[スポンサーリンク]


光化学

  1. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

    フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの錯体化学・光化学者である。愛称はPhil。ノーカロライナ州立大学教授(画像出典:AIP Publishing LLC…

  2. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します!

    こんにちは、Spectol21です。だんだん夏本番という感じになってきました。ケムステVシンポは…

  3. 森本 正和 Masakazu Morimoto

    森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

  4. プリンターで印刷できる、電波を操る人工スーパー材料

    第314回のスポットライトリサーチは、東京農工大学工学府(鈴木研究室)、日本学術振興会特別研究員の朝…

  5. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

    第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

  6. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

  7. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

  8. 第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授

  9. 第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

  10. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子

  11. 巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

  12. 光を吸わないはずの重原子化合物でも光反応が進行するのはなぜか?

  13. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki

  14. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

  15. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

  16. 加藤 昌子 Kato Masako

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  2. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日
  3. 2013年就活体験記(2)
  4. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  5. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  6. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  7. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン

注目情報

最新記事

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

中山商事のWebサイトがリニューアル ~キャラクターが光る科学の総合専門商社~

中山商事株式会社のWebサイトがリニューアルされました。新サイトは、オリジナルキャラクタ達がお迎えし…

PAGE TOP