[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カルボプラチン /carboplatin

carboplatin.gif 

カルボプラチン(carboplatin)は白金製剤の一種で、抗がん剤として使用される。

  • 用途・歴史

 

シスプラチンと同様の作用機序にて抗がん作用を示す。シスプラチンに比べて副作用の少なさなどの面で優れている。

  • 合成法

 

  • 関連文献

 

  • 関連リンク

カルボプラチン – Wikipedia

carboplatin – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. モリブドプテリン (molybdopterin)
  2. コランニュレン corannulene
  3. シクロクラビン cycloclavine
  4. フタロシアニン phthalocyanine
  5. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  6. ククルビットウリル Cucurbituril
  7. ミック因子 (Myc factor)
  8. カプロラクタム (caprolactam)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授
  2. ピンナ酸の不斉全合成
  3. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit
  4. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement
  5. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った!
  6. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  7. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  8. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  9. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  10. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP