[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

    第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんにお願いしました。西さんの所属する戸嶋・高橋研究室は、糖鎖の合成法を研ぎ澄ませることで、生物応用・環境応用へと導くための分子化学の樹立…

  2. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

    不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

  3. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

    2017年、ケンブリッジ大学・Steven V. Leyらは、ルイス塩基触媒と可視光レドックス触媒の…

  4. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  5. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  6. デニス・ホール Dennis G. Hall

  7. ホウ素と窒素固定のおはなし

  8. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

  9. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  10. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

  11. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  12. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  13. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

  14. 単結合を極める

  15. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

  16. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応
  2. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  4. ショウガに含まれる辛味成分
  5. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  6. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  7. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

PAGE TOP