[スポンサーリンク]


フラーレン

  1. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

    過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラーレン フラーレンは構造的美しさもさることながら、その内部空間に単原子や気体分子などを取り込むことができるため、分子カゴとしての機能が注…

  2. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  3. ピーナッツ型分子の合成に成功!

    第117回のスポットライトリサーチ。東京工業大学化学生命科学研究所 穐田・吉沢研究室の矢崎晃平博士(…

  4. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

    第67回のスポットライトリサーチは、京都大学物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)今堀研究…

  5. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

     炭素は、生物、食べ物など有機化合物の基本元素です。炭素にはいくつかの同素体があ…

  6. プラトー反応 Prato Reaction

  7. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある

  8. トルキセン : Truxene

  9. 水入りフラーレンの合成

  10. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  11. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

  12. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

  13. 中村栄一 Eiichi Nakamura

  14. フラーレンの単官能基化

  15. 室温で液状のフラーレン

  16. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  2. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  3. 輸出貿易管理令
  4. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  5. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法
  6. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  7. 未来のノーベル化学賞候補者

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

PAGE TOP