[スポンサーリンク]


光化学

  1. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

    「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所・ミュンヘン大学(Ferenc Krausz研)博士研究員・森本 裕也さんにお願いしました。森本さんは現在、ドイツに研究滞在されており、我々…

  2. Z-スキームモデル Z-Scheme Model

    植物は、可視光からエネルギーを得て強力な酸化還元反応を体内で駆動させている。すなわち、酸化側では水か…

  3. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

    カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

  4. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation

    ある化合物Qが、化合物Aにおける励起状態の濃度依存的消光剤となる(AからQへエネルギー移動が起きる)…

  5. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製

    第64回のスポットライトリサーチは、長崎大学大学院工学研究科(馬越研究室)の堀内新之介 助教にお願い…

  6. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  7. がん細胞をマルチカラーに光らせる

  8. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明

  9. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性

  10. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる

  11. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

  12. 分子光化学の原理

  13. 一重項分裂 singlet fission

  14. 二光子吸収 two photon absorption

  15. 目が見えるようになる薬

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  2. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  3. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  4. ジョン・スティル John K. Stille
  5. ビール好きならこの論文を読もう!
  6. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke Reaction
  7. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

PAGE TOP