[スポンサーリンク]


クリックケミストリー

  1. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機化学者である。コペンハーゲン大学教授。有機化学や生物有機化学、特にコンビナトリアルケミストリーやペプチドケミストリーにおける研究を行っている…

  2. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  5. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応…

  6. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発

  7. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

  8. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  9. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”

  10. 生体共役反応 Bioconjugation

  11. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction

  12. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

  13. クリック反応の反応機構が覆される

  14. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

  15. 未来のノーベル化学賞候補者

  16. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  2. House-Meinwald転位で立体を操る
  3. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  4. 水素結合の発見者は誰?
  5. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  6. アノマー効果を説明できますか?
  7. きみの未来をさがしてみよう 化学のしごと図鑑

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP