[スポンサーリンク]

一般的な話題

採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば

[スポンサーリンク]

 

今回は就活に関するつぶやきです。それも企業の面接担当の方へのお願いです。

お願いはひとつだけ。
企業の採用面接で

「今年の日本化学会では発表をしますか?どんな発表ですか?」

という質問をしてみて頂けませんか?

現実の就職活動においては、修士課程1年生(M1)の学生は様々な情報、デマに流されます。
就職試験は実は10月から始まっているとか、どこどこの企業はエントリーシートをもう締め切ったとか、50社エントリーシートを出しても落ちるやつがいるとか、エントリー開始から1時間後にはもう締め切られるとか、もう誰それは内々定をもらったとか、本当にさまざまな噂が出回ります。しかもそれらの情報の一部は真実です。

企業の人事の方のほとんどは大学の研究活動に配慮して下さっており頭の下がる思いですが、一部のそういった企業やあらぬうわさに学生は振り回されてしまいます。
噂というのは不思議なもので、大概は「誰それは裏ワザを見つけたので楽に就職が決まった」
という形をとっています。一種の願望が混ざっているのかもしれません。恐らく、ほとんどの就活生(理系)にとっては
「裏ワザでごまかそうとしてもうまくいかず、これまで頑張ってきた四年間の勉強や、研究室での実験の実績、もしくはこれまで研究室を築いてきた諸先輩や人脈、学歴のおかげでうまくいった」
というのが真実なはずです。

研究室の諸先輩や学歴というのはつまるところ諸先輩方ががんばって研究をしてきた実績と信頼ということで、要するにほとんどの研究室においては、目の前の研究をがんばると就活がうまくいく

ということなのだと思いますが、
逆に、「この間JACSに通った、といったらあっさり採用が決まった」
とかいう、我々からしたらうれしい噂はあまり流れません。

そこで私の立場から企業にお願いしたいのが、冒頭の「今年の日本化学会では発表をしますか?どんな発表ですか?」という質問です。この質問は、学生にいくつかのよい影響を与えると考えます。

1. 企業は、目の前にある仕事を大切にする人を欲しがっている

 

就活は本当に大変と思います。そのため、M1の秋から研究活動に支障が出始め、日本化学会の年会にM1が全く参加しない、という研究室もいくつもあります。
しかし、口先だけの「面接の練習」を確認するような一般的な質問や「うちの会社のどこがきにいったか」などという質問よりも、

「今目の前にある研究をどれだけ大切にしているか」を聞いてもらえば、将来、会社でも目の前の仕事をしてくれるかどうか想像がつきそうではないでしょうか。ましてや社会人になれば、子供や介護を抱えながら働かなければならないこともありえます。就活をしながらでもちゃんと実験をこなせるかどうかというのは企業から見ても重要な指標になりうるのではないでしょうか。

2. 研究ができる人を、企業もとりたい

 

大学の研究の目的は企業と違いすぐに役に立つ内容では無いかもしれません。しかし実験をし、学会発表をこなし、ましてや論文を書き上げるという研究プロセスは決して容易なことではありません。M1の学生は研究室に入って2年弱という短い期間しか研究をしていません。学会発表するためには新しいテーマに早くなじみ、よく考えたうえで、実験をこなし、周りと協調し上司とうまくコミニュケーションが取れなければ不可能です。研究内容よりもこの「仕事をこなすことができたという実績」を考えれば、企業で働けるかどうかの重要な指標になりうるのではないでしょうか。いや、学生の能力を測るのにこれ以上のテストはないのではないかと思います。

 

3、企業は良い意味での成果主義で、コネ・コミュ力以外に大切なものがある

 

最近の就活は、コミュ力命、という印象を学生に与えています。しかし、研究者としてそんな人ばっかり欲しいわけではないと思います。

目の前の仕事で着実に成果を出すこと、これこそ企業が求めていることで、目の前にある研究をこなし、まとめることで人生が拓けるのであれば、それは学生へのいいメッセージになります。

「今年の日本化学会では発表をしますか?どんな発表ですか?」

と聞くだけで、その学生は、「口先だけでうまいこと言って、目の前の実験はサボればいいや。不安だし」と考えている学生か、それとも「就活は大切だし、研究も大切だから、両方をこなしてやる!」と考えている学生かが明らかになるのです。学生の口先よりも実績が大切だ、努力できる奴が幸せになる、そういう就職活動の流れを作れれば、学生も研究に集中して実力をつけることができますし、大学教員にとっては学生の研究力をつけること=いい学生を集めること=研究成果を挙げることなりえます。さらに企業としても、研究により成果を出した学生、というペーパーテストよりもはるかに仕事力がわかる指標をえられるという、win-winが成り立つように思います。どうでしょう。大学人のためと思って、この春には一つ「今年の日本化学会では発表をしますか?どんな発表ですか?」という一言を、面接時に加えて頂けませんか?さらにその先には、M1の就活までに英語論文の投稿をすると就職が楽になるというところまでいくと、まさに私たち大学の人間には、そして日本のアカデミーの競争力のためには最高なんですが。。。

 

関連書籍

関連記事

  1. 2015年ケムステ人気記事ランキング
  2. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る
  3. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ
  4. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  5. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  6. お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テク…
  7. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  8. Nature Reviews Chemistry創刊!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  2. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  3. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック
  4. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  5. 熊田 誠 Makoto Kumada
  6. すべてがFになる
  7. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
  8. 米メルク、業績低迷長期化へ
  9. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  10. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP