[スポンサーリンク]


ケムステニュース分析機器

  1. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化

    浜松ホトニクスは、長年培った化合物光半導体の製造技術により、特定の有害物質の使用を制限する欧州連合(以下 EU)の RoHS(ローズ)指令の制限物質である水銀(Hg)とカドミウム(Cd)を含まず、波長 14.3 マイクロメートル(以下 μm…

  2. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

     まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

  3. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート

    冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導材料の低温研究から医療機器や半導体製造まで、幅広く使われているヘリ…

  4. 島津製作所、純利益325億円 過去最高、4年連続で更新

    島津製作所が10日発表した2019年3月期連結決算は、純利益が前期比9・0%増の325億円だった。液…

  5. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

    金沢大学は、同大学理工研究域電子情報学系の福間剛士教授と理工研究域バイオAFM先端研究センターの宮田…

  6. ヘリウム不足再び?

  7. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  8. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

  9. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始

  10. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製

  11. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開

  12. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用

  13. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功

  14. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調

  15. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発

  16. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part IV
  2. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  3. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  4. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  5. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore
  6. メソポーラスシリカ(1)
  7. 粘土に挟まれた有機化合物は…?

注目情報

最新記事

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

PAGE TOP