[スポンサーリンク]

ケムステニュース

トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表

[スポンサーリンク]

2007年ノーベル賞受賞者発表に先立ち、トムソンはノーベル賞受賞の可能性のある研究者として、2007 Thomson Scientific Laureates (トムソンサイエンティフィック栄誉賞)をここに発表します。(引用:トムソンISI)

 

いよいよ今年もノーベル賞のシーズンがやって参りました!気になる化学賞は10月10日・日本時間19時45分発表です。待ち遠しいですね!

一ヶ月前のこの時期には、トムソンISI社によってノーベル賞の授賞予想が例年発表されています。トムソン社は世界最大級の特許・学術文献データベースを提供している会社で、文献引用数などの分析結果を参考にして、受賞者を予測しているようです(これについてはSciencePortalの解説記事が詳しいです)。

今年の物理学賞候補には日本人の名前も見られますが、ここは化学のブログなので、化学賞候補について簡単に紹介してみることにします。

 

物理、化学分野の革命を起こすきっかけとなったカーボンナノチューブの先駆的な研究に対して

飯島澄男 (名城大学 教授、NEC特別主席研究員)

 

iijima.jpg
(写真:Nanoscienceworks.org)

今ではナノテクノロジーの花形材料として名高い、カーボンナノチューブを発見された方です。専門分野の関係上、物理学賞候補として取り上げられていますが、化学賞での受賞も十分に考えられます。それほど応用性・注目度の高い材料のひとつです。

 

精密有機合成における多大な貢献・業績

Samuel J. Danishefsky (コロンビア大学教授・スローン・ケッタリング記念癌研究所教授)

 danishefsky
(写真:Memorial Sloan-Kettering Cancer Center)

Dieter Seebach (スイス連邦工科大学チューリッヒ校名誉教授)

seebach.jpg
(写真:Tetrahedron Symposium)

Barry M. Trost(スタンフォード大学教授)

 trost
(写真:Thieme Chemistry)

トムソンのトピックでは各々違う風に書かれていますが、要はどれもが精密有機合成の進歩に大きく貢献した研究者達です。

ダニシェフスキーは、トムソン予想でノーベル賞候補とされたニコラウと並ぶ、複雑天然物の全合成研究における大御所です。ぜーバッハはジチアン法などをはじめとする画期的な合成手法の開発で有名です。トロストはパラジウム触媒を用いるアルキル化(辻-Trost反応)の開発で顕著な業績を上げており、最近ではグリーンケミストリー潮流のさなか、効率的化学変換プロセスの評価指標である「アトムエコノミー」概念を提唱しています。

 

ところで、例年大々的に発表されるトムソン予想ですが、その的中率は2002年から「24人中4人」ということで、お世辞にも高いとは言えません。その理由はおそらく客観的統計データからの受賞者予測が難しい、ということに尽きるのでしょう。

 

論文引用数は研究者の業績を測る上で役立つ指標です。しかし、「ノーベル賞学者はみな沢山論文を出しているのか?引用数がとても多い論文を報告しているのか?」と問われれば、過去の例を見る限り必ずしもそうではないようです(2002年ノーベル化学賞の田中耕一さんなどは良い例でしょう)。原始報告にインスピレーションを受け革命的発見を成し遂げた科学者がいたが、ノーベル賞を受けたのは原始報告をした科学者のほうだった、という例もあり得るわけです。

 

また、革命的な発見であっても、インパクトファクターの低い(平均引用数の少ない)ジャーナルに報告されてしまうことは少なくありません。トップジャーナルのレフェリーは流行分野には強いのですが、既存の価値観に基づく評価をしがちなため、時代の先を行き過ぎている発見を評価しきれずリジェクトしてしまう、ということが往々にして起こりえるためです (今ではノーベル賞候補との呼び声も高い化学反応「鈴木-宮浦カップリング」も、最初の報告はトップジャーナルではありませんでした)。

 

勿論Nature、Scienceという超一流ジャーナルに載った研究論文が決め手になった、という例も沢山あるので少々複雑なのですが、いずれにせよ単純に研究者の知名度や論文引用数だけで受賞が決まる、と言うわけではなさそうです。

 

とはいえ過去のノーベル賞を見ていると『”現在”重要視されている分野を発展させた人たちから選ばれる』ような傾向は確かにあるようです。つまりどんなに画期的であっても、先を行きすぎて現時点で全く役に立ってなかったり、王道になってないような研究分野からは選ばれにくい傾向にあるようです。このあたりを考えに入れれば、受賞分野はある程度読めそうです。

 

いずれにせよ、トムソンISIの調査で候補に挙がるような研究者は疑いなく「当該分野で超一流」といって良いでしょう。?受賞者を自分で予想したいなら、「ノーベル賞に匹敵するような権威ある賞」の受賞者も要チェックです。そういった賞の受賞者も、もちろん超一流の研究者ですから。

 

などは、ノーベル化学賞受賞との相関が高い賞です。

発表が楽しみですね!

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 健康食品から未承認医薬成分
  2. 毒を持ったタコにご注意を
  3. 希少金属
  4. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  5. 第38回有機金属若手の会
  6. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  7. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  8. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. comparing with (to)の使い方
  2. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  3. イライアス・コーリー E. J. Corey
  4. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  5. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法
  6. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  7. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  8. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  9. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  10. コルチスタチン /Cortistatin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP