません。
X教授はこの手法を「表面フローキラル化法」と名付けました。
 
我らがP研究室の三代前の教授は、金属触媒の大家であり、P研を出たOBは企業・アカデミー共に沢山います。
またP研の助教は馬力があり、片っ端からデータを取り、沢山の論文を書き上げているので、不均一触媒の分野では現在でも名の知れた存在です。しかしながら最近、やることも飽和してきており、あらたな発想が求められています。
ドクター1年生で新たなテーマを模索していたQ君は、X研の発見を聞いて、大変興味を持ちました。そこで自分のボス、P教授に言います。
 
「X研の論文は世界を変えるような気がします。でも彼らはロジウムに拘っています。僕もルテニウムであの表面フローキラル化法を試してみたいと思います。」
 
 
さあ、Q君の運命はどうなるでしょうか?博士課程の学生くらいになると、P教授がQ君に言う言葉が容易に想像できるのではないでしょうか。
恐らくQ君は怒られるでしょう。そしてこの様なことを言われます。
 
「人の研究の後追いをするなんて、研究者としては良くない考えだ。研究者たるもの、オリジナルな研究を志さないでどうする。」
 
「ましてやライバルのX研のテーマをまねするなんて、X教授が聞いたらなんと思うか。Q君、君はミーハーで、人のアイデアにすぐ飛びつくばっかりで、自分のアイデアが何もないヤツだと言われると思わないかい?
この君が考えた研究はうまくいきそうに思っているだろう。もしかしたら論文も出るかも知れない。
しかし、仮に劇的に反応効率を改善する方法を達成したとしても、あくまでX先生のお手伝いでしかない。そんな研究をやっていては、どんなにいいジャーナルに論文を通しても評価されないし、助手までは行けても准教授以上になるのは無理だろう。それにあの方法は反応効率も悪いし、よくなるようにはとても思えない。
研究者を目指す以上は、誰の物でもない、自分の研究と言える柱を一本立てるのが大切だ。確かにあの表面フロー法は面白い。でも君だってもっと面白いオリジナルの研究がきっとできる。自分のオリジナルの研究は、何百年も残る物だよ。それってスゴイと思わないかい?」
 
 
僕は研究者でありながら、実は最近、このP教授の考え方に反対なのです。
(上記の物語は当然ながらフィクションです。)

  • 誰がその研究を発展させるのか

research.png

iPS細胞の研究が、アメリカなどに特許を押さえられ、追い抜かれていて、山中教授が苦戦しているというニュースがしばしば報じられます。アメリカにいる、大量の研究者や企業がiPS細胞の研究に従事しており、
日本の物量ではかなわない面もあるのかも知れません。
 
しかし、「ああ、僕が近い分野の研究者だったらiPS細胞はやらないだろうな」と、僕は感じました。僕が助教レベルであったなら、iPS細胞をやろうとしたときにP教授のようにストップをかけられるだろうな、と思うからです。
もちろんP教授が悪いわけではなく、学生と同様、いやそれ以上に、教授には
 
「オリジナリティーへのプレッシャー」
 
があります。そのために、近い分野で研究している、大きな研究室を持つ教授ほど、iPSの研究はできません。
 
それでは誰がiPSの研究を発展させるのでしょうか?
 
日本の場合、山中先生がやるか、もしくは山中先生と共同研究という形でやるしかありません(この感覚は化学の感覚で、生化学はもっとオープンだと聞いていますし、多少違うかも知れません)。
実際のところ山中教授は、国と交渉して巨大プロジェクトをいくつも立ち上げ、センターを造り、センター長まで務めています。その大局観は立派だと思います。しかし、これは本当に数少ない成功例です。
 
 
  • オリジナリティへのプレッシャー
under pressure.png
 
もしQ教授がアメリカの教授だったなら、山中先生のようにお金が沢山集まり、企業も集まってあっという間に自分達の業績として固めてしまうでしょう。
もちろん、その裏側に、良い成果を奪われる人、オーガナイズがうまくできなくてしぼんでしまうプロジェクトなどもたくさんあるのがアメリカなのかも知れません。
ただ、大発明をうまく自分達の成果にし、実用化までこぎ着ける力はスゴイと感じます。(山中先生は、アメリカ式のやり方を学んでこられたのだと思っています。)
 
一方、中国やインドなどの新興国であれば、そもそもオリジナリティーのある研究をやっている研究室自体が少ないこともあり、簡単に成果が出る分野を見つければ、「オリジナリティーへのプレッシャー」を感じることなく、どんどん参入してきます。そしてたくさん論文が出るでしょう。もちろんノーベル賞などにはなかなか届きませんが、その中で面白い研究成果もたくさん出るに違いありません。
なぜなら、比較的新しい分野で研究を行っているからです。
またそういう新しい分野で出た新しい技術は、自分の名声を上げることは無いものの、世の中の役に立つかもしれません
 
 
もしかしたら日本では、オリジナリティーのある研究を必要以上に尊び、役に立つ研究、研究の発展に関わる仕事を必要以上に卑しく考えていないでしょうか。
その実、准教授などのポストを得るために、教授たちが興味を持つ、
 
「従来からある分野の研究+自分のアイデア」
 
という研究をやるプレッシャーにさらされており、全く新しい分野に飛び込むのが難しくなっているのではないでしょうか。
この「オリジナリティーへのプレッシャー」が、日本のノーベル賞を支えている部分でもあり、難しいところではあるのですが・・・
 
中国型に移行する必要はないでしょう。
しかし、アメリカのように、真のオリジナリティーがある、全く新しい分野に挑む研究者に十分報いられていないと、どんなにオリジナリティーを求められていても、
いや「短期間でオリジナルな研究を、成功させないとならない」ために、かえって新しいことがしにくい場合もあるのではないか、と感じました。
 
以上、ホントのつぶやきでした。
 
さて、先日出た結晶スポンジ技術、真似をするのはとても簡単そうに見えます(実際には難しいところがあると思いますが)。また応用分野も広いように見えます。この研究はどこの国で発展するでしょうか?
日本オリジナルのこの技術、日本で発展して欲しいものですね。
 
The following two tabs change content below.
大学教員

関連記事

  1. スタチンのふるさとを訪ねて
  2. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  3. 研究者よ景色を描け!
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  5. 原子量に捧げる詩
  6. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講…
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  8. CRISPRの謎

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  2. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  3. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan
  4. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  5. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  6. 第32回生体分子科学討論会 
  7. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  8. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  9. フラーレンの単官能基化
  10. なぜあなたは論文が書けないのか

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP