[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

spectol21

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

  1. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

    第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんにお願いしました。石井研究室では、こだわり抜いた光電子分光装置などを駆使して有機ELなどをはじめとした分子エレクトロニクスを理学・工学…

  2. 第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告

    動画を編集し公開しました(6月1日)。講演動画はこちら(ケムステチャンネルへの登録をよろしくお願いい…

  3. 第二回ケムステVシンポジウム「光化学へようこそ!~ 分子と光が織りなす機能性材料の新展開 ~」を開催します!

    本シンポジウムは好評の後終了しました。開催報告はこちら。また、動画を編集し公開しました(6月1日)。…

  4. 100兆分の1秒の極短パルスレーザー光で「化学結合誕生の瞬間」を捉える

    第259回のスポットライトリサーチは、理化学研究所田原分子分光研究室で研究員をされていた倉持 光(く…

  5. 青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

    第250回のスポットライトリサーチは、北海道大学 長谷川研究室 特任講師の北川裕一(きたがわ ゆうい…

  6. 対称性に着目したモデルに基づいてナノ物質の周期律を発見

  7. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

  8. 葉緑素だけが集積したナノシート

  9. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

  10. 超高速X線分光が拓く原子レベルの分子動画観測

  11. アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

  12. 赤外光で分子の結合を切る!

  13. 新形式の芳香族化合物を目指して~反芳香族シクロファンにおける三次元芳香族性の発現~

  14. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明

  15. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

  16. 電流励起による“選択的”三重項励起状態の生成!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  2. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  3. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  4. 印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益
  5. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  6. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発
  7. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP