[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA

[スポンサーリンク]

ジェムザール?ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米食品医薬品局(FDA)は12日、米バイオ医薬品会社、OSIファーマシューティカルズ (Nasdaq:OSIP)の「タルセバ」(一般名:エルロチ二ブ)を服用したすい臓がん患者における全般生存率のわずかな増加はリスクを上回らない可能性があると述べた。

これを受けOSI株は下落。12日終値は前週末比1.56ドル(4.83%)安の30.74ドル。

 OSIは、これまで治療を受けたことのない進行性すい臓がん患者、および手術で摘出できないすい臓がんを持つ患者におけるタルセバと化学療法薬、塩酸ゲムシタビン(一般名)の併用投与の適応症でFDAに医薬品承認事項変更申請(sNDA)を提出している。塩酸ゲムシタビンは米製薬大手のイーライ・リリー (NYSE:LLY)が「ジェムザール」という商品名で販売している。(引用:日本経済新聞
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  2. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  3. 光触媒で抗菌・消臭 医療用制服、商品化へ 豊田通商 万博採用を機…
  4. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  5. 分子素子の働き せっけんで確認
  6. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  7. 「さびない鉄」産業界熱視線
  8. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニセ試薬のサプライチェーン
  2. alreadyの使い方
  3. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  4. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  5. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  6. 医薬品の黄金世代到来?
  7. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故
  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis
  9. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウムクロリド / 3-Benzyl-5-(2-hydroxyethyl)-4-methylthiazolium Chloride
  10. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP