[スポンサーリンク]


フラーレン

  1. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

    第69回の海外化学者インタビューは、ハリー・クロトー教授です。フロリダ州立大学の化学・生化学部に在籍し、ナノスケール自己組織化のメカニズム、炭素蒸気に存在する化学種(数百種、少なくとも5種類の族が存在しています)、小さなフラーレンの安定化お…

  2. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

    過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

  3. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  4. ピーナッツ型分子の合成に成功!

    第117回のスポットライトリサーチ。東京工業大学化学生命科学研究所 穐田・吉沢研究室の矢崎晃平博士(…

  5. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

    第67回のスポットライトリサーチは、京都大学物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)今堀研究…

  6. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  7. プラトー反応 Prato Reaction

  8. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある

  9. トルキセン : Truxene

  10. 水入りフラーレンの合成

  11. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  12. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

  13. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

  14. 中村栄一 Eiichi Nakamura

  15. フラーレンの単官能基化

  16. 室温で液状のフラーレン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  2. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成
  3. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  4. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  5. ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna
  6. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  7. グロブ開裂 Grob Fragmentation

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

PAGE TOP