[スポンサーリンク]


タンパク質

  1. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

    海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さんにお願いしました。学生時代はニッケル触媒を使った反応開発をしていらっしゃいましたが卒業後は心機一転分野を変えてケミカルバイオロジー…

  2. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

    第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

  3. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

    カリフォルニア大学バークレー校のTing Xu教授らは、生体外の環境でタンパクを安定化するランダム共…

  4. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

    DNAを設計図とするタンパクは、すべてα-アミノ酸からできています。ところがチューリッヒ工科大学のJ…

  5. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

    2016年、マサチューセッツ工科大学・Bradley L. Penteluteらは、ペプチドやタンパ…

  6. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

  7. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  8. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  9. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  10. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  11. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  12. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  13. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  14. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  15. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  16. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 抗生物質の話
  2. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  3. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  4. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  5. 花粉症対策の基礎知識
  6. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  7. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウムクロリド / 3-Benzyl-5-(2-hydroxyethyl)-4-methylthiazolium Chloride

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

PAGE TOP