[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

spectol21

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

  1. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授

    第47回目の研究者インタビューです! 今回は第15回ケムステVシンポの講演者の一人、東京工業大学前田 和彦 先生にお願いしました。専門は無機合成化学で、機能性無機化合物、特に光を用いた物質変換材料について幅広く研究されています。興味がある方…

  2. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

    前田 和彦(MAEDA Kazuhiko)は、無機固体化学、ナノ材料、光触媒、光電気化学を専門とする…

  3. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama

    陰山 洋(KAGEYAMA Hiroshi, 1969年4月16日 - )は、日本の固体化学者である…

  4. 第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

    第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

  5. 2020年の人気記事執筆者からのコメント全文を紹介

    あけましておめでとうございます。皆さんはどんなふうに新年をむかえましたか?新型コロナや大寒波が猛威を…

  6. ケムステV年末ライブ & V忘年会2020を開催します!

  7. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

  8. 第44回「100%の効率を目指せば、誤魔化しのないサイエンスが見える」安達千波矢教授

  9. 第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

  10. 細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

  11. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子

  12. 理系ライターは研究紹介記事をどうやって書いているか

  13. 第43回「はっ!」と気づいたときの喜びを味わい続けたい – 高橋 雅英 教授

  14. 高橋 雅英 Takahashi Masahide

  15. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi

  16. 中西 和樹 Nakanishi Kazuki

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  2. アライン種の新しい発生法
  3. 女性科学者の卵を支援―「ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 募集中
  4. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  5. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  6. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!
  7. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成

注目情報

最新記事

ホウ素でがんをやっつける!

「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

広瀬すずさんがTikTok動画に初挑戦!「#AGCチャレンジ」を開始

TikTok For BusinessとAGC株式会社は、AGCをより多くの人に知っていただくことを…

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

PAGE TOP