[スポンサーリンク]


リチウムイオン電池

  1. 吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

    今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上がりを見せましたね。そんなタイミングに合わせてか、日経新聞でもノーベル賞に縁のある方の10月度連載が始まりました。著名人の半生を辿る日…

  2. 「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

    久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

  3. 「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 1

    Tshozoです。スタジオジブリの名作「天空の城ラピュタ」。この映画を観た人なら必ずやる、登…

  4. 2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

    スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

  5. マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

    第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

  6. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

  7. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート

  8. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版

  9. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

  10. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ

  11. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし

  12. リチウムイオン電池のはなし~1~

  13. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで

  14. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

  15. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

  16. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  3. HTTPS化とサーバー移転
  4. ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  5. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  6. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD
  7. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち

注目情報

最新記事

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

種々の生物活性物質に適用可能な飽和複素環の環縮小反応が開発された。可視光の照射のみで飽和複素環のヘテ…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル

11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Power…

PAGE TOP