[スポンサーリンク]


ケムステニュース分析機器

  1. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

    金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田一輝助教らの研究グループが、フィンランドAalto大学の研究グループと共同で、従来の約50倍の速度で液中原子分解能観察が可能な高速周波数変調…

  2. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  3. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

    日本電子株式会社のNMR装置「NMR spectrometer Z」が、このたび2016年度グッドデ…

  4. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

     NEDOの「固体高分子形燃料電池実用化推技術開発」において、国立大学法人電…

  5. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

    一部ウエブ上で話題になっていた、卓上NMRがついに日本に上陸しました!pic…

  6. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

  7. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開

  8. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用

  9. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功

  10. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調

  11. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発

  12. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発

  13. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発

  14. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発

  15. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発

  16. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate
  2. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  3. サントリー白州蒸溜所
  4. 森謙治 Kenji Mori
  5. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法
  6. 化学にインスパイアされたジュエリー
  7. 炭素をBNに置き換えると…

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

PAGE TOP