[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースP

  1. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation

    概要取り扱い容易な固体、SO3・PyをDMSOの活性化剤として用いる酸化反応。とりわけアリルアルコールおよび二級アルコールの酸化に有用である。 Swern酸化と異なり、室温で酸化を行うことができる。副反応のメチル…

  2. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation

    概要DCC+ブレンステッド酸の組み合わせをDMSOの活性化法として用いる酸化反応…

  3. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefination

    概要アルデヒドやケトンに対してα-シリルカルボアニオンを付加させ得られる中間体を…

  4. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation

    概要極めて穏和な条件下、アルデヒドをカルボン酸に酸化する反応。Jones…

  5. プメラー転位 Pummerer Rearrangement

    概要スルホキシドに酸無水物・酸ハライドなどを作用させると転位が起こり、α-アシル…

  6. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement

  7. ピナコールカップリング Pinacol Coupling

  8. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

  9. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation

  10. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group

スポンサー

ピックアップ記事

  1. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  2. 昭和電工、異種材接合技術を開発
  3. マテリアルズ・インフォマティクスを実践するためのベイズ最適化入門 -デモンストレーションで解説-
  4. MOF の実用化のはなし【京大発のスタートアップ Atomis を訪問して】
  5. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  6. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  7. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP