[スポンサーリンク]


フラーレン

  1. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

    第69回の海外化学者インタビューは、ハリー・クロトー教授です。フロリダ州立大学の化学・生化学部に在籍し、ナノスケール自己組織化のメカニズム、炭素蒸気に存在する化学種(数百種、少なくとも5種類の族が存在しています)、小さなフラーレンの安定化お…

  2. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

    過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

  3. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  4. ピーナッツ型分子の合成に成功!

    第117回のスポットライトリサーチ。東京工業大学化学生命科学研究所 穐田・吉沢研究室の矢崎晃平博士(…

  5. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

    第67回のスポットライトリサーチは、京都大学物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)今堀研究…

  6. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  7. プラトー反応 Prato Reaction

  8. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある

  9. トルキセン : Truxene

  10. 水入りフラーレンの合成

  11. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  12. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

  13. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

  14. 中村栄一 Eiichi Nakamura

  15. フラーレンの単官能基化

  16. 室温で液状のフラーレン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Carl Boschの人生 その4
  2. 平成をケムステニュースで振り返る
  3. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化
  4. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  5. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている
  6. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai
  7. ダイヤモンドライクカーボン

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

PAGE TOP