[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アラン・マクダイアミッド氏死去

[スポンサーリンク]

ニュージーランド通信によると、7日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの自宅で死去、79歳。白血病を患っていたという。

 ニュージーランド北島のマスタートン生まれ。首都ウェリントンのビクトリア大で学んだ後、米ペンシルベニア大などで研究を続け、米国籍も取得した。

 ポリアセチレンを開発した白川英樹・筑波大名誉教授とペンシルベニア大で共同研究。白川氏ら2人とともに「導電性高分子の発見と発展」で2000年のノーベル化学賞を共同受賞した(引用:北海道新聞)。

 

マクダイアミッド教授(ペンシルベニア大)がいなければ、白川名誉教授のノーベル化学賞受賞もなかったことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?
  2. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  3. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも…
  4. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  5. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  6. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  7. 秋の褒章2009 -化学-
  8. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  2. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  3. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  4. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  5. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  6. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換
  7. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  8. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  9. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP