[スポンサーリンク]


ケムステニュース分析機器

  1. 200MHzのNMRが持ち歩けるって本当!?

    理化学研究所株式会社 JEOL RESONANCEイムラ・ジャパン株式会社の共同研究グループは高分解能ポータブルNMR(200 MHz)の開発に成功した。既存の卓上NMRの中で最高磁場であり、持ち運びも容易なハイスペック…

  2. 新型卓上NMR Spinsolve 90 が販売開始

    Magritek社より新製品Spinsolve 90が発売開始しました。従来のSpinsolve f…

  3. 浜松ホトニクス、ヘッド分離型テラヘルツ波分光分析装置を開発

    浜松ホトニクスは従来製品の光学設計を一から見直すことで、測定部を分離した「ハンディプローブ テラヘル…

  4. 医療用酸素と工業用酸素の違い

     スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

  5. Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

    In multistep continuous flow chemistry, studying c…

  6. 炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

  7. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現

  8. 偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される

  9. 合成化学者のための固体DNP-NMR

  10. マスクの効果を実験的に証明した動画がYoutubeに公開

  11. 住友化学、イスラエルのスタートアップ企業へ出資 ~においセンサーを活用した新規ヘルスケア事業の創出~

  12. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化

  13. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

  14. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

  15. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

  16. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 令和元年度 のPRTR データが公表~第一種指定化学物質の排出量・移動量の集計結果~
  2. 「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3
  3. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  4. ペロブスカイト太陽電池が直面する現実
  5. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル
  6. 「ラブ・ケミストリー」の著者にインタビューしました。
  7. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン

注目情報

最新記事

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】

2022.5.21 追記: 問3の構造式を再度訂正しました。2022.5.2…

PAGE TOP