[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group

 

概要

スルホン系保護基は保護以外の目的でも頻用される。酸性条件・酸化条件に強い保護基。

よく使われるものにはメタンスルホニル(Methanesulfonyl, Ms)、トルエンスルホニル(Toluenesulfonyl
Ts)基、ニトロベンゼンスルホニル(nitrobenzenesulfonyl,
Ns)基
、トリフルオロメタンスルホニル(trifluoromethanesulfonyl, Tf)基
があげられる。

PG_sulfonyl_2.gif

アルコールをスルホニル化すれば脱離能が向上し、置換/脱離反応に活性となる。このため、脂肪族アルコール保護に使われるケースは稀である。一方で、保護基の電子求引性を利用し、電子豊富フェノールの酸化防止保護目的で用いられることは多い。

アミンの保護には有効である。スルホンアミドとして保護すれば、アミンの求核性・塩基性をうまく抑えることができる。

特に一級アミンを保護した場合には、スルホンアミドのN-Hプロトンの酸性度が十分高くなる。このため、光延反応やアルキル化条件へと伏すことができ、二級アミン合成にも用いることができる。この目的においては、Tsに比べて脱保護の容易なNs基がよく用いられる(福山アミン合成)。

基本文献

 

反応機構

Ms基とTs基は保護時の反応機構が異なる。活性種を効率的に生成する目的で、それぞれ性質の異なる塩基が用いられる。すなわち、Ms保護ではトリエチルアミン、Ts保護ではピリジン(orDMAP-トリエチルアミン)を用いることが一般的。
PG_sulfonyl_3.gif
他方、脱保護は比較的難しい。穏和な条件下に脱保護を行いたい場合は、Mg/MeOHなどの一電子還元条件を用いる。
PG_sulfonyl_4.gif
Ns基はチオラートの求核付加によって穏和な条件下脱保護できるため、合成化学的に価値が高い(福山アミン合成を参照)。

 

反応例

トリフルオロメタンスルホニル化にはTf2Oを用いることが一般的だが、エノールの保護には適していないことが多い。代替試薬としてMcMurry’s
reagent
Comin’s reagentが用いられる。
PG_sulfonyl_5.gif
Mg-MeOH系によるTs基の脱保護[1] PG_sulfonyl_7.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Sridhar, M.; Ashokkumar, B.; Narendar, R. Tetrahedron Lett.
1998, 39, 2847. doi:10.1016/S0040-4039(98)00314-1

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  2. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…
  3. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  4. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…
  5. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…
  6. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  7. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  8. シュミット転位 Schmidt Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. YMC研究奨励金当選者の声
  2. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  3. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. で、その研究はなんの役に立つの?
  5. ニュースタッフ参加
  6. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  7. 劉 龍 Ryong Ryoo
  8. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  9. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  10. Thomas R. Ward トーマス・ワード

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP