[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

    概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。同様の組み合わせからアルケンを与える鈴木-宮浦クロスカップリングとは相補的な幾何異性体を与える。遷移金属触媒を必要としないことも特徴であ…

  2. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

    第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

  3. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

    不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

  4. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

    2017年、ケンブリッジ大学・Steven V. Leyらは、ルイス塩基触媒と可視光レドックス触媒の…

  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

    ゲイリー・A・モランダー(Gary A. Molander、1953年2月9日-)は、米国の有機化学…

  6. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  7. デニス・ホール Dennis G. Hall

  8. ホウ素と窒素固定のおはなし

  9. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

  10. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  11. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

  12. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

  13. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

  14. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

  15. 単結合を極める

  16. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  2. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  3. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  4. 親水性ひも状分子を疎水性空間に取り込むナノカプセル
  5. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  6. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  7. 鋳型合成 Templated Synthesis

注目情報

最新記事

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

PAGE TOP