[スポンサーリンク]


タンパク質

  1. 荘司 長三 Osami Shoji

    荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。専門は生物無機化学、金属酵素を用いるバイオ触媒反応の開発、人工金属酵素触媒の開発、細菌の鉄獲得阻害剤の開発など。経歴 1997…

  2. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

    ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

  3. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

    第78回の海外化学者インタビューは、ジュディ・キム教授です。カリフォルニア大学サンディエゴ校 化学・…

  4. 日本化学会 第11回化学遺産認定、新たに4件を発表

    日本化学会は10日、第11回化学遺産認定に新たに4件を認定したと発表した。今年は、「タンパク質(チト…

  5. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

    第72回の海外化学者インタビューは、ヘザー・メイナード教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校化学…

  6. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素

  7. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

  8. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

  9. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

  10. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  11. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  12. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  13. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  14. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  15. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  16. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  2. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  3. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジアミンビス(テトラフルオロボラート):N-Fluoro-N’-(chloromethyl)triethylenediamine Bis(tetrafluoroborate)
  4. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)
  5. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  6. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  7. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

注目情報

最新記事

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

PAGE TOP