[スポンサーリンク]


ケムステニュースノーベル賞

  1. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表

    米国の情報提供会社トムソン・ロイター(本社・ニューヨーク)は24日、今年のノーベル賞の有力候補25人を発表した。(引用:YOMIURI ONLINE)今年もノーベル賞のシーズンです。気になるノーベル化学賞は、日本時間2009年10月…

  2. ノーベル化学賞・下村さん帰国

     ノーベル化学賞を受賞した米国在住の下村脩・米ボストン大名誉教授(80)が17日、少年時代を過ご…

  3. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に

    スウェーデン王立科学アカデミーは8日、08年のノーベル化学賞を下村脩・米ボストン…

  4. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表

    2007年ノーベル賞受賞者発表に先立ち、トムソンはノーベル賞受賞の可能性のある研究者として、2007…

  5. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演

     親子2代でノーベル賞を受けた米国のアーサー・コーンバーグ博士(89)とロジャー・コーンバーグ博士(…

  6. アラン・マクダイアミッド氏死去

  7. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表

  8. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者

  9. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  2. 集積型金属錯体
  3. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  4. アダム・コーエン Adam E. Cohen
  5. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  6. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  7. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

PAGE TOP