[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アラン・マクダイアミッド氏死去

ニュージーランド通信によると、7日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの自宅で死去、79歳。白血病を患っていたという。

 ニュージーランド北島のマスタートン生まれ。首都ウェリントンのビクトリア大で学んだ後、米ペンシルベニア大などで研究を続け、米国籍も取得した。

 ポリアセチレンを開発した白川英樹・筑波大名誉教授とペンシルベニア大で共同研究。白川氏ら2人とともに「導電性高分子の発見と発展」で2000年のノーベル化学賞を共同受賞した(引用:北海道新聞)。

 

マクダイアミッド教授(ペンシルベニア大)がいなければ、白川名誉教授のノーベル化学賞受賞もなかったことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  2. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  3. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  4. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレ…
  5. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  6. 毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発…
  7. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  8. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  2. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  3. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  4. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering
  5. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  6. シクロヘキサンの片面を全てフッ素化する
  7. 2017年の注目分子はどれ?
  8. さあ分子模型を取り出して
  9. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  10. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP