[スポンサーリンク]

化学一般

【書評】続続 実験を安全に行うために –失敗事例集–

[スポンサーリンク]

赤い表紙の「実験を安全に行うために」、青い表紙の「続 実験を安全に行うために」と言えば、化学系の学生は誰もが一度は読んだことがあると思います。化学同人から出版されているこのシリーズに、黄色い表紙の新星が登場しました。その名も「続続 実験を安全に行うために –失敗事例集–」!

失敗は成功の元と申しますが、危険を伴うような失敗は成功以前に命に関わることもしばしばです。命あっての物種ですから、先人の失敗は追体験をすることなく、文献で学んでおくのがベストです。本書はそんな失敗事例を網羅した、化学実験におけるタブー集の決定版です。

学生が実験をするとき,実際によくやってしまう失敗事例を集めた本.失敗事例と,それがなぜ起きてしまったかを,イラストと簡潔な説明で示し,さっと読むだけでポイントがわかるようにしている.化学実験を行うすべての学生が,常に注意意識をもてるように手元に置いて持っておきたい1冊.
『実験を安全に行うために』(赤本),『続・実験を安全に行うために』(青本)のシリーズに加え,「黄本」とする.『続・実験を安全に行うために』(青本)と目次を連動させ,青本では手順を,この本では注意点を確認できるようにしている.簡単な確認問題や,ケーススタディを用意し,講義等でも使える.また,索引を充実させ,何に注意すべきかを,すぐに引っ張り出せるよう工夫した.

化学同人ウェブサイトより

目次

1.実験を始める前に  (1-1 実験装備 1-2 実験設備 1-3 論文読解)
2.ガラス器具 (2-1 取り扱い 2-2 洗浄・乾燥 2-3 フラスコ・ビーカー 2-4 容量器 2-5 試薬瓶 2-6 注射器・マイクロシリン ジ 2-7 ピペット 2-8 温度計)
3.ゴム製品 (3-1 ゴム栓・ゴム管 3-2 セプタムラバー)
4.電気器具
5.ガラス細工
6.真空 (6-1 真空ポンプ 6-2 真空計)
7.粉砕
8.加熱 (8-1 加熱手段 8-2 加熱方法)
9.冷却
10.撹拌
11.抽出
12.ろ過
13.乾燥
14.蒸留・濃縮 (14-1 蒸留 14-2 濃縮)
15.再結晶
16.クロマトグラフィー
17.ボンベ
18.試薬 (18-1 酸・アルカリ 18-2 禁水性試薬 18-3 保管・性質 18-4 健康被害 18-5 廃棄)

目次だけを見ると、一般的な有機合成の手順書のようですが、これらすべてが「失敗事例」で占められています。その数、実に 164 例!研究室の日常はたくさんの危険と隣り合わせだということを改めて感じさせられます。
さらに、各事例紹介の合間に、失敗を防ぐためのチェック項目やケーススタディによる対応法の問題が掲載されています。読み物としてだけでなく、一つの事例から化学実験における心構えをしっかりと身につけることができます。

それでは、数ある失敗事例の中から、いくつか身に覚えのあるものを紹介します!

事例紹介 1. ガロン瓶がちぎれて飛んでいった!

続続 実験を安全を行うために –失敗事例集– p.28 より

筆者は、取っ手ではなく首の部分を持ってやらかしたことがあります。実験器具は基本的に両手で支えなければいけませんね。

事例紹介 2. アルゴン雰囲気なのに試薬が発火した!

続続 実験を安全を行うために –失敗事例集– p.108 より

これは未遂で済んだのですが、研究室に配属されたての学生が窒素ボンベと間違えて酸素ボンベからバルーンに気体を入れて、不活性ガス条件が必要な反応を行おうとしていました。ボンベの色の違いをしっかり教えていないと、彼らには違いが分からない可能性もあります。新人の監督はしっかりすべきだと改めて思い知らされました。

事例紹介 3. 病院でもらった薬で悪化した!

続続 実験を安全を行うために –失敗事例集– p.121 より

薬傷に対する医師の知識は、汎用される酸・アルカリ・腐食性物質くらいで、DCC によるアレルギー症などに対応してもらえるかは分かりません。白衣は腕まくりせず、怪しい試薬は手袋をして取り扱うという、基本中の基本を忘れてはなりません。

感想

有機合成系のラボに所属する学生・院生・教員や、化学系企業所属の方など、あらゆる化学研究者がぜひ1人1冊常備しておきたい良書です。特に、学部・修士学生の実験を現場で指導する博士課程学生やポスドク、助教の先生方などにはぜひ全編熟読して、ケーススタディも含めて学ぶことを推奨します。実験における「失敗知識」は、どうしても秘匿したがるものです。しかし、「あるある」な失敗の一つも研究室に配属されたての学生は当然知っているはずもなく、しっかり監督していれば防げる事故事例が多く発生しているのも現状です。失敗知識こそ、すべてのラボで共有されるべき財産ではないかと思います。

1つの重大事故の裏には、29件の軽微な事故があり、300件のヒヤリハット事例があるとするハインリヒの法則を考えると、本書のような失敗事例集に掲載される事象の背景には、膨大な未遂事例が存在していると考えられます。特に「慣れ」は恐ろしいもので、実験に慣れたつもりでいる M1 の1月くらいの修士課程学生がヒヤヒヤする作業を行なっていることもしばしば見受けられます。本書を読んでおくと、学生たちがどんな失敗を犯しやすいかイメージすることができ、また自身への戒めともなります。なんと本書は定価 1100円 (税込・令和4年現在) とお手頃もお手頃なので、ラボに配属された学生へ、赤本・青本と一緒にプレゼントしても良いのではないかと思います。既に教科書として採用している教育機関も複数あるようです。手引書の新たなゴールデンスタンダートとして、ぜひ本棚に加えてください!

関連書籍

赤本・青本のほかに、こんな書籍も発売されています!実験の安全対策に、各自揃えておきたいですね。

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  2. ウォーレン有機化学
  3. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル
  4. 麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ
  5. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  6. English for Writing Research Pap…
  7. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  8. 【書籍】新版 元素の小辞典

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発表!
  2. 「新規高活性アルコール酸化触媒 nor-AZADOの有用性」 第1回 Wako 有機合成セミナー オンデマンド配信を開始! 富士フイルム和光純薬
  3. 福山透 Tohru Fukuyama
  4. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  7. 糸状菌から新たなフラボノイド生合成システムを発見
  8. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  9. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成
  10. ジョージ・クラフォード M. George Craford

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP