[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アラン・マクダイアミッド氏死去

ニュージーランド通信によると、7日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの自宅で死去、79歳。白血病を患っていたという。

 ニュージーランド北島のマスタートン生まれ。首都ウェリントンのビクトリア大で学んだ後、米ペンシルベニア大などで研究を続け、米国籍も取得した。

 ポリアセチレンを開発した白川英樹・筑波大名誉教授とペンシルベニア大で共同研究。白川氏ら2人とともに「導電性高分子の発見と発展」で2000年のノーベル化学賞を共同受賞した(引用:北海道新聞)。

 

マクダイアミッド教授(ペンシルベニア大)がいなければ、白川名誉教授のノーベル化学賞受賞もなかったことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  2. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  3. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  4. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  5. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  6. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  7. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績
  8. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  2. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb Jr.
  3. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  4. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  5. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  6. カスガマイシン (kasugamycin)
  7. パーキン反応 Perkin Reaction
  8. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  9. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent
  10. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP