[スポンサーリンク]


ケムステニュースノーベル賞

  1. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

    人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州のハーバード大学で12日行われ、自らの子供3人も含む5歳児の1日当たりの総唾液分泌量を数年がかりの研究で突き止めた明海大学保健医療学部の渡部茂…

  2. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表

    米国の情報提供会社トムソン・ロイター(本社・ニューヨーク)は24日、今年のノーベル賞の有力候補2…

  3. ノーベル化学賞・下村さん帰国

     ノーベル化学賞を受賞した米国在住の下村脩・米ボストン大名誉教授(80)が17日、少年時代を過ご…

  4. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に

    スウェーデン王立科学アカデミーは8日、08年のノーベル化学賞を下村脩・米ボストン…

  5. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表

    2007年ノーベル賞受賞者発表に先立ち、トムソンはノーベル賞受賞の可能性のある研究者として、2007…

  6. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演

  7. アラン・マクダイアミッド氏死去

  8. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

  9. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者

  10. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  2. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  3. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  4. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  5. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  6. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  7. 甲種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

PAGE TOP