[スポンサーリンク]


ケムステニュース分析機器

  1. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化

    浜松ホトニクスは、長年培った化合物光半導体の製造技術により、特定の有害物質の使用を制限する欧州連合(以下 EU)の RoHS(ローズ)指令の制限物質である水銀(Hg)とカドミウム(Cd)を含まず、波長 14.3 マイクロメートル(以下 μm…

  2. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

     まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

  3. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

    冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導材料の低温研究から医療機器や半導体製造まで、幅広く使われているヘリ…

  4. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

    島津製作所が10日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比9・0%増の325億円だった。液…

  5. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

    金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田…

  6. ヘリウム不足再び?

  7. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  8. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

  9. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

  10. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

  11. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開

  12. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用

  13. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功

  14. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調

  15. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発

  16. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 実験ノートの字について
  2. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide
  3. 生体共役反応 Bioconjugation
  4. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  5. 化学と株価
  6. マイケル付加 Michael Addition
  7. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP