[スポンサーリンク]


リチウムイオン電池

  1. 2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰・名誉フェロー(71)ら3人に授与すると発表した。リチウムイオン電池は軽量かつ高出力で、充電して繰り返し使える。スマートフォンやノ…

  2. マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

    第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

  3. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

    日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

  4. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

    5月7日、欧州特許庁は、リチウムイオン電池を発明した旭化成株式会社の吉野彰(よしのあきら)氏が201…

  5. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版

    学術文献の出版大手Springer Natureが、機械学習のアルゴリズムに基づいてテキストを編纂し…

  6. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

  7. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ

  8. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし

  9. リチウムイオン電池のはなし~1~

  10. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで

  11. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

  12. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

  13. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  2. イベルメクチン /Ivermectin
  3. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~
  4. リンダウ会議に行ってきた③
  5. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  6. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  7. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP