[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」を開催します!

[スポンサーリンク]

あけましておめでとうございます! Spectol21です。新年初記事です。毎年言ってますが、今年こそ記事をたくさん書きたいところです。 ということで弾みをつけるべく、今回は2023年一発目の第36回ケムステVシンポ、その名も「光化学最前線2023」の会告を致します!

今回は筆者含む九州大学の光化学に携わる有志スタッフで主催している“光”機到来!Qコロキウム九州大学エネルギー教育研究機構(Q-PIT)が共催で行うシンポジウムを、ハイブリッド配信する形で開催します。この形態は、ケムステVシンポとしては第32回の産総研とのコラボに引き続き二度目の試みでもあります。 運営および実施は現地で行う予定ですが、Connpass経由で参加登録いただくことでケムステ読者の皆さんはYouTube配信で聴講いただけます。質問もYouTubeチャットにいただければ、現地の運営チームが代読する形で講演者にお伝えします。

ぜひともご参加・ご視聴のほど、よろしくお願いたします。

参加登録はこちら

実施概要

第36回ケムステVシンポジウム 「光化学最前線2023

開催日:2023年2月1日 (水)  14:00~16:30

形式:現地とYouTubeライブ限定URL配信によるハイブリッド開催

オンライン定員:先着1500名(途中参加・退出自由)

言語:日本語

参加費:無料

講演者およびスケジュール(各講師、発表約25分+質疑応答5分程度):

14:00-14:05 趣旨説明(宮田潔志)

14:05-14:10 開会挨拶・“光”機到来!Qコロキウム、Q-PIT紹介

14:10-14:40 阿部竜 先生(京都大) 「人工光合成(太陽光水素製造)に向けた可視光応答型光触媒系の開発」

14:40-14:50 休憩

14:50-15:20 山田容子 先生(奈良先端科学技術大学院大学) 「ベンゼン環はどこまで伸ばせるか〜光反応による高次アセン合成への挑戦〜」

15:20-15:30 休憩

15:30-16:00 長谷川靖哉 先生(北海道大学 教授) 「つなぐと楽しい!希土類配位高分子の光機能」

16:00-16:05 閉会挨拶(楊井伸浩) 主催:“光”機到来!Qコロキウム九州大学エネルギー教育研究機構(Q-PIT)

共催:Chem-Station

協賛:東京化成工業株式会社メルク株式会社島津製作所 / 光化学協会

幹事:宮田潔志、楊井伸浩、中野谷一、小野利和、アルブレヒト建、若林里衣、寄立麻琴(いずれも九州大学)

Web配信担当:宮田潔志、寄立麻琴(いずれも九州大学、Chem-Stationコアスタッフ)  

参加登録:Connpassイベントページから行ってください(Connpass利用ガイドはこちら)。開始30分前(13:30)まで受付 参加登録はこちら 参加登録してURLを得ておけば、リアルタイム聴講できずとも、数日間はタイムシフト視聴ができます。

Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #光機到来!Qコロキウム #Qコロ   

ご質問・ご感想はYouTubeのチャットで受け付けています。活発な質疑討論に是非ご参加下さい!

協賛企業からのお知らせ

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトをご訪問ください。

東京化成工業

東京化成工業は、「試薬を通じて社会貢献する」を企業理念に、グローバルビジネスを展開する試薬メーカーです。科学技術の進歩に対応し、皆様のニーズに対応するため、日々新たな製品の開発に取り組んでいます。弊社パンフレットを以下リンク先で pdf ファイルとしてご提供しています。 以下リンク先からダウンロードしてご利用ください。 https://www.tcichemicals.com/JP/ja/support-download/brochures/categorized_brochures_1

Merck

▼無機・ポリマー材料検索ーシグマ アルドリッチ構造式カタログ
<3万点以上の無機・ポリマー製品を簡単に検索できます!>
周期表で無機・有機金属材料の検索が可能で、カテゴリや形状で絞込み検索ができます。様々な形状のポリマーも多数掲載。
https://www.sigmaaldrich-jp.com/structure/periodic_table/

島津製作所 島津製作所は145周年以上の歴史を持つ老舗分析計測機器メーカーです。人々の願いを実現し、社会に貢献するためにこれからも挑戦を続けていきます。 素人から玄人の方までご満足いただける、分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい!(登録無料)→詳しくはこちら

関連記事

京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 触媒科学講座 触媒機能化学分野 阿部研究室

奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学領域 機能有機化学研究室 山田研究室 

北海道大学大学院工学研究院・先端材料化学研究室 長谷川研究室

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JKJ。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 社会に出てから大切さに気付いた教授の言葉
  2. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  3. 天然の保護基!
  4. 非古典的カルボカチオンを手懐ける
  5. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発
  6. 企業の組織と各部署の役割
  7. ナノ合金の結晶構造制御法の開発に成功 -革新的材料の創製へ-
  8. マテリアルズ・インフォマティクスのためのSaaS miHub活用…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~
  2. 陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~
  3. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  4. 植物たちの静かな戦い
  5. メタンハイドレート Methane Hydrate
  6. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  7. イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!
  8. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  9. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  10. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

研究室でDIY!ELSD検出器を複数のLCシステムで使えるようにした話

先日のBiotage Selekt + ELSDの記事でちらっと紹介した、ELS…

第37回ケムステVシンポ「抗体修飾法の最前線 〜ADC製造の基盤技術〜」を開催します!

修論・卒論・博士論文で大忙しの2,3月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。まとめ作業とデスク…

有機合成化学協会誌2023年1月号:[1,3]-アルコキシ転位・クロロシラン・インシリコ技術・マイトトキシン・MOF

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年1月号がオンライン公開されました。す…

飲む痔の薬のはなし1 ブロメラインとビタミンE

Tshozoです。あれ(発端記事・その後の記事)からいろいろありました。一進一退とはいえ、咀…

深紫外光源の効率を高める新たな透明電極材料

第467回のスポットライトリサーチは、東京都立大学大学院 理学研究科 廣瀬研究室の長島 陽(ながしま…

化学メーカー発の半導体技術が受賞

積水化学工業株式会社の高機能プラスチックスカンパニー開発研究所エレクトロニクス材料開発センターが開発…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP