[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授

    第64回の海外化学者インタビューは、ペネロペ・ブラザーズ教授です。ニュージーランドのオークランド大学化学科に所属(訳注:現所属はオーストラリア国立大学)し、ホウ素と配位子の両方で異常な構造と反応性を示す、二ホウ素含有ポルフィリンおよびコロー…

  2. 光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

    第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

  3. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

  4. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

    第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

  5. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

    不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

  6. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  8. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  9. デニス・ホール Dennis G. Hall

  10. ホウ素と窒素固定のおはなし

  11. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

  12. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  13. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

  14. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  15. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  16. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  2. 分子模型を比べてみた
  3. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  4. ケムステイブニングミキサー2015を終えて
  5. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  6. 感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より
  7. 平成をケムステニュースで振り返る

注目情報

最新記事

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

PAGE TOP