[スポンサーリンク]


クリックケミストリー

  1. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機化学者である。コペンハーゲン大学教授。有機化学や生物有機化学、特にコンビナトリアルケミストリーやペプチドケミストリーにおける研究を行っている…

  2. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  5. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応…

  6. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発

  7. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

  8. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  9. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”

  10. 生体共役反応 Bioconjugation

  11. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction

  12. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

  13. クリック反応の反応機構が覆される

  14. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

  15. 未来のノーベル化学賞候補者

  16. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 近況報告PartIV
  2. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  3. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis
  4. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  6. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  7. (+)-ゴニオトキシンの全合成

注目情報

最新記事

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

PAGE TOP