[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 教授。(写真:中村・布施研究室) (さらに…)…

  2. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

    マギル大学のChao-Jun Liらは、アリールトリフラートから遷移金属なし、紫外光照射条件下で一電…

  3. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組…

  4. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

    第85回のスポットライトリサーチは、微生物化学研究所(柴崎研究室)・野田秀俊 博士にお願いしました。…

  5. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

    昨年、アルカリ金属触媒で進む炭素ー水素結合(C-H結合)の直接シリル化反応を紹介しました(記事:アル…

  6. 単結合を極める

  7. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

  8. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  9. ヘテロベンザイン

  10. アルカリ土類金属触媒の最前線

  11. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

  12. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  13. ホウ素-ジカルボニル錯体

  14. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する

  15. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

  16. ボルテゾミブ (bortezomib)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内
  2. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  3. Baird芳香族性、初のエネルギー論
  4. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  5. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  6. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  7. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

PAGE TOP