[スポンサーリンク]


光化学

  1. 第54回「光を使ってレゴブロックのように炭素と炭素を繋げる」吉見 泰治 教授

    第54回目の研究者へのインタビューは福井大学の吉見泰治先生にお願いいたしました。第27回ケムステVシンポの講師です。有機光化学を世界に先駆けて進められていた先生です。第43号のCSJカレントレビューでは、PartII:研究最前線 の…

  2. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI

    吉見 泰治 (よしみ やすはる)は、日本の化学者である。専門は有機光化学。2022年現在、福井大学学…

  3. 第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

    7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

  4. ホウ素の力で空気が酸化に参加!?

    第375回のスポットライトリサーチは、茨城大学大学院 理工学研究科(近藤研究室)近藤 健 助教にお願…

  5. カルシウムイオンを結合するロドプシンの発見 ~海の細菌がカルシウムを感じる機構とセンサー応用への期待~

    第372回のスポットライトリサーチは、国立大学法人名古屋工業大学 大学院工学研究科 博士後期課程1年…

  6. 有機半導体の界面を舞台にした高効率光アップコンバージョン

  7. 光照射による有機酸/塩基の発生法:②光塩基発生剤について

  8. 光照射による有機酸/塩基の発生法:①光酸発生剤について

  9. 可視光レドックス触媒と有機蓄光の融合 〜大気安定かつ高性能な有機蓄光の実現〜

  10. 第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

  11. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

  12. 第四回Vプレミアレクチャー「金属錯体を利用した光化学アップコンバージョン」を開催します!

  13. 森本 正和 Masakazu Morimoto

  14. プリンターで印刷できる、電波を操る人工スーパー材料

  15. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

  16. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授
  2. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  3. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  4. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  5. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  6. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis
  7. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電

注目情報

最新記事

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

PAGE TOP