[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

spectol21

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

  1. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

    第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひろし)先生にお願いしました。山本研究室はパイ共役有機低分子・高分子や生体分子からなる超分子ナノ構造体等の様々な分子集合体の機能に注目…

  2. 第44回「100%の効率を目指せば、誤魔化しのないサイエンスが見える」安達千波矢教授

    第44回の研究者のインタビューは、九州大学大学院 工学研究院 応用化学部門 / 最先端有機光エレクト…

  3. 第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

    ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

  4. 細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

    第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

  5. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子

    第270回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院理学研究科 化学専攻 集合有機分子機能研究室 修…

  6. 理系ライターは研究紹介記事をどうやって書いているか

  7. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい – 高橋 雅英 教授

  8. 高橋 雅英 Takahashi Masahide

  9. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi

  10. 中西 和樹 Nakanishi Kazuki

  11. 第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

  12. 高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

  13. 細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

  14. ケムステSlack、開設一周年!

  15. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで

  16. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  2. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  3. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  4. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  5. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  6. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  7. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuster/Rupe Rearrangement

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

PAGE TOP