[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. ラジカルパスでアリールをホウ素から炭素へパス!

    ボロナート錯体を用いたラジカルアリール転位反応が開発された。本反応はホウ素から炭素へラジカルアリール転位させることを可能にした初めての例である。ラジカルアリール転位反応とボロナート化学ラジカルアリール転位反応は同一分子上に生じたラジ…

  2. 畠山琢次 Takuji Hatakeyama

    畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

  3. 技あり!マイルドにエーテルを切ってホウ素で結ぶ

    亜鉛/ニッケル触媒によるアルキルエーテルのC(sp3)–O結合へのホウ素挿入反応が開発された。得られ…

  4. ホウ素でがんをやっつける!

    「ホウ素」と言ったときに皆さんは何を思い浮かべますか?鈴木宮浦カップリング、ルイス酸(BF3…

  5. アルケンとCOとジボロンからジボリルシクロプロパンを作る

    銅触媒存在下、アルケンとB2Pin2および一酸化炭素を反応させることでジアステレオ選択的なジボリルシ…

  6. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授

  7. 光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

  8. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

  9. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

  10. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

  11. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

  12. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

  13. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  14. デニス・ホール Dennis G. Hall

  15. ホウ素と窒素固定のおはなし

  16. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  2. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  3. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  4. 史跡 土肥金山
  5. 野依賞―受賞者一覧
  6. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  7. 高分子を”見る” その2

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP