[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

[スポンサーリンク]

こんにちは、Spectol21です!

ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者としての原点として紹介されていた「ロウソクの科学」という本をご存じの方はそれなりにいらっしゃるかもしれません。今回紹介するこちらの本は、それをより読みやすく、さらに動画も交えて興味深く紹介しているものです。発売ほぼ直後に早速買って読んだのですが、内容が素晴らしく、一人でも多くの方に読んでほしいと思える本でした!

概要

1本のロウソクを使ったさまざまな実験をつうじて,身のまわりの科学と自然現象を子どもたちに伝えようとした天才科学者ファラデー.有名な電磁誘導の発見以外にも電気モーターの発明や,ベンゼンの発見,半導体現象の発見など,現代の私たちの暮らしを一変させる基本原理をみつけた偉大な科学者だ.もしもファラデーがいなかったら,この世の中はまったくちがったものになっていたかもしれない.
本書に掲載しているさまざまな再現実験は,二次元コードで動画をすぐに見られる.知的好奇心をくすぐる1冊.

(引用元:化学同人HP

対象者

誰でも。子どもから大人まで、誰でも楽しめる内容になっていると思います。文系の方には身近な生活に科学が関わっていることに目を向けるきっかけになること疑いなしです。理系の方にとっては、分野問わずファラデーの考え方に触れることは間違いなく良い影響を受けられると思います。子どもにとっても、自由研究のネタになるような実験が動画も含めて紹介されています。つまり、一人でも多くの方に、心からオススメできます!

内容と感想

以下の4パートからなっている本です。雰囲気を感じていただけるように、特に楽しかったパート4は内約も載せました!

目次

パート1 ファラデーってどんな人?
パート2 ファラデーとその発明・発見:現代にどう影響しているか
パート3 ファラデーと彼をとりまく科学者たち
パート4 実験「ロウソクの科学」の感動を再現する
【1日目】 ロウソクは、なぜ燃えるのだろうか? 炎・・・燃料になるもの、炎の構造、移動性、明るさ
【2日目】 ロウソクは、なぜ輝くのだろうか? 光・・・空気が必要、水の生成
【3日目】 燃えてできるのは水だ!! 燃焼の産物・・・水の性質、化合物、水素
【4日目】 水素もできる 水をつくる2つの元素・・・水素と酸素
【5日目】 空気のなかには窒素もある 空気の性質とロウソクのほかの成分
【6日目】 二酸化炭素が発生する 呼吸とロウソクの燃焼、そして光合成

結論から言うと、僕は心の底からこの本が好きになりました。この時代に出版してくださって、本当にありがとうございました。以下に、特に感銘を受けた点をいくつか紹介します。

推しポイントその1:身近なところから好奇心を引き出す工夫がたくさん!

科学の基本は身近な現象の観察から、というのを改めて感じさせてもらえました。ニュートンがリンゴが落ちるのを見て重量のことを考えたのは有名ですが、それに匹敵する話だと思います。ロウソクをめぐる観察と簡単な実験から、ここまで広く化学の洞察に繋がるのかというのにはいたく感心しました。

また、ロウソクの話にとどまらず、好奇心をくすぐる科学の紹介や実験動画の紹介がふんだんに含まれています。例えば非接触ICカードの原理を使ってLEDを光らせる一円玉を十円玉で電池を作ろうなど、身近なものでできる意外な科学実験も紹介されています。

推しポイントその2:ファラデーという人物の魅力がこれでもかというくらい紹介されている!

もともとすごい人なのはもちろん知っていたのですが、科学に対する情熱や、科学に対する考え方やスタンス全般に関しても感銘を受けました。特に、もともと貧しい家庭に生まれ、普通にしてたら科学を学ぶなんて許されない環境にいたにもかかわらず、製本屋に住み込みで働きながら好奇心のままに本をたくさん読んでチャンスを掴んだところや、あれだけ科学者として大成しておきながら市民講座にも極めて精力的に活動しているあたり、本当にすごいと改めて思いました。

実験ノートが論文の下書きとなっている、など、研究者としても参考になるところがたくさん…! もしファラデーの時代にノーベル賞があったら、ファラデーは6回は取っていただろうというのも納得のエピソード満載です。

推しポイントその3:動画が豊富!!

上でも一部紹介しましたが、本の中で紹介されている27本もの動画がすべてYouTubeで見ることができるようになっています。一つ一つの動画もコンパクトにまとまっており見やすいです。自分でもやってみたくなる実験もたくさんでした! ファラデーの実験講座「ロウソクの科学」を追体験できる構成になっています。よく考えられた流れになっていて、そのまんま大学の授業でも使ってみたいレベルです。ロウソクで燃えているのは、しろいもやである、など、目から鱗の認識を改めてする方も多いではないかと思います。

ちなみに、誰でもダウンロードできる、科学の偉人年表ポスターも公開されています!

大人も子どもも楽しめる仕掛けが満載の、楽しい一冊であることは疑いないです。家庭でできそうな実験も含まれていますので、夏休みの自由研究的なアクティビティのヒントになるかもしれません。現在の生活が様々な科学に支えられている以上、どんな方も是非一度読んでみていただきたいなと思いました。数百年の時を超えて、ファラデーの情熱を感じることができることでしょう。吉野彰先生が推薦するのも納得です。

ぜひ一冊手元に置いて、現在の私たちの生活がいかに科学の積み重ねの上に成り立っているか、想いを馳せてみませんか?

冒頭の画像は、化学同人HPから引用しました。

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JKJ。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 石谷教授最終講義「人工光合成を目指して」を聴講してみた
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  3. 無保護カルボン酸のラジカル機構による触媒的酸化反応の開発
  4. ユニークな名前を持つ配位子
  5. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  6. 有機化学を俯瞰する -有機化学の誕生から21世紀まで–【後編】
  7. 偏光依存赤外分光でMOF薄膜の配向を明らかに! ~X線を使わない…
  8. 【9月開催】第十一回 マツモトファインケミカル技術セミナー   …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑮:4Kモニターの巻
  3. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  4. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  5. Gilbert Stork最後の?論文
  6. 最近の有機化学注目論文3
  7. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  8. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part II
  9. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  10. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP