[スポンサーリンク]


クリックケミストリー

  1. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテン・シクロオクチンといった歪C-C多重結合化合物に対して高い反応性を示す。この歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応(Str…

  2. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  3. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応…

  4. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発

    2015年、九州大学・友岡克彦および井川和宜らは、ヘテロ原子を組み込んだ中員環シクロアルキンの簡便合…

  5. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

    第29回のスポットライトリサーチは、理化学研究所(田中生体機能合成化学研究室)特別研究員の小椋章弘 …

  6. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  7. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”

  8. 生体共役反応 Bioconjugation

  9. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction

  10. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

  11. クリック反応の反応機構が覆される

  12. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

  13. 未来のノーベル化学賞候補者

  14. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  2. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  3. 質量分析で使うRMS errorって?
  4. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?
  5. 天野 浩 Hiroshi Amano
  6. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  7. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP