[スポンサーリンク]


光化学

  1. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所・ミュンヘン大学(Ferenc Krausz研)博士研究員・森本 裕也さんにお願いしました。森本さんは現在、ドイツに研究滞在されており、我々…

  2. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  3. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  4. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

    ある化合物Qが、化合物Aにおける励起状態の濃度依存的消光剤となる(AからQへエネルギー移動が起きる)…

  5. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

    第64回のスポットライトリサーチは、長崎大学大学院工学研究科(馬越研究室)の堀内新之介 助教にお願い…

  6. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  7. がん細胞をマルチカラーに光らせる

  8. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明

  9. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性

  10. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

  11. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  12. 分子光化学の原理

  13. 一重項分裂 singlet fission

  14. 二光子吸収 two photon absorption

  15. 目が見えるようになる薬

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年10大分子発表!
  2. お”カネ”持ちな会社たち-1
  3. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  4. Classics in Total Synthesis
  5. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  6. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成
  7. 「無機化学」とはなにか?

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

PAGE TOP