[スポンサーリンク]


タンパク質

  1. ペプチドのN末端でのピンポイント二重修飾反応を開発!

    第 605回のスポットライトリサーチは、中央大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 触媒有機化学研究室 に所属されていた 町田 陽佳 (まちだ・はるか) さんにお願いしました!町田さんの研究グループは、生命現象の解明…

  2. 第62回「分子設計ペプチドで生命機能を制御する!!」―松浦和則 教授

    第62回目の研究者へのインタビューは鳥取大学の松浦和則 先生にお願いいたしました。松浦先生は…

  3. クライオ電子顕微鏡でATP合成酵素の回転の細かなステップを捉えた!

    第558回のスポットライトリサーチは、京都産業大学 大学院生命科学研究科(生体膜エネルギー研究室)博…

  4. 第23回日本蛋白質科学年会 企画ワークショップ『反応化学の目からタンパク質を理解し、制御する』

    梅雨時のジメジメした気候になると思いきや、意外とあまり雨が降らず、拍子抜けの日々を過ごしていますが皆…

  5. ゲノムDNA中の各種修飾塩基を測定する発光タンパク質構築法を開発

    第496回のスポットライトリサーチは、東京工科大学大学院バイオ・情報メディア研究科 バイオニクス専攻…

  6. タンパク質の定量法―ブラッドフォード法 Protein Quantification – Bradford Protein Assay

  7. タンパク質の定量法―ビシンコニン酸法 Protein Quantification – Bicinconic Acid Assay

  8. タンパク質の定量法―ローリー法 Protein Quantification – Lowry Method

  9. タンパク質の定量法―ビューレット法 Protein Quantification – Biuret Test

  10. タンパク質の定量法―紫外吸光法 Protein Quantification – UV Absorption

  11. 中村 浩之 Hiroyuki NAKAMURA

  12. 角田 佳充 Yoshimitsu Kakuta

  13. タンパク質の構造ゆらぎに注目することでタンパク質と薬の結合親和性を評価する新手法

  14. カルシウムイオンを結合するロドプシンの発見 ~海の細菌がカルシウムを感じる機構とセンサー応用への期待~

  15. タンパク質機能をチロシン選択的な修飾で可逆的に制御する

  16. 【書籍】タンパク質科学 生物物理学的なアプローチ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポンコツ博士の海外奮闘録⑩ 〜博士,中和する〜
  2. 活性マグネシウム
  3. 材料開発の変革をリードするスタートアップのデータサイエンティストとは?
  4. 化学系学生のための企業合同説明会
  5. 富士写、化学材料を事業化
  6. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」
  7. 化学企業のグローバル・トップ50

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

PAGE TOP