[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アラン・マクダイアミッド氏死去

ニュージーランド通信によると、7日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの自宅で死去、79歳。白血病を患っていたという。

 ニュージーランド北島のマスタートン生まれ。首都ウェリントンのビクトリア大で学んだ後、米ペンシルベニア大などで研究を続け、米国籍も取得した。

 ポリアセチレンを開発した白川英樹・筑波大名誉教授とペンシルベニア大で共同研究。白川氏ら2人とともに「導電性高分子の発見と発展」で2000年のノーベル化学賞を共同受賞した(引用:北海道新聞)。

 

マクダイアミッド教授(ペンシルベニア大)がいなければ、白川名誉教授のノーベル化学賞受賞もなかったことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 金大発『新薬』世界デビュー
  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】
  3. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  4. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  5. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  6. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  7. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  8. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  2. とある社長の提言について ~日本合成ゴムとJSR~
  3. メンデレーエフ空港
  4. 学振申請書の書き方とコツ
  5. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授
  6. 加熱✕情熱!マイクロ波合成装置「ミューリアクター」四国計測工業
  7. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  8. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  9. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  10. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP