[スポンサーリンク]


クリックケミストリー

  1. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機化学者である。コペンハーゲン大学教授。有機化学や生物有機化学、特にコンビナトリアルケミストリーやペプチドケミストリーにおける研究を行っている…

  2. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-2020年3月26日)は、ドイツ…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  5. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応…

  6. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発

  7. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

  8. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  9. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”

  10. 生体共役反応 Bioconjugation

  11. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction

  12. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

  13. クリック反応の反応機構が覆される

  14. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

  15. 未来のノーベル化学賞候補者

  16. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器
  2. 世界初 ソフトワーム用自発光液 「ケミホタルペイント」が発売
  3. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  4. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化
  5. プラトー反応 Prato Reaction
  6. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  7. ナノチューブを簡単にそろえるの巻

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP