[スポンサーリンク]

ケムステニュース

トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

[スポンサーリンク]

ノーベル賞

2005年ノーベル賞受賞者発表に先立ち、トムソンはノーベル賞受賞の可能性のある研究者として、 2005 Thomson Scientific Laureates (トムソンサイエンティフィック栄誉賞) をここに発表します。(引用:トムソンISI)

世界最大級の特許および学術文献情報データベースを提供しているトムソンISI社から2005年のノーベル賞最有力候補者が発表されました。毎年、この時期になると発表されるのですが、この中で決まるとは限りません。

化学賞で見ると、2001年ノーベル化学賞の野依良治氏は挙げられていましたが、2000年の白川英樹氏、2002年の田中耕一氏などはまったくのノーマークでした。2004年のユビキチン受賞の3氏(ローズ・チカノヴァー・ヘルシュコ)もはずしました。

・・・というより、ここ3年間候補者がまったく変わっていません。逆に言えばそれだけ有力であるということです。化学のブログなので化学賞の候補者についてちょっとだけ解説しましょう。

ナノスケールの機械製造およびマイクロエレクトロニクスの大幅な発展を約束する、分子自己集合に関する先駆的研究

J. Fraser Stoddart
J. Fraser Stoddart
(Photo:Syllabus Summer Conference)
Saul Winstein Professor of Organic Chemistry, University of California at Los Angeles

George M. Whitesides
George M. Whitesides (Photo:ETH Life)

Mallinckrodt Professor of Chemistry, Harvard University

新海征治
新海征治 
(Photo:nano.net)
福岡市 九州大学大学院工学研究院 応用化学部門 教授

分子自己集合体に関する研究を先駆的に行ってきた方たちです。そんな言葉を使うと小難しいテーマに聞こえますが、今まで人間が組み立ててきた機械類(モーター・スイッチなど)を分子で再現しようとする研究と言った方が分かりやすいかも知れません。
Stoddart教授は輪が軸に挟まった形をした分子・ロタキサン、二つ以上の輪を絡ませた分子・カテナン、分子エレベータなどの合成法を開発しています。
Whitesides教授は、ナノテクノロジー分野できわめて重要な技術の一つとなっている自己組織化チオール単分子膜(SAM)を形成する技術や、センサー・DNAチップ・タンパク分析チップなどにも応用可能とされるミクロ接触印刷法を開発しました。
新海征治教授は、螺旋状シリカナノチューブなどの開発者です。
これらの研究には遊び心がたくさんあります。実際は合成することに時間が取られるため、もちろん困難な研究ではありますが・・・。

 

有機物と天然物の合成に関する研究、特に1994年のタキソール全合成および 1998年~1999年のバンコマイシン全合成の達成

K.C. Nicolaou
K.C. Nicolaou (Photo:MSU Chemistry Department)
Chairman, Department of Chemistry
Aline W. and L.S. Skaggs Professor in Chemical Biology and Darlene Shiley Chair in Chemistry, The Scripps Research Institute

重要な生理活性天然物の全合成の権威。タキソール、エポチロン、バンコマイシン、ブレベトキシン、ジアゾンアミド、最近では貝毒アザスピロ酸の提唱されていた構造の多数の誤りを合成するによって訂正し、供給することにより貝毒研究の進展に貢献しています。このように合成した天然物を生物学的研究目的に供給することにより、生物学の発展にも貢献しています。もちろん、天然物合成の方法論の発展にも多大な寄与があります。多数の賞を取られておりあともらっていない賞はノーベル賞だけという感じです。

 

有用な触媒作用、特に高分子化(いわゆるリビング・ポリマーの生成)作用をもつ化合物の設計と合成における画期的研究


Robert H. Grubbs

Robert H. Grubbs

Victor and Elizabeth Atkins Professor of Chemistry
Division of Chemistry and Chemical Engineering
California Institute of Technology

オレフィンメタセシス反応に大変有効な触媒[Grubbs触媒]の開発者です。昔から知られていたメタセシス反応を合成的・工業的に実用レベルまで引き上げました。

以上、3つの分野での候補を簡単に紹介しました。否定的に見れば、すばらしい結果を挙げた彼らでさえもそれぞれ欠点はあります。分子自己集合体の分野は現在の走りであり、時期的に少し早い気もします。Nicolaou教授の天然物合成は大きな業績ですが、合成という学問の中での業績であり、新しい分野を作ってないとも言えます。メタセシスのGrubbs教授は合成法を一新するほどのインパクトある反応ですが、「いち人名反応」の域を出るかどうか・・・。

一体この中の誰が取るのでしょうか?もしくはまた、ダークホースが現れるのでしょうか?個人的にはNicolaou教授にとってほしいのですが。それでは10月5日の化学賞の発表をお楽しみに

 

関連書籍

外部リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本化学会第85回春季年会
  2. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  3. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発
  4. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  5. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  6. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  7. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  8. 昭和電工、青色LEDに参入

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本化学会と対談してきました
  2. (-)-ナカドマリンAの全合成
  3. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  4. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  5. 化学に魅せられて
  6. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  7. トリメチレンメタン付加環化 Trimethylenemethane(TMM) Cycloaddition
  8. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  9. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  10. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP