[スポンサーリンク]


ケムステニュース分析機器

  1. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

    金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田一輝助教らの研究グループが、フィンランドAalto大学の研究グループと共同で、従来の約50倍の速度で液中原子分解能観察が可能な高速周波数変調…

  2. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  3. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

    日本電子株式会社のNMR装置「NMR spectrometer Z」が、このたび2016年度グッドデ…

  4. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

     NEDOの「固体高分子形燃料電池実用化推技術開発」において、国立大学法人電…

  5. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

    一部ウエブ上で話題になっていた、卓上NMRがついに日本に上陸しました!pic…

  6. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

  7. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開

  8. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用

  9. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功

  10. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調

  11. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発

  12. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発

  13. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発

  14. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発

  15. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発

  16. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. (+)-ゴニオトキシンの全合成
  2. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  3. 結晶世界のウェイトリフティング
  4. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  5. ジェームス・ツアー James M. Tour
  6. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  7. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

PAGE TOP