[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間でのボロン酸エステル形成に注目し、これをヒドラゾン形成と組み合わせることで不可逆的に複合体を形成し、生細胞コンジュゲーションに応用することに成功…

  2. デニス・ホール Dennis G. Hall

    デニス・G・ホール(Dennis G. Hall、1968年1月2日(ケベック・カナダ生)-)は、カ…

  3. ホウ素と窒素固定のおはなし

    Tshozoです。これまでと少し毛色の違う窒素固定の論文が発表されたのでご紹介します。"Nitr…

  4. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

    2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

  5. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  6. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

  7. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  8. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  9. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

  10. 単結合を極める

  11. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

  12. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  13. ヘテロベンザイン

  14. アルカリ土類金属触媒の最前線

  15. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

  16. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  2. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  3. 日米の研究観/技術観の違い
  4. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授
  5. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  6. アズレンの蒼い旅路
  7. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP