[スポンサーリンク]


フラーレン

  1. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

    過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラーレン フラーレンは構造的美しさもさることながら、その内部空間に単原子や気体分子などを取り込むことができるため、分子カゴとしての機能が注…

  2. 量子力学が予言した化学反応理論を実験で証明する

    第130回のスポットライトリサーチは東京大学統括プロジェクト機構・大学院理学研究科化学専攻中村研究室…

  3. ピーナッツ型分子の合成に成功!

    第117回のスポットライトリサーチ。東京工業大学化学生命科学研究所 穐田・吉沢研究室の矢崎晃平博士(…

  4. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

    第67回のスポットライトリサーチは、京都大学物質-細胞統合システム拠点(WPI-iCeMS)今堀研究…

  5. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

     炭素は、生物、食べ物など有機化合物の基本元素です。炭素にはいくつかの同素体があ…

  6. プラトー反応 Prato Reaction

  7. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある

  8. トルキセン : Truxene

  9. 水入りフラーレンの合成

  10. 顕微鏡で化学反応を見る!?

  11. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

  12. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

  13. 中村栄一 Eiichi Nakamura

  14. フラーレンの単官能基化

  15. 室温で液状のフラーレン

  16. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リンダウ会議に行ってきた②
  2. 研究倫理を問う入試問題?
  3. 生合成研究の記事まとめ
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  6. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  7. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP