[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。同様の組み合わせからアルケンを与える鈴木-宮浦クロスカップリングとは相補的な幾何異性体を与える。遷移金属触媒を必要としないことも特徴であ…

  2. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

    第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

  3. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

    不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

  4. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

    2017年、ケンブリッジ大学・Steven V. Leyらは、ルイス塩基触媒と可視光レドックス触媒の…

  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  6. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  7. デニス・ホール Dennis G. Hall

  8. ホウ素と窒素固定のおはなし

  9. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

  10. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  11. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

  12. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  13. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  14. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

  15. 単結合を極める

  16. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカで Ph.D. を取る –結果発表ーッの巻–
  2. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成
  3. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  4. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  5. 化学者の単語登録テクニック
  6. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  7. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

PAGE TOP