[スポンサーリンク]


フラーレン

  1. トランジスタの三本足を使ってsp2骨格の分子模型をつくる

    第486回のスポットライトリサーチには、「電子部品で作る分子模型(フラーレンとダイオキシン)」という研究課題で、第3回(令和4年度)東レ理科教育賞・企画賞を受賞された、大阪産業大学 デザイン工学部 環境理工学科の堀越 亮(ほりこし りょう)…

  2. フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

    トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

  3. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

    第69回の海外化学者インタビューは、ハリー・クロトー教授です。フロリダ州立大学の化学・生化学部に在籍…

  4. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

    過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

  5. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  6. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  7. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

  8. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  9. プラトー反応 Prato Reaction

  10. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある

  11. トルキセン : Truxene

  12. 水入りフラーレンの合成

  13. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  14. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

  15. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

  16. 中村栄一 Eiichi Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  2. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  3. イグノーベル賞2022が発表:化学賞は無かったけどユニークな研究が盛りだくさん
  4. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  5. パラムジット・アローラ Paramjit S. Arora
  6. ダフ反応 Duff Reaction
  7. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

PAGE TOP