[スポンサーリンク]


タンパク質

  1. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

    第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師にお願いしました。川上先生はアカデミアポスト着任後より、「人工タンパク質の自己集合を設計し、機能創出を目指す研究」を精力的に展開してお…

  2. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

    カリフォルニア大学バークレー校のTing Xu教授らは、生体外の環境でタンパクを安定化するランダム共…

  3. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

    DNAを設計図とするタンパクは、すべてα-アミノ酸からできています。ところがチューリッヒ工科大学のJ…

  4. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

    2016年、マサチューセッツ工科大学・Bradley L. Penteluteらは、ペプチドやタンパ…

  5. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  6. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

  7. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  8. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  9. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  10. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  11. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  12. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  13. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  14. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  15. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

  16. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中国へ講演旅行へいってきました②
  2. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis
  3. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  4. 今さら聞けないカラムクロマト
  5. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法
  6. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  7. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP