[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

小山 靖人 Yasuhito Koyama

[スポンサーリンク]

 

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学科 教授、第34回ケムステVシンポ「日本のクリックケミストリー」講師。

学 歴

2000年3月 北海道大学理学部化学科卒業
2000年4月 北海道大学大学院理学研究科化学専攻博士前期(修士)課程入学
2002年3月 北海道大学大学院理学研究科化学専攻博士前期(修士)課程修了 (指導教員:村井章夫教授)
2002年4月 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士後期(博士)課程入学
2005年3月 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士後期(博士)課程修了(指導教員:平間正博教授)
2005年3月 博士(理学)(東北大学)取得

職 歴

2005年4月 日本学術振興会特別研究員(PD, 東京工業大学, 指導教員:鈴木啓介教授)
2007年3月 東京工業大学大学院理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助手(高田十志和教授)
2007年4月 同 助教 
2013年1月 北海道大学触媒化学研究センター 准教授
2016年4月 富山県立大学工学部医薬品工学科 准教授
2021年4月 同 教授
現在に至る

2016年4月~2017年3月 北海道大学触媒科学研究所 客員准教授

専門分野

有機化学、高分子合成、超分子化学

研究業績

2022年11月5日現在
原著論文:99報、総説・解説:10報、著書:11件、特許(公開):8件

所属学会

日本化学会、有機合成化学協会、高分子学会、日本ゴム協会、触媒学会、日本プロセス学会

受賞歴

平成16年5月      日本化学会第84春季年会学生講演賞
平成20年5月      有機合成化学協会研究企画賞
平成20年5月      日本化学会第88春季年会優秀講演賞(学術)
平成21年5月      日本化学会第88春季年会優秀講演賞(学術)
平成21年9月      東工大工系若手奨励賞
平成21年10月    第5回CERI最優秀発表論文賞
平成21年10月    第21回エラストマー討論会優秀発表賞
平成23年2月      第1回田中ゴム化学技術賞
平成23年5月      第2回ブリヂストンソフトマテリアルフロンティア賞(奨励賞)
平成23年5月      2011年日本ゴム協会年次大会若手優秀発表賞
平成24年2月      手島記念賞論文賞
平成24年5月      平成23年高分子研究奨励賞
平成24年5月      第12回CERI最優秀発表論文賞
平成24年8月      東工大挑戦的研究賞
平成25年10月   「元素ブロック高分子材料の創出」第1回若手シンポジウム優秀講演賞
平成29年4月      長瀬学術振興賞
令和3年5月        第38回とやま賞

研究概要

1. 繰り返し構造を持つ天然中分子の迅速合成法の開発と特性評価

分子量が 500~3,000 程度の生理活性分子は中分子と呼ばれており、生命科学分野において盛んに研究されている分子群です。私たちは中分子の迅速・大量合成法の開発を目指し、分子中の繰り返し構造を重合によって合成する手法について日々検討しています。現時点までの成果を2つ紹介します。

ペプチドの交互共重合法の開発と交互配列の機能探索1)

アルデヒド、アミン、およびイソシアニド含有カルボン酸の3成分を混合すると、Ugi 反応を素反応とするような重合が進行し、ペプチドの交互共重合体がワンポットで得られることが分かりました。簡便かつ大量に定序配列ポリペプチドを合成することができるため、ペプチドベースの材料開発について多角的に検討を進めています。

糖鎖グラフト法の開発とオリゴ糖配糖分子のワンポット合成2)

ホモオリゴ糖を配糖した分子の迅速合成法として、糖型環状サルファイトを用いる糖鎖グラフト法について研究しています。アルコールを含むアグリコンを重合の開始剤として用い、MS 3A の存在下で酸を加えると SOの脱離に伴う重合が進行し、開始剤と環状サルファイトの仕込み比に応じた重合度のオリゴ糖がワンポットで得られます。この手法により、Glycyrrhizin、Quercetin-3-O-sophoroside、α-Galactosyl ceramide α-(1,2) analogue などの生理活性分子や、これらの糖鎖長の異なる誘導体を合成し、糖鎖長が物性に及ぼす影響を評価したいと考えています。

2. 高分子の自在合成に向けたニトリルオキシド反応剤の開発3),4)

 身の回りにある汎用ポリマーを自由自在に改質する目的で、私たちはこれまでにニトリルオキシド反応剤を数点開発しています。ニトリルオキシドは高反応性のため、無触媒で様々な不飽和結合に付加反応しますが、同時に自己分解反応も進行してしまいます。そこで、ニトリルオキシドの周辺に嵩高い置換基を導入することで、安定性と高反応性を兼ね備えた反応剤を開発しました。汎用ポリマーであるゴムや樹脂にはオレフィンやニトリル基が含まれていることが多く、これら反応剤と混合するだけで汎用ポリマーの架橋や修飾反応が進行することを明らかとしています。

参考文献

1)小山靖人,* ペプチドの交互共重合法の開発と交互配列の機能探索, 有機合成化学協会誌, 2022, 80, 941-951. DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.80.941.
2)A. B. Ihsan, Y. Koyama,* Substituent optimization of (1→2)-glucopyranan for tough, strong, and highly stretchable film with dynamic interchain interactions, ACS Macro Lett. 2020, 9, 720-724. DOI: 10.1021/acsmacrolett.0c00266.
3)S. Ooba, N. Nakajima, M. Hamada, T. Takata, Y. Koyama,* Synthesis and reations of homoditopic stable nitrile N-oxide as a powerful tool for catalyst-free constructions of macromolecular architectures, Macromol. Chem. Phys. 2022, 2200183. DOI: 10.1002/macp.202200183.
4)小山靖人,* 高田十志和,* クリック反応のためのニトリルオキシド反応剤:炭素-炭素結合形成を伴う無触媒環化付加反応, 有機合成化学協会誌, 2016, 74, 866-876. DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.74.866.

関連リンク

小山研究室 HP

関連書籍

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  2. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudde…
  3. Corey系譜β版
  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  5. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  6. 西田 篤司 Atsushi Nishida
  7. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  8. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応
  2. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  3. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  4. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  5. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  6. リンダウ会議に行ってきた①
  7. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥
  9. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  10. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP