[スポンサーリンク]


ホウ素

  1. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 教授。(写真:中村・布施研究室) (さらに…)…

  2. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する

    マギル大学のChao-Jun Liらは、アリールトリフラートから遷移金属なし、紫外光照射条件下で一電…

  3. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用

    南京大学のShuhua Liらは、4-シアノピリジンとビス(ピナコラト)ジボラン(B2pin2)の組…

  4. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

    ホウ素第85回のスポットライトリサーチは、微生物化学研究所(柴崎研究室)・野田秀俊 博士にお願いしま…

  5. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法

    昨年、アルカリ金属触媒で進む炭素ー水素結合(C-H結合)の直接シリル化反応を紹介しました(記事:アル…

  6. 単結合を極める

  7. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

  8. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  9. ヘテロベンザイン

  10. アルカリ土類金属触媒の最前線

  11. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation

  12. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  13. ホウ素-ジカルボニル錯体

  14. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する

  15. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

  16. ボルテゾミブ (bortezomib)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  2. 水素社会~アンモニアボラン~
  3. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復
  4. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  5. 化学と工業
  6. 企業の研究を通して感じたこと
  7. 製薬大手のロシュ、「タミフル」効果で05年売上高20%増

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

PAGE TOP