[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

[スポンサーリンク]

第69回の海外化学者インタビューは、ハリー・クロトー教授です。フロリダ州立大学の化学・生化学部に在籍し、ナノスケール自己組織化のメカニズム、炭素蒸気に存在する化学種(数百種、少なくとも5種類の族が存在しています)、小さなフラーレンの安定化およびナノチューブの応用に取り組んでいます(訳注:2016年に逝去されています)。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

科学と数学、芸術とテニスが得意でしたが、仕事を見つけなければなりませんでした。60年代、科学の方が芸術よりはずっとましでした。当時は、子どもが選べる進路の数はずっと少なかったのです。化学の先生(ボルトン・スクールのWilf JaryとHarry Heaney)、美術の先生(Higginson氏)、どちらもとても良かったです。その後、Harry Heaneyは学校の教師を辞め、ラフバラー大学の化学の教授になりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

ほぼ確実に、グラフィックアートとデザインの分野にいるでしょう。今もこういった作業を多くしています。また、おそらくはアニメーションと科学ドキュメンタリーの仕事です。www.vega.org.ukwww.geoset.infoを見てください。1964年にBBCの就職面接を受けましたが、外国に住みたいと思ったので、カナダでポスドクをすることにしました。BBCは私が戻ってきたときには会いましょうと言ってくれました。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化学者は社会に対して最も人道的な貢献をしてきました。(凝縮器の名前で有名な)リービッヒは、下水の化学的処理についてロンドン市に助言しましたが、これ以前のテムズ川はひどく、落ちたら死んでしまうほど汚染されていました。クロウフォード・ロングと他の人々は麻酔薬を開発しました―麻酔薬なしで足を切断することを想像してください―19世紀以前には日常的に行われていました(Rowlinson’s drawingsをGoogle画像検索すればわかります)。

FloreyHeatleyChainがペニシリンの大量製造法(Flemingは自らの発見を何も進歩させませんでした)を開発した1942年より前には、血液中毒が切断および/または死亡につながる事態が日常的に発生していました。確かではありませんが一部の推定によると、世界の食料の70%はハーバー・ボッシュ法で製造される肥料を使って生産されています。現代にポリマーがなければ、あるいはコンピューターチップ用のウエハーを作るためにシリコンの大きな結晶を成長させる方法を学んでいなければ、現代の世界はどうなっていたでしょうか。アスピリンと白金抗がん薬は、フロリダ州立大学の同僚であるBob Holtonが開発したタキソールと同様、大きな貢献をしてきました。化学者であることに誇りを持てる、多くの素晴らしい貢献があったのです。

一部の化学者たちは、不幸にも非人道的な貢献をしました。Louis FieserFieser & Fieserという有機化学の素晴らしい教科書を書いた人です―が、ナパーム弾を発明したと知ったとき、ひどくがっかりしました。科学を学ぶ若い学生たちには、この種の応用 (私はこういったものを科学とは呼びません) から距離を置き、人道的貢献に焦点を当てるよう奨励しています。Haberの名声は、神経ガスの開発によっても傷つけられました。若い人たちには、ペニシリンの主たる実験をすべて行い、何百万人もの命と手足を救ってきたNorman Heatleyのように、ほぼ無名のヒーローにむしろなってほしいと願っています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

アメリカに移住し、アメリカの誕生について多くのことを学び、いわゆる建国の父たちに大きな憧れを抱くようになりました。彼らの懸念と、彼らがどのようにして素晴らしい創作物―権利章典と合衆国憲法―を制定したのか、について話したいと思います。そのうちの3人とと夕食を共にしたいです。故郷ルイスにしばらく住み、『人間の権利』を書いたトマス・ペイン。科学者であり、真に最初のアメリカ人でしたが、ほぼ20年間ロンドンに住み、革命の直前にひどい扱いを受けたベンジャミン・フランクリン。そして、教会と国家が分離しなければ民主主義はありえないと説いたトーマス・ジェファーソン。後者の点は今日においてとても重要です。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

自分にはたくさんやらねばならないことがあるのは間違いないのですが、残念ながら、今では同僚たちがほとんどの現場での実験作業をする傾向があります。私は時々電子顕微鏡の観察に携わっていたのですが。

サセックス大学の職を退かなければならなかったので、この3年間は研究室を持っていません。フロリダ州立大学のすばらしい新社屋に、美しい研究室がちょうどできました。最後は、誰の助けも借りずに一人で実験しました!!!1990年にようやくC60のサンプルを手にしました。1985年のC60発見論文では、C60が超潤滑剤になるかもしれないと予想しました。平らなグラファイトが潤滑剤になるので、丸いグラファイトの方が結局のところより良いだろうと考えたのです(!!!!)。サンプルを取って、ヘラでスライドグラスに押し付けると、砂のようになってがっかりしました。グラファイトは、空気と水が層の間に入り込まない限り潤滑剤にならないということを知るまで、このことは理解できませんでした。例えば、グラファイトは高高度やスペースシャトルでは使用できません。層間力は弱くなく、グラフェン層は真空中では互いに滑らないのです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

(たぶんファインマンの)量子電気動力学の入門書を持っていきます。分子スペクトルを解析し、周りから量子力学を理解していると思ってもらうに十分な程度には、すでにある漠然とした量子力学の知識から次なるステップに進みたく思っています。

ギターも持っていけるのなら、ジェームス・テイラーのLP盤を買って、ギター演奏に関して非常に限定的な自分の能力を向上させたいと思っています。彼の(ライブ)アルバムかグレイテスト・ヒッツ アルバムを持っていかねばなりません。最初期のアルバム2枚に収録されるSweet Baby James、Carolina in Mindが求めるものです。

原文:Reactions – Harry Croto

※このインタビューは2008年6月20日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina …
  2. 第116回―「新たな分子磁性材料の研究」Eugenio Coro…
  3. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中…
  4. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua…
  5. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Came…
  6. Christoph A. Schalley
  7. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Stev…
  8. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Bala…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水分解 water-splitting
  2. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  3. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  4. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニオ)エチル : 2-(Methacryloyloxy)ethyl 2-(Trimethylammonio)ethyl Phosphate
  5. 大分の高校生が特許を取得!
  6. 林 民生 Tamio Hayashi
  7. 城戸 淳二 Junji Kido
  8. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授
  9. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  10. アミドをエステルに変化させる触媒

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP