[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カルボプラチン /carboplatin

carboplatin.gif 

カルボプラチン(carboplatin)は白金製剤の一種で、抗がん剤として使用される。

  • 用途・歴史

 

シスプラチンと同様の作用機序にて抗がん作用を示す。シスプラチンに比べて副作用の少なさなどの面で優れている。

  • 合成法

 

  • 関連文献

 

  • 関連リンク

カルボプラチン – Wikipedia

carboplatin – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スピノシン Spinosyn
  2. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  3. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  4. アントシアニン / anthocyanin
  5. オリンピセン (olympicene)
  6. ヘキサン (hexane)
  7. キセノン (xenon; Xe)
  8. ノビリシチンA Nobilisitine A

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)
  2. 分子素子の働き せっけんで確認
  3. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  4. キャロル転位 Carroll Rearrangement
  5. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  6. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  7. Nature Chemistry:Research Highlight
  8. エッフェル塔
  9. メルドラム酸:Meldrum’s Acid
  10. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP