[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アラン・マクダイアミッド氏死去

ニュージーランド通信によると、7日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの自宅で死去、79歳。白血病を患っていたという。

 ニュージーランド北島のマスタートン生まれ。首都ウェリントンのビクトリア大で学んだ後、米ペンシルベニア大などで研究を続け、米国籍も取得した。

 ポリアセチレンを開発した白川英樹・筑波大名誉教授とペンシルベニア大で共同研究。白川氏ら2人とともに「導電性高分子の発見と発展」で2000年のノーベル化学賞を共同受賞した(引用:北海道新聞)。

 

マクダイアミッド教授(ペンシルベニア大)がいなければ、白川名誉教授のノーベル化学賞受賞もなかったことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  2. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ…
  3. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  4. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  5. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  6. 天然物化学談話会
  7. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  8. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews
  2. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ
  3. ビオチン標識 biotin label
  4. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生
  6. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション
  7. 構造式を楽に描くコツ!? テクニック紹介
  8. メタンハイドレートの化学
  9. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  10. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

PAGE TOP