[スポンサーリンク]

ケムステニュース

アラン・マクダイアミッド氏死去

[スポンサーリンク]

ニュージーランド通信によると、7日、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの自宅で死去、79歳。白血病を患っていたという。

 ニュージーランド北島のマスタートン生まれ。首都ウェリントンのビクトリア大で学んだ後、米ペンシルベニア大などで研究を続け、米国籍も取得した。

 ポリアセチレンを開発した白川英樹・筑波大名誉教授とペンシルベニア大で共同研究。白川氏ら2人とともに「導電性高分子の発見と発展」で2000年のノーベル化学賞を共同受賞した(引用:北海道新聞)。

 

マクダイアミッド教授(ペンシルベニア大)がいなければ、白川名誉教授のノーベル化学賞受賞もなかったことでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  2. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  3. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  4. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  5. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  6. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  7. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  8. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より
  2. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  3. “匂いのゴジラ”の無効化
  4. 生物学的等価体 Bioisostere
  5. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  6. 鬼は大学のどこにいるの?
  7. 駅トイレ光触媒で消臭
  8. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  9. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  10. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP