[スポンサーリンク]


タンパク質

  1. 話題のAlphaFold2を使ってみた

    ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造計算ツールが話題です。2021年7月16日にGitHubで無償公開されたこの人工知能プログラムは、有志によってGoogle Colab上…

  2. 【Spiber】タンパク質 素材化への挑戦

    Spiber 研究の背景Spiberでは、微生物発酵によって生産したタンパク質を…

  3. シトクロムP450 BM3

    昨年(2019年)のノーベル賞はF. H. Arnoldに授与されることが発表され、ケムステでも毎年…

  4. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授

    第123回の海外化学者インタビューは、ジョン・D・(ニック)フィスク教授です。コロラド州立大学 化学…

  5. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

  6. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

  7. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

  8. 日本化学会 第11回化学遺産認定、新たに4件を発表

  9. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

  10. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素

  11. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

  12. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

  13. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

  14. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  15. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  16. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  2. 大学入試のあれこれ ②
  3. 芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策
  4. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  5. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  6. 第47回天然物化学談話会に行ってきました
  7. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP