[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

    2017年、ケンブリッジ大学・Steven V. Leyらは、ルイス塩基触媒と可視光レドックス触媒のデュアル触媒システムを用いて、酸化困難なボロン酸・ボロン酸エステルから炭素ラジカルを生成させ、炭素―炭素結合形成反応に用いることに成功した。…

  2. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  3. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  4. デニス・ホール Dennis G. Hall

    デニス・G・ホール(Dennis G. Hall、1968年1月2日(ケベック・カナダ生)-)は、カ…

  5. ホウ素と窒素固定のおはなし

    Tshozoです。これまでと少し毛色の違う窒素固定の論文が発表されたのでご紹介します。"Nitr…

  6. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

  7. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  8. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

  9. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  10. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  11. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

  12. 単結合を極める

  13. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

  14. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  15. ヘテロベンザイン

  16. アルカリ土類金属触媒の最前線

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  2. 資生堂企業資料館
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  4. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  5. センター試験を解いてみた
  6. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  7. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告

注目情報

最新記事

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP