[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA

ジェムザール?ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米食品医薬品局(FDA)は12日、米バイオ医薬品会社、OSIファーマシューティカルズ (Nasdaq:OSIP)の「タルセバ」(一般名:エルロチ二ブ)を服用したすい臓がん患者における全般生存率のわずかな増加はリスクを上回らない可能性があると述べた。

これを受けOSI株は下落。12日終値は前週末比1.56ドル(4.83%)安の30.74ドル。

 OSIは、これまで治療を受けたことのない進行性すい臓がん患者、および手術で摘出できないすい臓がんを持つ患者におけるタルセバと化学療法薬、塩酸ゲムシタビン(一般名)の併用投与の適応症でFDAに医薬品承認事項変更申請(sNDA)を提出している。塩酸ゲムシタビンは米製薬大手のイーライ・リリー (NYSE:LLY)が「ジェムザール」という商品名で販売している。(引用:日本経済新聞
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2011-化学
  2. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  3. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  4. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  5. MUKAIYAMA AWARD講演会
  6. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  7. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  8. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  2. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  3. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  4. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  5. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing
  6. ノッド因子 (Nod factor)
  7. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  9. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis
  10. バイエルワークショップ Bayer Synthetic Organic Chemistry Workshop 2017

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP