[スポンサーリンク]


タンパク質

  1. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

    カリフォルニア大学バークレー校のTing Xu教授らは、生体外の環境でタンパクを安定化するランダム共重合ポリマーの設計手法を開発し、Science誌に報告しました。“Random heteropolymers preserve prot…

  2. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

    DNAを設計図とするタンパクは、すべてα-アミノ酸からできています。ところがチューリッヒ工科大学のJ…

  3. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

    2016年、マサチューセッツ工科大学・Bradley L. Penteluteらは、ペプチドやタンパ…

  4. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  5. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

    フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

  6. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  7. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  8. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  9. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  10. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  11. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  12. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  13. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  14. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

  15. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

  16. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  2. カンプトテシン /camptothecin
  3. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  4. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  5. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  6. 海外留学ってどうなんだろう? ~きっかけ編~
  7. 研究者目線からの論文読解を促す抄録フォーマット

注目情報

最新記事

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

PAGE TOP